賢い転職エージェント活用方法5つポイント|メリットや注意点についても解説

転職しようと思ったら、転職サイトで求人情報を探す、という手段が最初に思い浮かぶ人も多いのではないでしょうか。ただし、他にも転職の手段はいくつかあります。転職には多大な時間と労力を要します。時間を短縮したり、面倒な手続きを全て省くために転職エージェントを利用するもの1つの手段です。求職者にとって転職エージェントを利用することにメリットがあるのならば、転職エージェントを上手く利用して転職を成功させたいですよね。ここでは、転職エージェントを賢く最大限に活用するポイントについてまとめました。

転職にかかる時間と労力

転職するための求人探しの手段には、いくつかの方法があります。

  • 転職サイト
  • ハローワーク
  • 転職エージェント
  • 知人の紹介 etc…

転職の方法には以上のような手段が挙げられます。

 

転職をしようとしたら、とりあえず転職サイトで求人情報を見るのが一般的なのではないでしょうか。

人によっては、転職エージェントに登録して担当アドバイザーと一緒に転職を行う人もいると思います。

 

1社応募するにも意外と大変

転職といっても、転職するには数ある段階を踏まなくてはいけません。

 

まず、転職をしようと思ったら転職活動の全体感を把握することが大切です。

以前に転職活動を行っていない限り、転職活動については全く知らない人がほとんどでしょう。

 

次に、自分のキャリアの棚卸しや転職活動の全体的なスケジュールを決定します。

そして、応募したい業界や会社を調べて、書類作成や面接練習などを行い、実際に応募するという流れです。

 

これは1社応募するとなったときの流れになります。

 

求職者の平均応募企業は18社

「リクナビNEXT」の調査によると、求職者が内定獲得までに応募する企業の数は平均18社です。

18社も応募するとなると、全て自分でやった場合、とても膨大な時間がかかってしまうのが予想できるのではないでしょうか。

 

18社分の書類作成や面接練習を行うのはとても大変です。

このように、転職には多くの時間と労力がかかるのです。

 

 

転職エージェントを活用する6つのメリット

転職をしようと考えている人は、前職の仕事を行いながら転職活動をしようという人が多いと思います。

しかし、「転職はしたいけれど転職活動に満足のいくほど時間を投資できない」という悩みがあると思います。

 

転職はしたいけれど、時間がかかってしまい、転職にイマイチ踏み切れない。

 

こういった悩みを持っている人は、転職エージェントに登録することをオススメします。

転職エージェントは、転職をする際に大きな味方になってくれるでしょう。

 

ここでは、転職エージェントを利用するメリットをまとめました。

 

転職エージェントを活用するメリット

  1. 手続きを全て代行してくれる(無料)
  2. 非公開の求人を持っている
  3. 自分の魅力を引き出してくれる
  4. 客観的立場から後押ししてくれる
  5. 万全な面接対策をしてくれる
  6. 日程調整や給与の交渉を行ってくれる

 

1.手続きを全て代行してくれる(無料)

転職活動で一番面倒なことは

  • 書類作成や求人探し
  • 面接の日程調整
  • 雇用契約の確認

など、転職に関する手続き関係です。

 

転職エージェントを利用する場合、これらの手続きを全て自分の代わりに転職エージェントが行ってくれます。

面倒なことを全てやってくれるので、本番の面接以外では、ほとんど企業と直接やりとりを行うことはありません。

 

しかも、これら全てを無料で行ってくれます。

求職者にとって転職エージェントはとてもお得ですよね。

 

2.非公開の求人を持っている

転職エージェントは、転職サイトや企業の採用ページに載っていない非公開の求人情報を持っています。

非公開求人情報とは、事業戦略上、表立って募集はできないが、企業側がこっそり採用したい求人情報です。

 

転職はどれだけ条件に合った求人情報を手に入れることができるかが成功の可否になります。

転職エージェントは、求職者の能力に合わせて非公開求人を紹介してくれますよ。

 

3.自分の魅力を引き出してくれる

あなたは、自分の強みを一言で言えますか?

自分の経験が、会社や役割が変わった先でどう転用できるか、イメージできていますか?

 

これらは転職を考える際に避けては通れないポイントですので、自分なりに言語化しておくことが大切です。

 

転職エージェントならば、自分ではなかなか気づかない強み、魅力を引き出してくれる可能性もあります。

あらゆる職種や仕事内容、社風に精通しているからこそ、

  • 「あなたの営業スタイルは、この会社のやり方と近いですよ」
  • 「あなたが企画で培った力は、この会社の新規事業戦略立案に生かせそうです」

といったように的確な提案をしてくれます。

 

自分にとっては当たり前で、アピールポイントになるとは思っていなかった力が、他の人から見たら「すごい」と感じるアピール材料になるというのは、よくあるお話です。

 

「他の業務と比べて、経験年数が短いから」と強みには挙げていなかった力にも、もしかしたら着目してくれるかもしれませんよ。

 

