転職

30代で転職をするまえに準備するべき5つのこと

 30代で転職をするまえには今の会社でやり残したことはないかを考え、これまでの成功体験や今後のキャリアプランもあわせて考えましょう。生活コストについて把握をして年収がさがるケースにも対応し、家族にも必ず事前相談をするべきです。即戦力として期待される30代の転職を実行するまえに、準備をするべき5つのことをまとめました。(監修: 株式会社キープレイヤーズ代表取締役 高野 秀敏 氏)

30代での転職、キャリアにおける位置付けは?

shutterstock_269711363

20代で仕事の基礎力を身につけ、自分の強みを活かしてやりたいことをやるのが30代の仕事のモデルケースといえます。

自分の強みが活かせて、やりたいことをやる環境を手にいれる手段の一つが転職です。

 

30代での転職は、自分のキャリアの方向性を決める重要な意思決定といえます。

30代のキャリアをどんなテーマに投じるのか。

 

気力、体力ともに充実したせっかくの期間なので、やりたいことがやれるといいですよね。

 

30代の転職者に企業はなにを求める?

30代の転職者に企業側が求めることは「仕事力」と「リーダーシップ」です

 

20代と比較すると、30代にはワンランク上の仕事力が求められます。具体的には、

  • 無駄を削ぎ落として生産性高くハードワークすること
  • いかなる状況においても安定して一定の成果を出せるパフォーマンス

などです。

 

あわせて周囲を巻き込む「リーダーシップ」も求められます。

20代の頃は自分の業績さえ出していれば問題なかったとしても、30代になると周囲へ良い影響力を発揮し、チームとしての目標を達成する力が求められるのです

 

直接の利害関係がない同僚の相談にのったり、アドバイスをしたりすることも30代の重要な役割なのです。

特にベンチャーやスタートアップには若い組織も多いです。

 

若い組織を大人の集団に変える役割も30代に求められている役割の一つなのです。

 

転職活動前に準備するべき5つのポイント

  • 1.「今の会社や仕事でやり残したことはないかを考える
  • 2.「今までの仕事で成功体験があるかを振り返る」
  • 3.「将来のキャリアプランを計画する」
  • 4.「自分の生活コストを把握する」
  • 5.「家族に事前相談をする」

 

30代で転職をするまえに準備するべき5つのこと

shutterstock_284167727

総務省のデータによると、30代の転職希望者のうち5人に2人が転職しています。

転職成功率は約40%です。

 

30代前半は特に転職市場でも人気の年齢層なので成功率は高いのです。

転職を成功させるために最も重要なのは転職活動前の準備です。

 

ここでは転職した成功事例に基づき、転職活動前に準備するべき5つのポイントをご紹介します。

 

1.「今の会社や仕事でやり残したことはないかを考える」

転職をするということはいまの会社を辞めるということです。

最近では一度辞めた会社に再入社する「出戻り社員」もいますが、ほとんどのケースでは一度辞めた会社にはもう二度と戻ってきません。

 

出戻りする場合も、同じ役割や同じ上司、同じ環境で戻ることはありえないので今と同じ仕事ができる可能性はなくなります。

今の会社や仕事でやり残したことはないか、転職をする前にまず考えるべきことはこのテーマなのです

  • 「周囲から評判の良い先輩社員と仕事の話をする」
  • 「参加しようと思っていたプロジェクトやイベントに参加する」
  • 「仕掛けようと思っていて後回しになっていたことに取り組む」

など、二度と戻ることができないいまの環境を存分に活かすことからアクションを起こしてみてください。

 

それで視界が開けたり、やりたいことが自社で見つかったりするのであれば、無理に転職する必要はないのです。

 

2.「今までの仕事で成功体験があるかを振り返る」

いわゆる「キャリアの棚卸し」です。

  • 「自分を代表する仕事は何か」
  • 「人に成果を語れる仕事は何か」
  • 「成功のポイントは?」

など、今までの仕事での成功体験を語れるように準備してみてください

面接で自分について語るときには、自分の残した成果をエピソードとして語るのが最も伝わりやすいのです。

 

