転職の年齢別のニーズは?限界を考える前に20代、30代、35歳以上での違いを知ろう

転職活動では年齢に応じて求められていることが違います。若手の転職とひとくくりにされる20代、30代の転職ですが、年齢によって求められることが違うのです。この記事では、転職において求められている要件を年齢別にまとめました。20代中盤から後半、20代後半から30代中盤、35歳以上の3つの年齢層に分けてご紹介します。(監修: 株式会社キープレイヤーズ代表取締役 高野 秀敏 氏)

転職は年齢によって求められることが違う?

shutterstock_220917184

2015年11月現在、企業は中途採用に対してより柔軟な姿勢をとっています。

 

日本の経済環境が上昇トレンドなこともポジティブに働き、中途採用ニーズは拡大傾向にあります。

ニーズにあわせて転職を検討する人も増加傾向にあります。

 

10年程前には転職市場に出てこなかった経歴を持っているような人も転職を検討するようになったのです。

 

転職希望者が把握すべきこと

  • 年齢に応じた適切なアピールポイント

実際のところ年齢は企業にとって重要な要素の1つで、企業は年齢をもとに任せたい役割のイメージを持ちます

 

各年代で企業の求める人材像にはどのような違いが存在するのでしょうか。

 

20代前半から中盤の転職で求められることは?

23歳〜27歳くらいの転職者に求められること

  • 「将来性」
  • 「人間性」
  • 「やる気」

どんなに忙しく働いてきたとしても、まだ職歴が浅く、実務における経験値は少ないとみなされます。

 

企業は即戦力というよりも、自社に貢献してくれる将来性がある人材なのかをという軸で人間性、やる気を重視します。

学歴や会社名も当然判断材料の一つになりますが、そこまでの実績がなくとも転職するチャンスがあるのが、20代前半から中盤の転職なのです。

 

20代後半から30代前半の転職で求められることは?

28歳〜34歳くらいの転職者に求められること

  • 「仕事における成功体験」

ここまでのビジネス経験を通じて、人に語れる仕事があるのかを企業は知りたがります。

 

社内での表彰歴や、手掛けた仕事がメディアに取り上げられたり、顧客から評価をされたりした経験がある人は存分にアピールをしてください。

 

数値を踏まえて定量的に語ることと、伝わりやすいストーリーに編集して語ることがポイントです。

 

20代前半から中盤同様に将来性、人間性、やる気も求められますが、それだけではなく成功体験もこの年代には求められます。

 

一部の企業では、この年代であれば未経験者の転職を受け入れていることもあります。

未経験として転職する際は、この年代がリミットだと考えてください。

 

35歳以上の転職で求められることは?

35歳以上の転職者に求められること

  • 「専門的な知識やスキル」
  • 「業務や人をマネジメントする力」

35歳以上の転職の場合は、即戦力として仕事にアサインされます。

 

これまでの成功体験によって獲得した専門的な知識やスキルはもちろん、業務を人に任せて一定のクオリティに仕上げる力も求められます。

 

人のマネジメントができる人間的魅力を備えていることも重要です。

これまでの年代に比べて求められることが格段に増えるのがこの年代です。

 

35歳転職限界説とは

  • 「これまでのスキルセットでは転職ができなくなる目安の年齢が35歳である」

という意味では的を得ているといえます。

 

自分の年齢にふさわしいアピールポイントを

shutterstock_299891135

この記事を読んだ方へオススメのアクションアイテムは

自分の年齢に応じて自分をアピールするポイント編集する

です。

どんなに語れる仕事があっても22〜27歳の転職では自分の人間性、やる気が判断軸になります。

 

35歳に求められるような落ち着きや冷静な判断をしている22〜27歳は「将来性がない」と判断されることもあるのです。

すべてのビジネスシーンでいえることですが、

 

転職活動においても「自分が伝えたいことをただ伝える」のではなく「相手が知りたいことを察知して的確に伝える」ことが求められています

 

自分の年齢から、自分にはどんなことが期待されているのかを踏まえて、アピールするポイントを考えてくださいね。

 

あなたの適正年収はいくら?

