転職

20代の転職|回数、女性、20代前半と後半の違い、転職エージェント、進め方について解説

売り手市場と言われる最近の転職市場では、20代での転職も珍しくありません。新卒1年目から3年目までは一般的に第二新卒と呼ばれ、企業にも人気の転職層の1つです。ただ、20代の転職は企業からどのように見られているのか、実際にどのようにして転職すればいいのか、知らない人も多いのではないでしょうか。この記事では、20代での転職の考え方や転職の方法についてまとめています。20代で、少しでも転職について知りたい人におすすめの記事です。30代の転職についてもまとめた項がありますので、もう少しで30代という人にもオススメです。

世代別の転職|20代前半

20代から30代の転職では、年代によって企業から期待されていることが異なります。

 

20代の転職は、入社3年目までとそれ以降では企業が求める人材が変わります。

20代前半での転職の場合、企業は求職者を即戦力としては見ていません。

新卒採用で取りこぼしたいい人材を確保したい、という目的があります。

 

第二新卒

新卒入社1年目〜3年目までの求職者を一般的に「第二新卒」と呼びます。

第二新卒に該当する求職者は増加傾向で、新卒就職者の約30%は3年以内に最初の会社を退職しています。

第二新卒に対する企業側の採用枠も増加傾向です。

 

第二新卒は最低限のビジネスマナーを身につけています。

企業側から見れば、他の企業色に染まっていない、ビジネスマナーを身に着けた人材として、採用するメリットがあります。

基本的なビジネススキルや具体的な成長意欲などがアピールポイントです。

 

一方で、第二新卒での転職は難しいと言われることもあります。

第二新卒は実績が少なく、就職してから短期間で転職をしているからです。

企業によっては「ストレス耐性がない」というレッテルを貼られてしまう可能性もあります。

 

長続きしない、というイメージを持たれてしまうこともありますので、いかに自分を採用することにメリットがあるのかを示すことが大切です。

 

第二新卒はやりたいことに挑戦する最後のチャンスでもあります。

企業は第二新卒に対して実績よりもポテンシャルを重視するため、他の年代に比べて異業種や異職種に挑戦しやすいのです。

大企業や公務員への転職も可能です。

もし、就職してからやりたいことが見つかったのなら、思い切って転職するのも1つの方法といえます。

 

ただ第二新卒での転職の場合、給与の面でのキャリアアップは期待できません

実績が少ないため、新卒と同等の扱いになる場合が多いからです。

もし第二新卒での転職をする場合は、転職ではなくリスタートのイメージをもっておくことをオススメします。

 

第二新卒での転職で成功する人は、実績にこだわっている人が多いです。

大きな成果は出せなくても、やりきったといえる経験を持っているかどうかは転職をする際に大きな違いになります。

どうせ転職するから、と思って現職の仕事を程々にこなすのではなく、結果を出す努力をするのがオススメです。

 

第二新卒での転職に失敗する人の中には、自分ひとりで転職活動をしようとする人もいます。

第二新卒は実績や知識が多くないので、自分をサポートしてくれるプレイヤーを見つけることをオススメします。

社内だけでなく、社外でも探してみましょう。

転職エージェントに頼るもの手段の1つです。

信頼できる転職エージェントに出会えたら、キャリアについて相談してみてください。

 

 

世代別の転職|20代後半

外資系,転職

20代後半の転職の場合、企業は求職者に即戦力としての実績とスキルを期待します。

  • どんな経験を積んだのか
  • どんな実績や成果をあげたのか

説明できるようにしておくことをオススメします。

 

20代後半の中でも、27歳は転職のタイミングとしてオススメの年代の1つです。

新卒で入社した場合、27歳は入社4年から5年というタイミングです。

実績や知識がついてきて、企業内の若手成長株として会社のことを理解できるタイミングと言えます。

 

27歳は転職市場でも人気なだけでなく、個人のキャリア形成を考える時期としても最適です。

  • スティーブ・ジョブズがアップルを創業したのは21歳。
  • ラリー・ペイジとセルゲイ・ブリンがグーグルを創業したのは25歳。
  • 孫正義がソフトバンクを創業したのは24歳。

何かを決断するタイミングとしては、時期尚早ということはありません。

 

ただ、転職理由がはっきりしていない状態での転職はオススメできません。

「自分にとってなぜ転職活動をする必要があるのか?」という問に対して、納得感のある答えを持っていれば、転職という選択をしましょう。

 