これといって成功体験がないのであれば、1つだけでもいまの仕事で作ってから転職を検討することをおすすめします。

新たな環境ですぐに成果をあげるより、これまで地道に続けてきた仕事で成果をあげるほうが比較的簡単だからです。

 

目標を決めて、自分の納得のいく成果を出す過程からは自信を得ることもできます。

 

3.「将来のキャリアプランを計画する」

30代での転職はビジネスキャリアにおける大きな分岐点になります。

ここでの意思決定により、大成功する転職もあれば致命的な失敗に繋がる転職もあるのです。

 

将来のキャリアプランを計画することは、ここでの意思決定の質を高めることに役立ちます

 

明確な計画を持てない人は「これだけはやりたくない」というプランニングをするだけでもやってみてください

 

将来のキャリアプランが明確でない場合は、『絶対内定』に学ぶ!自分が望む人生を見つけるために考える3つのことを参考に、

  • 「Being」
  • 「Having」
  • 「Giving」

のフォーマットで自分が望む人生を整理するのもオススメです。

 

4.「自分の生活コストを把握する」

新たに挑戦したいことが見つかったとしても、目先の年収が低いという理由で転職しない人もいます。

人によっては貯金がなくてその年収では暮らせないという人もいるのです。

 

オススメは自分の1ヶ月の生活にかかるコストを常に把握することです

最低限いくらの年収があれば生活できるかを把握しておけば、心からやりたいことが見つかったときに、お金を気にせずに挑戦ができるからです。

 

仕事の成果として経済的な報酬も重要ですが、日本の企業の場合、転職者へ提示する年収をコンサバティブにすることもあります。

年収は転職後に成果を出してあげるという覚悟をもち、年収を下げてでもやりたいことをやるスタンスも選択肢の一つにしておいてください。

 

生活コストの目安については、年収300万円でどんな生活ができるの?手取りは?結婚や貯金もできる!20代は?年収400万円の手取り、税金、生活を知りライフプランを20代から考える。年収500万円の生活は?手取り、割合、税金を知りライフプランを考える。20代でも。、で詳しく紹介しています。

 

5.「家族に事前相談をする」

30代であれば家庭を持っている人もいます。

国立社会保障人口問題研究所の2013年の調査によると、日本において30歳で結婚している人は約52%、40歳では約70%にも達します。

 

家庭がある方の人生は、もはや自分1人だけのものではありません。

転職を考えていることや見込み年収、転職するメリットやデメリット、ポジティブシナリオとワーストシナリオについて、家族に必ず相談をしてから転職活動をすすめてください。

 

事後報告をして家族の承認が得られず、転職先に迷惑をかけたり家族関係に亀裂が入ったりするケースも実際に起こっています

 

家庭がある方の転職は人生をともに歩む家族をも巻き込む大きなイベントであることを肝に銘じてください。

 

30代の転職はキャリア人生を左右する大きな決断

shutterstock_152853110

転職を始めようとしている30代の方へ5つ、準備するべきことをご提示しました。

 

30代での転職は今後の自分のキャリアを左右する大きな決断です。

後悔しないように準備をすすめ、良い成果をあげてくださいね。

 

35歳転職限界説の言葉の通り、プレイヤーとして存分に仕事ができる環境を求めての転職は、35歳が一つの目安になっています。

それ以降の転職はマネジメント層やエグゼクティブ層では活況であるものの、プレイヤーとしての門は狭くなるタイミングなのです。

 

その意味では30代でプレイヤーとして思う存分やれる転職は35歳までのタイミングが一つのラストチャンスでもあります。

周囲の意見に惑わされず、焦らず自分と向き合い、自分だけのキャリアを実現してくださいね。

 

すべての人がまず登録すべき転職エージェント

すべての人がまず登録して間違いないのが「大手総合転職エージェント」です。求人の量・質ともに充実しているのが以下の大手転職エージェントです。

 

