生き方

広瀬すずさんが出演するCMに”幸せ”のヒントが隠されていた

1994年生まれ。埼玉県立川越高校、法政大学文学部卒。ライターが記事を作成する行為は「無から有を生み出す行為」であり、無のときにはなかった価値を提供する意味のある行為と感じている。「膨大な知識量と独自の視点で世の中の潮流を見極めるコンテンツメイカー」を目指して活動中。

家でテレビを見ていたら、earth music&ecology (アース ミュージック&エコロジー)のCMが流れてきました。

女優の広瀬すずさんが線路沿いを歩いているのですが、そこで流れるナレーションがとても考えさせられるものでした。

 

人の悪口を言わない。知ったかぶりをしない。あーだこーだ言い訳しない。自分を過大評価しない。妬まない。自惚れない。思い上がらない。高慢ちきとかありえない。眉間にしわを寄せない。意地悪をしない。ドアは閉める。開けたら閉める。花にはきれいと言ってあげる。犬はなでてあげる。笑いたいときは笑う。泣きたいときは泣く。弱きを助け強きをくじく。優しくされたことは忘れない。

私は、幸せになれますか?なれますよね?

 

一般的に言われている「常識」をすべてこなし、「美談」として取り上げられるようなことを全て行ったら、その人は幸せになれるのでしょうか。

そもそも、幸せの定義は何でしょうか。

Googleで検索すると、ニコニコ大百科には以下のように定義づけられていました。

幸せの定義とは、現状に満足しもうこれ以上の上を目指さなくなることである。つまり、別にお金持ちならなくても、彼女や彼氏がいなくても、高価で美味しい物なんか食べなくても、幸せだと感じているということ。

幸せとは、「満足すること」だと書かれています。つまり、「物」に満たされているからといって、それで満足しなければ幸せとは限らないのです。

高い給料をもらっていた人が給料を減らされると、生活水準を下げられずに家計が苦しくなる、という話はよく聞きますが、これはまさに「今あるものに満足できていない状態=幸せでない状態」といえます。

世界で最も貧しい大統領と呼ばれ、2015年に退任したウルグアイ元大統領ホセ・ムヒカは、以下のように言いました。

「貧乏とは、欲が多すぎて満足できない人のことです。」
「私は、持っているもので贅沢に暮らすことができます。」
(引用:「世界でもっとも貧しい大統領ホセ・ムヒカの言葉」)

ホセ・ムヒカが2010年に確定申告をしたとき、個人資産はわずか1800ドル(約22万円)といわれています。今の日本の大学生でも頑張ってバイトすれば貯金できる額です。

それもそのはず、ムヒカは自分の給料の約90%を慈善事業と所属する政党に寄付しているそうです。

ただそれでもムヒカは貧乏ではありません。なぜなら「持っているもので贅沢に暮らすこと」ができるから。

ムヒカは、妻とともに野菜を育てたり花を栽培したりして、「幸せに」生活しているといいます。

常識を全て身につけ、美談となる行動をしても幸せにはなれません。

なぜなら、それでは「これだけやったから幸せになりたい」という欲を抑えきれていないから。

本当の幸せは、「満足すること」です。

欲をむき出しにして、既に持っているもので満足できなくなっていませんか。

本当の幸せを手に入れたいのなら、まずは自分が持っているものを整理してみてはいかがでしょうか。

 

【お問い合わせ】
支援が必要であれば、気軽にコンタクトしてください。





送信
あわせて読みたい