転職期間は、一般的には3ヶ月〜6ヶ月と言われています。

転職理由の整理などの事前準備が終わったら、以下の手順で転職を進めていきます。

  • 応募
  • 面接
  • 内定
  • 退職

この中でも最も時間がかかるのが退職です。

現職での退職交渉だけでなく、業務の引き継ぎなども行う必要があります。

事前準備から退職まで、スケジュールを把握してから転職に望むようにしましょう。

 

 

世代別の転職|30代

30代の転職は、30代前半と後半で企業から求められる能力が違います。

 

30代前半は、即戦力としての実力が期待されます。

現場で使える専門知識や実績が求められています。

 

30代後半に入ると、30代前半で求められていたスキルに加えてマネジメント能力も求められます。

管理職として、将来の幹部候補やリーダー候補としての活躍が期待されます。

 

30代は自分のやりたいことが分かってくる年代であると同時に、家庭を持つ人が増える年代でもあります。

自分のキャリアプランだけでなく、家族のライフプランも大切にしなければなりません。

キャリアプランとライフプランの兼ね合いが大切です。

 

30代で転職を決めた場合、以下の5つの事前準備をすることをオススメします。

  1. 今の会社や仕事でやり残したことはないかを考える
  2. 今までの仕事で成功体験があるかを振り返る
  3. 将来のキャリアプランを計画する
  4. 自分の生活コストを把握する
  5. 家族に事前相談をする

30代での転職は今後の自分のキャリアを左右する大きな決断です。

後悔しないように準備をすすめ、良い成果をあげてくださいね。

 

また、30代の転職ではベンチャー企業もオススメです。

  • 採用ニーズが高い
  • 仕事の裁量が広がる

といったメリットがあります。

もちろん、一般的に言えばベンチャー企業は大企業に比べて不安定です。

倒産するリスクや、合併、売却されるリスクもあります。

ただ、成長しないことや市場価値が高まらないことをリスクと捉えるのであれば、大企業にいる方がリスクである、という考え方もできます。

 

どんな選択をするにしても、キャリアプランとライフプランは何度も確認してみてくださいね。

そのほか、30代で転職を成功させるために必要な情報はこちらをご覧ください。

 

 

女性の転職

総務省統計局の2014年データによると、転職者は約290万人、うち女性は約152万人で、男性よりも多い結果でした。

そのうち、35歳までに転職した女性は約69万人と、女性の転職者全体の約50%を占めています。

 

女性の転職の場合、キャリアプランに

  • 結婚
  • 出産
  • 育児

などのライフイベントが関わってきます。

もし転職を検討している場合は、ライフイベントも考慮して転職先を探すことをオススメします。

 

キャリアプランにライフイベントも考慮した場合、転職のタイミングも重要です。

ライフイベントを考えると、転職のタイミングはある程度限られてきます。

 

もし結婚を期に転職を考えている場合は、退職前に次の職場を決めておくことをオススメします。

退職後に無職の状態で転職活動をするにはリスクが伴うからです。

子供がいなくとも、将来の家族設計を見据えての決断が、独身の転職と大きく異なる点です。

長い目でキャリアを見据え、ライフイベントも踏まえて今後どうしていきたいのか、振り返る時間を意識的に作ってみてくださいね。

 

30代の女性で転職を考えている場合は、以下の3つについて考えることをオススメします。

  1. 家族構成
  2. 企業の女性キャリア観
  3. キャリアアップ

近年は首都圏を中心に共働き世代も増えており、女性のキャリアも多様化しています。

キャリアプランとライフプランの両方を意識して、人生設計をしてみてくださいね。

 

 

回数別の転職|基本情報

20代の転職回数の割合は

  • 転職経験なし:約70%
  • 1回:約20%
  • 2回以上:約10%

というデータがあります。

(リクルートワークス研究所が2013年に発表した「Global Career Survey 20代、30代の大卒者入・転職実態調査」より)

 

同調査によると、

  • 30代では転職経験がない人は約30%に減少する

となっています。

 

つまり、20代で転職する人は30代に比べて多くはありませんが、30代までに約70%の人が転職を経験していることになります。

 

 

回数別の転職|1回目

第二新卒 転職

1回目の転職の場合、基本的には20代も30代も売り手市場です。

ただ、企業が求める人物像は年代によって変わります。

 

