運動

ライザップ2ヶ月で9kg痩せた体験談「セッション16日目」

この記事はBraveAnswer編集部メンバーによるライザップの体験記事です。この記事では、16回目、最後セッションの詳細についてまとめています。約2ヶ月に及ぶライザップもこれで終了。果たして彼は結果にコミットできたのでしょうか。関連記事「ライザップ2ヶ月で9kg痩せた食事メニュー172回の全記録」「ライザップのダイエット、痩せられる理由と3つの減量メソッド」と併せてご覧ください。

ライザップの無料カウンセリングはこちら!

ライザップ開始57日目

 

 

2017年1月27日金曜日。朝の体重が68.0kg。

 

ライザップ開始後、最も低い体重を最終日の朝に記録することができた。

追い込みがバッチリ効いた。

 

12月1日のライザップ開始時より9.0kgの減少。

我ながら見違えるカラダになったと思う。

 

今日のトレーニングを経て約2ヶ月コミットしてきたライザップが終了する。

炭水化物を一切取らなかった食事、週に2回追い込むトレーニング、毎日のトレーナーへの食事報告、トレーナーからのフィードバック。

2ヶ月かけて習慣化できたこれらの行動は、終了後も適切なバランスで続けていこうと思う

前回のトレーニング(1月23日)から今回のトレーニングの間の3日間は、

  • 腰の痛みが状態化
  • 大阪、名古屋出張
  • ファスティング

というイベントがあった。

 

先週の日曜日から痛めている腰が、継続的に痛い。

寝返りをうつと痛くなるレベルで痛い。

残り1週間だから気合で乗り切れたものの、ライザップのはやいタイミングで痛めていたらと思うとゾッとする。

 

出張の楽しみはもっぱら美味しいご飯だが、ライザップ中は食事の制限をしているので楽しめない。

大阪のたこ焼きも串かつも、名古屋の味噌煮込みうどんもひつまぶしも、見送った。

 

周囲に話すと「もったいない!」「なにを楽しみに生きてるの?」と皮肉まじりにいわれることもあるが、自分が決めたことをやりきることは、大好きな食事を楽しむことと同じくらい、おもしろいしやりがいがある

 

ファスティングは、1日行った。

ファスティングといっても専門家に指示を仰ぐでもなく、1日プロテインと食物繊維の粉入りの白湯で過ごした。

タンパク質はとって筋肉は落とさないようにしつつ、食物繊維の粉と白湯のパワーでカラダのものを全部出して、最終日の計測に臨む。

 

松崎トレーナーは事前に「いつもは計測前に食事をしていたり水を飲むのを自由にしているから高めに数字がでます。カラダ空っぽにしてきてくれたら、実態の数値が出ますよ」と教えてくれた。

前回の体重は70.2kg、体脂肪率は19.1%。

カラダを空っぽにした状態で、どれくらいの数値がでるのか。

最後の計測に緊張感が走る。

 

 

体脂肪率が15.1%、体年齢25歳

まずは計測から。

体重 68.0kg
体脂肪率 15.1%
内臓脂肪レベル 7

すごい数値が出た。

カラダを空っぽにした成果を感じる。

あまりに落ちたので、3回も計測したが結果は同じだった。

松崎トレーナーからは「最後の追い込み頑張りましたね。さすが!」というお言葉を頂いた。

11月末の初回カウンセリング時は、体重77kg、体脂肪率が24.6%あった。

脂肪の重さを計算すると18.9kgもある。

2ヶ月のライザップ期間終了後、体重は68kg、体脂肪率は15.1%になった。

脂肪の重さは10.2kg。

 

当初の狙い通り、体重が落ちた9kgのうち、8.7kgを脂肪で落とすことができた。

自分のことながら、素晴らしい結果だと思う。

 

内臓脂肪は9が標準値。

私の内臓脂肪はライザップ開始当初は10.5あったが、今回は7まで下げることができた。

 