もし今後年収をあげていきたいと感じているなら、まずはご自身が今どれくらいの市場価値があるのかを知る必要があります。

市場価値を知るには転職エージェントに登録するのが1番の手段です。転職エージェントは登録した人に適切と思われる案件を送ってくれるので、自分の市場価値を送られてくる案件から判断することが出来ます。

登録自体は無料です。

 

ただ、転職エージェントにも相性があります。転職エージェントの傾向や、担当者の力量によって転職が左右されるともいわれています。自分に合ったエージェントに出会うためにも、傾向をみながら複数の転職エージェントに登録するのがおすすめです。

 

各転職エージェントの特徴ごとにおすすめをご紹介します。

 

すべての人がまず登録すべき転職エージェント

すべての人がまず登録して間違いないのが「大手総合転職エージェント」です。求人の量・質ともに充実しているのが以下の大手転職エージェントです。

 

リクルートエージェント

非公開求人10万件以上、日本最大級の転職エージェントです。

 

doda

主に20代〜30代を対象にした、総合型転職エージェントです。全国規模で求人をカバーしており、その数は非公開求人も含めて10万件以上となっています。利用者の属性としては、第二新卒・既卒・フリーターから、ハイキャリア・管理職までが想定されています。

また、女性の転職に特化したページも用意されています。定期的に転職フェアやセミナーが開催されており、転職ノウハウや、キャリアアップのヒントなどを得ることができます。

 

マイナビエージェント

主に20代〜30代を対象とした総合型の転職エージェントです。全国の求人をカバーしており、特に優良な中小企業の求人を多く扱っています。求人票だけでは分からない、企業の社風や雰囲気、入社後のキャリアパスといった情報を網羅しており、後悔のない転職を実現させる手助けをしています。また、第二新卒や女性に特化した転職情報が載っているサイトもあります。

 

パソナキャリア

大手転職エージェントの一角で、丁寧なサポート体制です。

大手転職エージェントは求人の量・質が多い反面、登録している転職希望者が多いので競争が激しくなるという一面もあります。

最低でも3~4社登録しておくと安心です。

 

今までの職務経歴に自信のない方におすすめの転職エージェント

大手では扱っていない案件も多く扱っている転職エージェントをご紹介します。登録者数が大手よりも少ないので、穴場的な求人に出会えることもあります。また、内定・入社後にもアフターフォローがあるなどキャリアアドバイザーの対応もきめ細かいという特徴もあります。

大手と一緒に登録することで効果を発揮する転職エージェントです。

 

type転職エージェント

非公開案件約80%です。転職した人の約71%が年収アップに成功しているエージェントですが、首都圏在住の方限定です。

 

ワークポート

転職決定人数部門で4回連続1位を獲得したことがあり、IT系や未経験からのキャリアチェンジに強みがあります。

 

今までの職務経歴に自信がある人におすすめの転職エージェント

大手転職エージェントでも扱わないようなハイキャリア向けの案件を多く持った転職エージェントもあります。今後海外も視野に入れたキャリアアップを目指す方には積極的におすすめしたい転職エージェントです。

 

JACリクルートメント

業界3位。外主に20代〜30代のハイキャリア・管理職に就いている人を対象にした、総合型転職エージェントです。全国の求人をカバーしており、特にコンサルや外資系企業に力を入れています。高品質のハイキャリア案件を多く扱っているため、更なるキャリアアップを狙うことができます。また、面接対策やキャリア面談をしてくれるコンサルタントの質の高さにも定評があります。

BraveAnswer編集部では、キャリアに関するご相談を受け付けております。

  • 今後のキャリアが不安
  • 自分を変えたいが、何から始めたらいいかわからない

といった、具体的なアクションが明確でない人でも大歓迎です。

こちらより、お気軽にお問い合わせください。

 

BraveAnswer編集部が考える転職については「転職とは何か。」にまとめてあります。転職をする前に、そもそも転職とはなにか、考えてみてください。

 

BraveAnswerでは、皆様の転職エージェントの評価や感想を集めております。こちらのフォームに従って、感想を教えていただければ幸いです。ご協力のほど、よろしくお願い致します。

 

あわせて読みたい

カテゴリー