年代別の項でまとめたように、1年目から3年目の第二新卒での転職の場合は「取りこぼした優秀な人材の確保」という企業の意図があります。

そのため、企業は即戦力よりもこれからの伸びしろを重視します。

 

20代後半の転職の場合、即戦力と将来のリーダー候補の確保が企業の目的です。

そのため、過去の実績や経験、獲得したスキルが大切になります。

 

30代で1回目の転職の場合、企業は即戦力とマネジメント経験を求めます。

20代よりも募集が少なくなるため、転職のハードルは上がります。

自身のキャリアプランをしっかりと確認した上で、転職という判断をしてください。

 

 

回数別の転職|2回目

20代で2回目の転職をする場合、職務経験があまりない中で転職をすることになります。

そのため、企業側は転職理由を詳しく知りたいと感じます。

短いスパンで転職すると、企業側は「またすぐに転職してしまうのではないか」と考えるからです。

20代で2回目の転職を考えている場合は、転職理由を明確にしておきましょう。

 

30代で2回目の転職を考えている場合は、これまでの実績に加えて、よりマネジメント経験が求められます。

企業側から見れば、30代で現場しか知らない人よりも、現場もマネジメント経験もある人のほうが有益だからです。

現場をマネジメントした経験がアピールポイントになります。

 

 

回数別の転職|3回目以上

3回目以上の転職の場合、年代に関係なく、転職を繰り返した理由が大切になります。

20代30代で3回以上の転職をする人は多くないからです。

 

転職は回数を重ねるごとに難しくなります。

転職とともに信用度が低下していくからです。

 

大切なのは、キャリアの一貫性を示すことです。

転職を繰り返したとしても、そこに一貫性があれば、企業も転職回数をマイナスポイントとして捉えない可能性があります。

もし3回以上の転職を検討している場合は、もう1度自分のキャリアプランを見直した上で、一貫性を見つけてみてください。

 

 

20代の転職を成功させるには?

20代の転職を成功させるためには、今の職場でベストを尽くすことが大切です。

転職の動機は様々あると思いますが、現職で活躍した人は転職でも活躍する確率が高くなります。

また、現職で実績を出すことが転職先へのアピールにも繋がります。

20代前半で実績を出すことは難しいかもしれませんが、20代後半は即戦力としての活躍も求められるようになります。

現職でベストを尽くし、転職の際に強みとしてアピールしてみてください。

 

転職を成功させる人は、

  • 嘘をつかない
  • 謙虚さを忘れない
  • 約束を守る

といった当たり前のことを当たり前にできています。

当たり前を当たり前にこなすことが、企業に対する信用に繋がります。

転職を成功させたいと考えているのなら、まずは当たり前のことができているのか、自分の行動を振り返ってみてくださいね。

 

 

20代の転職で失敗する人の特徴は?

20代の転職で内定をもらえない人は、企業ブランドや企業規模にこだわる傾向にあります。

転職活動は新卒採用とは違います。

大手企業からの求人は多くありませんし、「どういう面で会社に貢献できるのか」をシビアに問われます。

自分のキャリアプランを考え、何を求めて転職をするのかはっきりさせないと、企業から内定をもらうことはできません。

 

また、転職で失敗する人の特徴に、

  • 人のせいにする
  • 志望動機を転職理由で答える

というものがあります。

 

人によって転職理由は様々ですが、現職に満足していない理由を人のせいにしている人は転職に失敗することが多いです。

人のせいにする人は、現職に不満を持ち、現職で頑張ろうとしないことが多いからです。

 

また、志望動機を転職理由と混同する人も、転職に失敗する可能性があります。

志望動機を転職理由で答えてしまうと、求められたことに応えられない、と判断されてしまうばかりか、モチベーションが低い人、と判断されてしまう可能性もあります。

 

もし転職が上手くいかない人は、なぜ現職で満足していないのか、転職先を選んだ理由は何か、見直してみてくださいね。

 

 

転職エージェントを使った転職

機会損失とは

採用したい企業と求職者の間を取り持ってくれるのが、転職エージェントです。

転職エージェントは、企業サイドと転職者サイドの両方に対して働きかけます。

 

企業サイドでは、どこの会社で何の職種を何人くらい募集しているか把握し、人を紹介して入社させ、人員計画をサポートするのが仕事です。

 