体年齢の変化も嬉しかった。

ライザップ開始当初は体年齢が36歳と判定された。

実年齢よりも4歳も老いているカラダだった。

それが今回は、25歳と診断された。

実年齢よりも7歳も若い。

私の体年齢は、この2ヶ月間の間で11歳も若返ったことになる。

 

実際にそれを実感する機会も多い。

仕事では集中力が続くし、疲れにくくなった。

街や駅を歩いていても、カラダが軽いし、息があがらなくなった。

趣味のフットサルでは運動量があがった。

カラダを鍛えることは、本当にいいことばかりだ

 

 

前回に続き、腰に負担が掛からないメニュー

すでに振り返りモードだが、この日もミッチリトレーニングを行った。

16回目のトレーニングは以下のメニュー。

メニュー ウエイト 回数
スクワット 重りなし 20回×3セット
シットアップ(腹筋) 20回×3セット
スプリットスクワット 重りなし 20回×3セット
ニートゥーチェスト 20回
ヒップリフト 20回
サイドレイズ 2kg 20回
片足ヒップリフト 20回×3セット
ベンチプレス(足上げ) 20kg 20回×3セット
ダンベルベンチプレス 4.5kg 20回×3セット
プッシュアップ 10回×2セット
膝つきプッシュアップ 20回×2セット

今回も引き続き腰が痛いので、前回同様のトレーニング方針「軽い負荷を多く」で行った。

最後のトレーニングなので、いつもは地獄に感じるトレーニングもちょっとは名残惜しく感じる。

ライザップが終わってからもトレーニングはしようと思っているが、松崎トレーナーと2人3脚で行うトレーニングはこれで終わりだ。

 

これだけ自分が変われたのも、松崎トレーナーとの出会いが大きい。

厳しく、優しく指導してくださり、毎回トレーニングに行くのが楽しかった。

 

終わってヘロヘロなときは「どんどんカラダ変わってますよ!」とモチベーションをあげるコーチングをしてくれた。

計測結果が思うように出なかったときは「体重は増えてますが体脂肪率は減ってます」「食後だからです」「水をたくさん飲んでるはずです」等、フォローをしてくれた。

 

12月15日くらいに、それまで順調に下がっていた体重が3kg一気に増えてしまったとき、一人でやっていたら挫折していただろう。

ただ、一緒にやってくれるトレーナーがいたから、ここまでこれた。

トレーナーへの感謝の気持ちを持って、最終日のトレーニングは終了した。

 

松崎トレーナー、ありがとうございました。

 

 

「人は変われる。」を証明する。

57日間、体重を9kg、体脂肪を約10%減らすプロジェクトは終了した。

明らかな変化を感じる。

ライザップは値段が高いという人もいるが、これだけ変化がみえるのであれば少なくとも私は大満足だ。

 

「人は変われる。」を証明する。

 

ライザップグループがホームページのトップで掲げているコーポレーションメッセージだ。

ライザップのボディメイクを経験したものとして、この言葉は心から賛同できる、ステキな言葉だ。

ライザップが提供している価値そのものを表していると思う。

 

経験者の立場から付け加えるとしたら、「人は変われる。信頼できる人と一緒なら」という表現のほうが正しいかもしれない。

 

ライザップの価値は

トレーニングメソッドやトレーニング施設ではない。

食事のノウハウや独自プロテイン、サプリメントではない。

 

他のサービスがマネできないライザップの価値は、トレーナーだ

カスタマーの立場からライザップに接すると、働いている人そのものが、ライザップの提供している価値なのだということがわかる。

 

カラダを変えたい人、ライザップのトレーナーに興味がある人は、無料カウンセリングだけでも行ってみることをオススメしたい。

セッション15回目◀︎

ライザップの無料カウンセリングはこちら!

ライザップ総まとめはこちらからご覧いただけます。

あわせて読みたい

カテゴリー