4.客観的な立場から後押ししてくれる

本番の面接では、緊張してしまって、自分の良さを出しきれない人も多いものです。

悔いが残っても、個人としてエントリーしていた場合、挽回のチャンスはありません。

 

ですがエージェントは、面接でアピールし損ねたことを、追加情報として人事に伝えてくれたり、客観的視点であなたの良さを見極め、後押ししてくれたりします。

面接の合否が微妙な場合、エージェントからの後押しによって、合格に転じることもあるのです。

 

あなたが面接で思うように実力を発揮できなかったとして、本来なら面接で落ちていたところを、転職エージェントの営業力で通過することは日常的に起きています。

多くの求職者を見てきたプロに太鼓判を押してもらえれば、受け入れる企業にとっても、求職者側にとっても、心強いですよね。

 

5.万全な面接対策をしてくれる

転職エージェントは、過去にどのような人が転職に成功していて、面接ではどのような質問がされたのか、などを全て長年のデータから持っています

そのデータを元に面接対策を行ってくれるので、一人で行うより圧倒的に安心です。

 

エージェントによっては、面接担当者の人柄や担当者の好みの人物像などを事前に教えてくれるところもあります。

したがって、他の候補者よりも有利に面接を進めることができるのです。

 

6.日程調整や給与交渉を行ってくれる

仕事をしていると面接の日程が上手く合わないケースも多いですが、転職エージェントを介すると、それらの交渉を企業側と上手く行ってくれます。

これは給与交渉でもいえます。

 

個人経由での応募ですと、最終面接の場で入社同意書を書かされることがほとんどなので、交渉の余地すらないことがしばしばです。

しかし、転職エージェントを利用していれば、面接後であってもエージェントを経由して年収交渉をしてもらうことが可能です。

 

転職エージェント活用の5ポイント

自分が納得するほどに転職を成功させるには、転職エージェントを上手く活用できるかがポイントになります。

転職エージェントの活用ポイントは以下の4つです。

転職エージェント活用のポイント

  1. 転職エージェントとの面談は大事
  2. 転職エージェントは複数利用しよう
  3. 報連相を徹底的に
  4. 定期的に連絡をとる
  5. 相性が悪ければ変更する

 

1.転職エージェントとの面談は大事

転職エージェントからみた求職者の印象は、転職を左してきます。

面談では、愚痴を言い続ける等のマイナス印象を与えるようなことはしないようにしましょう。

 

転職エージェントからみても、マイナス発言を多くするような人を企業に推薦したくないですよね。

また、面談でいかに自分の意志を伝えるかどうかで今後の案件紹介が決まります。

 

自分はこういった経験や思いから、この業界や職種を希望しているとしっかりと説明できるだけで紹介される案件が変わってきますよ。

 

2.転職エージェントは複数利用しよう

転職エージェントにも種類がたくさんあり、得意とする分野が異なるため質が異なります。

自分の方向性と合った転職エージェントに出会うためにも、複数の転職エージェントに登録しておくことをオススメします。

 

また複数登録しておくことで非公開求人情報を多くカバーできます。

そのため、転職の選択肢を広げることができるのです。

転職エージェントの複数利用に関してはこちらの記事も一緒にどうぞ。

 

3.報連相を徹底的に

転職エージェントの信頼関係が転職に影響するのは言うまでもありません。

 

転職エージェントは複数の求職者を抱えています。

転職エージェントも人間なので、全ての求職者を同じ質で対応することは難しいです。

 

なので、信頼関係を築いてより手厚いサポートしてもらいましょう。

そのためには、報連相を欠かさずに行ってください

 

メールや電話、面談などで定期的にコンタクトをとり、自分の転職状況を伝える、アドバイスを求めましょう。

こうすることで、転職エージェントも他の求職者に比べて優先順位をあげてくれるでしょう。

 

4.定期的に連絡をとる

担当アドバイザーとは定期的に連絡を取りましょう。

当たり前ですが、求職者は自分だけでなく多くいます。

 

アドバイザーは、更新日が新しい求職者から連絡を取る傾向にあります。

更新日は、最後に求職者がアドバイザーと連絡を取った日です。

 

少なくとも2週間に1回は連絡を取り合うようにしましょう。

更新日が古いと、転職をやめた可能性が高いと判断され、後回しにされてしまいます。

 

最終的には案件メールが届かない場合もあります。

定期的な連絡を心がけましょう。

 

5.相性が悪ければ変更する

転職エージェントといってもピンキリです。

優秀な転職エージェントもいれば、悪質な転職エージェントもいます。

 

エージェンとの都合で会社を紹介されたり、転職を急かされたりしたら、悪質な転職エージェントの可能性があります。

こういったときは、担当を変えてもらいましょう。

 

転職エージェント活用の2つの注意点

転職エージェントは転職に有効ですが、活用する際には何点が注意が必要です。

ここでは、転職エージェントを活用する際の注意点を2点紹介します。

転職エージェント活用の注意点

  1. 求人の数=求人案内数ではない
  2. 転職エージェントに流されない

 