転職者サイドでは、これまでの職務経歴を整理し、転職理由や今後の希望を確認した上で、新しい仕事を紹介してくれます。

職務経歴書のブラッシュアップ、面接日時の調整、面接のアドバイス、年収や入社タイミングの交渉まで行ってくれる、転職のプロです。

 

転職エージェントは

  • 実務や交渉をやってくれる
  • 長期視点でキャリア相談ができる
  • 無料で利用できる

などのいくつものメリットがあります。

転職のガイド役になってくれるので、転職をする際には転職エージェントを活用するのがオススメです。

 

ただ、転職エージェントは数多くあります。

その中から、自分に合った転職エージェントを見つけ出さなければなりません。

転職エージェントにはデメリットもありますので、しっかりと見極める必要があります。

自分に合っているかどうかを判断するためには、転職エージェントに対していくつか質問をしてみることをオススメします。

得意な業界や、キャリア相談をしてみて、自分と相性がいいのか、確認してみてください。

 

また、転職エージェントを複数利用するのもオススメです。

いくつか注意点がありますが、上手く利用すれば多くのメリットがあります。

転職サイト「リクナビNEXT」によると、転職エージェント利用社数は全体で平均2.1社です。

つまり、転職者のほとんどは2つ以上の転職エージェントを同時に利用していることになります。

転職エージェントを複数利用していて「浮気」と解釈する転職エージェントはいませんので、安心して利用してください。

ただ、複数利用している事実はしっかりと伝えるようにしましょう。

 

 

20代の転職の進め方①|探し方・選び方

転職エージェント,マーケティング

転職の情報収集をする際に確認したいのは現場です。

  • 実際に働いている人の生の声を聞く
  • 消費者としてサービスを使う

といった方法で、直接情報収集することをオススメします。

足を運んで企業情報を集めることで、データでは見えない情報を確認することができます。

 

直接情報収集することで、例えば企業風土(社風)を見分けることができます。

企業によって雰囲気は様々です。

自分に合った企業を選ぶためにも、働いている人に話を聞くなどして、自分に合った企業を探してみてください。

 

また、企業選びには企業文化(組織としての枠組み)も重要です。

企業風土が社内の雰囲気などの人間関係を基にしているのに対して、企業文化は経営ビジョンや仕事の進め方など、組織としての枠組みを基にしています。

 

例えば、Googleには「”Hippo”を退治せよ!」というキーワードがあります。

これは「偉い人の意見でも、自分の考えと違えば異議を唱える義務がある」という文化を表しています。

(参考:エリック・シュミット他著「How Google Works」日本経済新聞出版社、2014年)

 

企業を探す際には、直接情報収集をして、風土や文化に触れることが大切といえます。

 

このような「金銭的報酬」ではないものに対する価値のことを「トータルリワード」といいます。

仕事をしていく上で、お金以外に価値を見つけることができれば、企業を選ぶときの選択肢が広がるのではないでしょうか。

 

もし、有名ではないけれど成長している企業を見つけたい、と考えているのなら、以下の4つを基準にした選び方がオススメです。

  • 東京オリンピックの影響を受ける企業
  • 製造拠点へ投資している企業
  • 長寿企業
  • 地方に集中出店する企業

時々刻々と変化していく今の日本社会の中で、変化を感じ取って先を見据えた行動をしている企業なら、今は有名でなくても今後成長していくことが期待できるのではないでしょうか。

 

 

20代の転職の進め方②|転職理由

日本人が転職する理由は、主に以下の3つが原因となっています。

  • 会社
  • 仕事内容
  • 待遇

会社の将来性や、仕事内容、給与や労働時間などに不満を感じて転職する人が多いようです。

一方で、他にやりたいことがある、などのポジティブな理由での転職もあります。

 

3年は同じ会社で働いたほうがいい、という考え方がありますが、もし会社が合わないと感じたら、3年未満でも転職することををオススメします。

ただその場合、何が合わなかったのか、明確にしておくことが大切です。

 

労働環境など、もし給与以外の部分で優先したいものがある場合は、給与が下がっても転職することをオススメします。

転職は優先度の問題です。

何を求めているのかを明確にして、優先度が給与よりも高いのであれば、給与が下がってでも優先度の高いものを実現させる必要があるのではないでしょうか。

 

「転職=キャリアアップ」という捉え方をする人もいますが、実はキャリアアップの方法は転職だけではありません。

出世や社内異動も、捉え方次第ではキャリアアップです。

独立もキャリアアップに含まれます。

転職は、キャリアアップの中の1つの選択肢に過ぎません。

 

