生き方

「そのままでいいがな」

1994年生まれ。埼玉県立川越高校、法政大学文学部卒。ライターが記事を作成する行為は「無から有を生み出す行為」であり、無のときにはなかった価値を提供する意味のある行為と感じている。「膨大な知識量と独自の視点で世の中の潮流を見極めるコンテンツメイカー」を目指して活動中。

そのままでいいがな

ーー相田みつを(日本の詩人・書家)

 

自分はだめな人間だから変わらなければいけない、と考える人っていますよね。

変わりたいと思う気持ちは悪いものではありませんが、自分には何もない、何もできないだめな人間だと思うのはよくないと思います。

自分を変えなければならないと必死になると、何を変えたいのか、自分が何になりたいのか見失ってしまうこともあります。

自分はそのままでいい、でももう少しだけ良くなりたいから頑張る。そのくらいの気構えでいいのではないでしょうか。

心に余裕を持つことで気付くこともあります。自分を追い詰めるのではなく、余裕を持って生活してみてください。今まで気づかなかったことに気付けるかもしれませんよ。

あわせて読みたい