1.求人の数=案内求人数ではない

転職エージェントのメリットの1つに非公開求人を多く持っていることをあげましたが、非公開求人数を多く持っているからといって紹介してくれるとは限りません。

 

転職エージェントは、求職者の能力に合った案件のみ紹介するので、転職にとって少し背伸びした案件を紹介してくれることはないでしょう。

つまり、市場価値が高くないと良い案件も紹介してくれないのです。

 

転職エージェントの持つ求人数が多いからといって勘違いをしないようにしましょう。

 

2.転職エージェントに流されない

あくまで転職は求職者主体です。

転職エージェントを利用しているからといって、転職エージェントに任せきりになったり、転職エージェントの言うことを鵜呑みにしてはいけません

 

転職エージェントは、求職者に合う企業をマッチングすることで企業側から紹介料として給与をもらいます。

転職があまり主体性でなく、転職エージェントに過度に依存していたら、売上をあげるために転職を急かしてくるといった場合も考えられます。

 

もし悪質な転職エージェントだったら、求職者と合わなくても入りやすそうな案件を紹介してくるかもしれません。

転職エージェントが有効だからといって、転職エージェントに頼りすぎるのはオススメしません。

 

転職エージェントを知る

ここまで転職エージェントの活用のポイントをまとましたが、これを機に自分の中でもう一度転職エージェントについて整理しましょう。

転職エージェントを利用する場合の注意点やデメリットを事前に把握しておくだけでも、転職の結果が変わると思います。

 

もし悪質な転職エージェントに当たってしまっていたのに、転職直前まで気づかなかったなんてことがあったら最悪の事態ですよね。

転職を成功させるためにも、事前に転職エージェントについてある程度の知識をつけてから登録しましょう。

 

あなたの適正年収はいくら?

もし今後年収をあげていきたいと感じているなら、まずはご自身が今どれくらいの市場価値があるのかを知る必要があります。

市場価値を知るには転職エージェントに登録するのが1番の手段です。転職エージェントは登録した人に適切と思われる案件を送ってくれるので、自分の市場価値を送られてくる案件から判断することが出来ます。

登録自体は無料です。

 

ただ、転職エージェントにも相性があります。転職エージェントの傾向や、担当者の力量によって転職が左右されるともいわれています。自分に合ったエージェントに出会うためにも、傾向をみながら複数の転職エージェントに登録するのがおすすめです。

 

各転職エージェントの特徴ごとにおすすめをご紹介します。

 

すべての人がまず登録すべき転職エージェント

すべての人がまず登録して間違いないのが「大手総合転職エージェント」です。求人の量・質ともに充実しているのが以下の大手転職エージェントです。

 

リクルートエージェント

非公開求人10万件以上、日本最大級の転職エージェントです。

 

doda

求人数10万件以上(日本最大級)です。doda限定の求人もあります。

 

マイナビエージェント

非公開求人10万件以上、日本最大級の転職エージェントです。

 

パソナキャリア

大手転職エージェントの一角で、丁寧なサポート体制です。

大手転職エージェントは求人の量・質が多い反面、登録している転職希望者が多いので競争が激しくなるという一面もあります。

最低でも3~4社登録しておくと安心です。

 

今までの職務経歴に自信のない方におすすめの転職エージェント

大手では扱っていない案件も多く扱っている転職エージェントをご紹介します。登録者数が大手よりも少ないので、穴場的な求人に出会えることもあります。また、内定・入社後にもアフターフォローがあるなどキャリアアドバイザーの対応もきめ細かいという特徴もあります。

大手と一緒に登録することで効果を発揮する転職エージェントです。

 

type転職エージェント

非公開案件約80%です。転職した人の約71%が年収アップに成功しているエージェントですが、首都圏在住の方限定です。

 

ワークポート

転職決定人数部門で4回連続1位を獲得したことがあり、IT系や未経験からのキャリアチェンジに強みがあります。

 

今までの職務経歴に自信がある人におすすめの転職エージェント

大手転職エージェントでも扱わないようなハイキャリア向けの案件を多く持った転職エージェントもあります。今後海外も視野に入れたキャリアアップを目指す方には積極的におすすめしたい転職エージェントです。

 

JACリクルートメント

業界3位。外資系企業や海外への転職に強く、アジア最大級のネットワークを持ちます。

 

BraveAnswer編集部では、キャリアに関するご相談を受け付けております。

  • 今後のキャリアが不安
  • 自分を変えたいが、何から始めたらいいかわからない

といった、具体的なアクションが明確でない人でも大歓迎です。

こちらより、お気軽にお問い合わせください。

 

BraveAnswer編集部が考える転職については「転職とは何か。」にまとめてあります。転職をする前に、そもそも転職とはなにか、考えてみてください。

 

BraveAnswerでは、皆様の転職エージェントの評価や感想を集めております。こちらのフォームに従って、感想を教えていただければ幸いです。ご協力のほど、よろしくお願い致します。

 

あわせて読みたい

カテゴリー