もし転職を決断できない人は、何が原因で転職を決断できないのか、明確にすることをオススメします。

不安を感じている部分が明確になれば、具体的な対策をすることができます。

決断に対する不安を解消するためには、

  1. 不安要素を把握
  2. 不安を感じる理由を分析
  3. 不安解消のために行動

という3つのステップを踏むのがオススメです。

もし新しい環境を求めているのなら、不安に向き合うことで、決断に向けたアクションをしてくださいね。

 

ただ、年収アップだけを目的とした転職はオススメしません。

年収アップだけを目的とした場合、転職に失敗してしまう可能性があります。

年収はアップしていても、総合的に見るとキャリアダウンしていることもありますので、注意してください。

 

もし、「英語を仕事に活かしたい」と考えて転職しようとしている人がいたら、注意が必要です。

ビジネスにおいて、英語は手段の1つであって目的ではありません。

英語が話せればビジネスの幅は広がりますが、英語だけで売上が上がるわけではないからです。

英語を活かせるようなビジネススキルを持っていれば、英語を活かすことができます。

あくまで英語は手段であることを心得ておきましょう。

 

 

20代の転職の進め方③|履歴書・職務経歴書

履歴書と職務経歴書には、それぞれ役割があります

履歴書は、求職者の基本的な情報を採用担当者に伝えるための書類です。

職務経歴書は、採用担当者が「求職者の能力」や「求める人材との一致」を判断するためにあります。

履歴書

転職の履歴書を書く場合、

  • 中学や高校も書く
  • 正式名称で書く
  • 黒ペンを使う

などの書き方の注意点があります。

書き始める前に注意点を確認してください。

 

履歴書自体は市販のもので問題ありません。規格を確認して、一般的に使われているものを使用しましょう。

伝統ある企業の場合は手書きが好まれる可能性もありますが、特に指定がなければ手書きでもPCでも問題ありません。

提出する企業がどちらを好むのか、予測して準備することが先方への配慮に繋がります。

 

職務経歴書

職務経歴書を書く場合は、フォーマットがある程度決まっています。

事前に書く内容を確認してから書き始めることをオススメします。

 

職務経歴書は第一印象が大切です。

ひと目見てわかりやすいように心がけてください。

職務経歴書にも

  • 構造化する
  • シンプルに書く

などの作り方のポイントがありますので、事前に確認するようにしましょう。

 

 

20代の転職の進め方④|面接

転職の面接で失敗しないためのポイントは以下の5つです。

  • 情報収集をする
  • 想定される質問と回答を準備する
  • 求められていることを答える
  • 服装と見た目を整える
  • 練習をする

面接は準備が大切です。

しっかりと事前準備をしてから面接に臨むようにしましょう。

 

基本的に、転職の面接で聞かれる質問は以下の5つです。

  • 自己紹介
  • 職務経歴
  • 強み
  • 志望動機
  • 転職したい理由

面接のほとんどがこの質問です。

そのため、この質問にうまく答えられるかどうかが面接のポイントです。

面接で聞かれそうな質問を想定し、答えられるような準備をしておいてください。

 

転職理由を聞かれたときには、本音を伝えることが大切です。

面接で嘘をついて無理やり入社しても、その後も自分を偽ったまま働かなければならないからです。

ネガティブな理由をポジティブに伝える工夫をすれば、給与や人間関係といったマイナスイメージのある転職理由も志望動機につなげることができます。

1番大切なのは本音を伝えることです。

 

上記した質問以外に、面接で自分の短所を聞かれる時があります。

これは、

  • 会社との相性
  • 自分を客観的に分析する能力

の2つが見られています。

ビジネスシーンでの短所を示した上で、改善計画を併せて話すことをオススメします。

短所を聞かれたときでも、マイナスイメージを与えないようにしましょう。

 

圧迫面接」という言葉がありますが、基本的に圧迫面接というものは存在しません。

面接官が質問をする、ということは、求職者に対して興味を持っている証拠です。

  • あなたの強みは当社で活きるのですか?
  • もっと他に経験したことはないんですか?
  • もし希望の部署に配属されなかったらどうするのですか?

といった質問は、興味から来ているのです。

質問に萎縮してしまうのではなく、しっかりと答えるようにしてください。

 

 

20代の転職の進め方⑤|退職・入社

採用面接に合格したら、いよいよ新しい会社への転職です。

その際、現職からの退職交渉も大切になります。

退職の届け出には、

  • 退職願
  • 退職届

の2種類があります。

前者は「退職させてほしい」とお願いするもの、後者は退職の意志を一方的に伝えるものです。

その為「退職願」は上司が受理しなければ、「考え直した結果退職願を撤回します」という事が可能です。

一方「退職届」は、上司などからの引き止め交渉が長引いているときに使います。退職する強い意志を伝えるものです。

まずは退職願を提出し、交渉が長引くようなら退職届を出したほうが、円満に退職できます。

 

退職のプロセスは以下の通りです。

  1. 社内規定や就業規則を確認する
  2. 事前に伝える
  3. 話し合いで自分の意思を話す

基本的には円満退社が理想です。

会社に迷惑をかけないように、規則を守って退職するようにしてください。

 

退職日に関する就業規則は会社によって異なります。

就業規則には必ず退職規程が盛り込まれているので、退職する前に確認するようにしてください。

 

中途採用で入社する場合、企業は「足りないポジションを補うこと」を目的としています。

内定を出したら30日から45日で入社するのが目安、と言われることもありますが、入社は早ければ早いほうが、企業にとってはメリットがあるのです。

 

入社は早いほうがいいので、退職交渉と入社時期の交渉は同時に進めるのが理想です。

転職先に早く入社したい意思を伝えつつ、現職での引き継ぎ内容のすり合わせを行うようにしてください。

 

 

自分を知る

転職は、人生において大きな決断です。

大きな決断であるがゆえに、慎重に考える必要があります。

 

もし転職を検討しているのなら、もう1度自分自身について考えてみてください。

オススメは、自己分析キャリアプランニングです。

 

自己分析とは、自分自身の取扱説明書を作ることです。

自分の取扱説明書を作ることで、「自分とはどんな人間なのか」を定性的、定量的に自分自身で把握することができるのです。

 

キャリアプランニングとは、自分の仕事や人生を自分で計画して、実現していくことです。

自分が何をしたいのかを把握して、そのために何をすればいいのかを自分で決めていきます。

 

最近は、働き方が多様化してきています。

会社に入ればそのままキャリアが積める時代ではなくなってきました。

自分自身で自分のキャリアを決めていく必要があります。

 

自己分析で自分自身を知り、キャリアプランニングで自分が実現したいことに向かって計画を立てる。

もし、自分のプラン実現のために転職が必要なら転職を選択する。

 

転職はあくまでも手段であり、選択肢です。

転職そのものは目的ではありません。

 

自分で自分を知り、計画を立て、必要なら転職という手段を使ってみてくださいね。

 

すべての人がまず登録すべき転職エージェント

すべての人がまず登録して間違いないのが「大手総合転職エージェント」です。求人の量・質ともに充実しているのが以下の大手転職エージェントです。

リクルートエージェント

非公開求人10万件以上、日本最大級の転職エージェントです。

リクルートエージェントについては、「リクルートエージェントはどんな転職エージェント?評判は?利用すべき?」でさらに詳しく紹介しています。

 

 

doda

主に20代〜30代を対象にした、総合型転職エージェントです。全国規模で求人をカバーしており、その数は非公開求人も含めて10万件以上となっています。利用者の属性としては、第二新卒・既卒・フリーターから、ハイキャリア・管理職までが想定されています。

また、女性の転職に特化したページも用意されています。定期的に転職フェアやセミナーが開催されており、転職ノウハウや、キャリアアップのヒントなどを得ることができます。

dodaについては、「doda(デューダ)とはどんな転職エージェント?」でさらに詳しく紹介しています。

 

マイナビエージェント

主に20代〜30代を対象とした総合型の転職エージェントです。全国の求人をカバーしており、特に優良な中小企業の求人を多く扱っています。求人票だけでは分からない、企業の社風や雰囲気、入社後のキャリアパスといった情報を網羅しており、後悔のない転職を実現させる手助けをしています。また、第二新卒や女性に特化した転職情報が載っているサイトもあります。

マイナビエージェントについては、「マイナビエージェントを徹底解説!特徴、サポート、求人、登録や利用法まとめ」にさらに詳しく紹介しています。

 

パソナキャリア

大手転職エージェントの一角で、丁寧なサポート体制です。

パソナキャリアについては、「パソナキャリアを徹底解説!特徴、デメリット、おすすめの人は?」にさらに詳しく紹介しています。

 

大手転職エージェントは求人の量・質が多い反面、登録している転職希望者が多いので競争が激しくなるという一面もあります。

最低でも3~4社登録しておくと安心です。

 

今までの職務経歴に自信のない方におすすめの転職エージェント

大手では扱っていない案件も多く扱っている転職エージェントをご紹介します。登録者数が大手よりも少ないので、穴場的な求人に出会えることもあります。また、内定・入社後にもアフターフォローがあるなどキャリアアドバイザーの対応もきめ細かいという特徴もあります。

大手と一緒に登録することで効果を発揮する転職エージェントです。

 

type転職エージェント

非公開案件約80%です。転職した人の約71%が年収アップに成功しているエージェントですが、首都圏在住の方限定です。

type転職エージェントについては、「type転職エージェントの特徴は?評判と口コミ!」にさらに詳しく紹介しています。

 

ワークポート

転職決定人数部門で4回連続1位を獲得したことがあり、IT系や未経験からのキャリアチェンジに強みがあります。

ワークポートについては、「ワークポートを徹底解説!転職エージェントはどこを利用すべき?」でさらに詳しく紹介しています。

 

今までの職務経歴に自信がある人におすすめの転職エージェント

大手転職エージェントでも扱わないようなハイキャリア向けの案件を多く持った転職エージェントもあります。今後海外も視野に入れたキャリアアップを目指す方には積極的におすすめしたい転職エージェントです。

 

JACリクルートメント

業界3位。主に20代〜30代のハイキャリア・管理職に就いている人を対象にした、総合型転職エージェントです。全国の求人をカバーしており、特にコンサルや外資系企業に力を入れています。高品質のハイキャリア案件を多く扱っているため、更なるキャリアアップを狙うことができます。また、面接対策やキャリア面談をしてくれるコンサルタントの質の高さにも定評があります。

JACリクルートメントについては、「JACリクルートメント(ジェイエイシーリクルートメント)を徹底解説!特徴やメリットとデメリットは?」でさらに詳しく紹介しています。

 

年代別で選ぶ転職エージェント

自分の「年代」によって選ぶべき転職エージェントも変わってきます。自分の年齢により特化している転職エージェントを選びましょう。

 

20代

「20代全員におすすめ」「20代で正社員に挑戦したい人やはじめての転職におすすめ」「20代でキャリアアップの転職をしたい人におすすめ」「20代の女性におすすめ」の4つに分けて、「20代におすすめの転職エージェント全15選!選び方は?そもそも使ったほうが良い?転職サイトとの違いは?」にて詳しく紹介しています。

また第二新卒については、「【徹底比較】第二新卒の転職におすすめの転職エージェント10選と活用のポイント」で詳しく紹介しています。

 

30代

30代全員におすすめの転職エージェントの他に、正社員未経験もしくはブランクが長い場合、マネジメント経験がない場合とある場合、女性の場合に分けて、おすすめの転職エージェントをまとめて「30代におすすめの転職エージェント14選!選び方、使い方、転職実態、年代による違いについても解説」にて詳しく紹介しています。

 

あなたの適正年収はいくら?

もし今後年収をあげていきたいと感じているなら、まずはご自身が今どれくらいの市場価値があるのかを知る必要があります。

市場価値を知るには転職エージェントに登録するのが1番の手段です。転職エージェントは登録した人に適切と思われる案件を送ってくれるので、自分の市場価値を送られてくる案件から判断することが出来ます。

登録自体は無料です。

 

ただ、転職エージェントにも相性があります。転職エージェントの傾向や、担当者の力量によって転職が左右されるともいわれています。自分に合ったエージェントに出会うためにも、傾向をみながら複数の転職エージェントに登録するのがおすすめです。

 

 

BraveAnswer編集部では、キャリアに関するご相談を受け付けております。

  • 今後のキャリアが不安
  • 自分を変えたいが、何から始めたらいいかわからない

といった、具体的なアクションが明確でない人でも大歓迎です。

こちらより、お気軽にお問い合わせください。

 

BraveAnswer編集部が考える転職については「転職とは何か。」にまとめてあります。転職をする前に、そもそも転職とはなにか、考えてみてください。

 

BraveAnswerでは、皆様の転職エージェントの評価や感想を集めております。こちらのフォームに従って、感想を教えていただければ幸いです。ご協力のほど、よろしくお願い致します。