リクルートエージェント

非公開求人10万件以上、日本最大級の転職エージェントです。

リクルートエージェントについては、リクルートエージェントはどんな転職エージェント?評判は?利用すべき?にさらに詳しく紹介しています。

 

doda

主に20代〜30代を対象にした、総合型転職エージェントです。全国規模で求人をカバーしており、その数は非公開求人も含めて10万件以上となっています。利用者の属性としては、第二新卒・既卒・フリーターから、ハイキャリア・管理職までが想定されています。

また、女性の転職に特化したページも用意されています。定期的に転職フェアやセミナーが開催されており、転職ノウハウや、キャリアアップのヒントなどを得ることができます。

dodaについては、doda(デューダ)とはどんな転職エージェント?にさらに詳しく紹介しています。

 

 

マイナビエージェント

主に20代〜30代を対象とした総合型の転職エージェントです。全国の求人をカバーしており、特に優良な中小企業の求人を多く扱っています。求人票だけでは分からない、企業の社風や雰囲気、入社後のキャリアパスといった情報を網羅しており、後悔のない転職を実現させる手助けをしています。また、第二新卒や女性に特化した転職情報が載っているサイトもあります。

マイナビエージェントについては、マイナビエージェントを徹底解説!特徴、サポート、求人、登録や利用法まとめにさらに詳しく紹介しています。

 

パソナキャリア

大手転職エージェントの一角で、丁寧なサポート体制です。

パソナキャリアについては、パソナキャリアを徹底解説!特徴、デメリット、おすすめの人は?にさらに詳しく紹介しています。

大手転職エージェントは求人の量・質が多い反面、登録している転職希望者が多いので競争が激しくなるという一面もあります。

最低でも3~4社登録しておくと安心です。

 

今までの職務経歴に自信のない方におすすめの転職エージェント

大手では扱っていない案件も多く扱っている転職エージェントをご紹介します。登録者数が大手よりも少ないので、穴場的な求人に出会えることもあります。また、内定・入社後にもアフターフォローがあるなどキャリアアドバイザーの対応もきめ細かいという特徴もあります。

大手と一緒に登録することで効果を発揮する転職エージェントです。

 

type転職エージェント

非公開案件約80%です。転職した人の約71%が年収アップに成功しているエージェントですが、首都圏在住の方限定です。

type転職エージェントについては、type転職エージェントの特徴は?評判と口コミ!にさらに詳しく紹介しています。

 

ワークポート

転職決定人数部門で4回連続1位を獲得したことがあり、IT系や未経験からのキャリアチェンジに強みがあります。

ワークポートについては、ワークポートを徹底解説!転職エージェントはどこを利用すべき?にさらに詳しく紹介しています。

 

今までの職務経歴に自信がある人におすすめの転職エージェント

大手転職エージェントでも扱わないようなハイキャリア向けの案件を多く持った転職エージェントもあります。今後海外も視野に入れたキャリアアップを目指す方には積極的におすすめしたい転職エージェントです。

 

JACリクルートメント

業界3位。主に20代〜30代のハイキャリア・管理職に就いている人を対象にした、総合型転職エージェントです。全国の求人をカバーしており、特にコンサルや外資系企業に力を入れています。高品質のハイキャリア案件を多く扱っているため、更なるキャリアアップを狙うことができます。また、面接対策やキャリア面談をしてくれるコンサルタントの質の高さにも定評があります。

JACリクルートメントについては、JACリクルートメント(ジェイエイシーリクルートメント)を徹底解説!特徴やメリットとデメリットは?にさらに詳しく紹介しています。

 

年代別で選ぶ転職エージェント

自分の「年代」によって選ぶべき転職エージェントも変わってきます。自分の年齢により特化している転職エージェントを選びましょう。

 

30代

30代全員におすすめの転職エージェントの他に、正社員未経験もしくはブランクが長い場合、マネジメント経験がない場合とある場合、女性の場合に分けて、おすすめの転職エージェントについて、30代におすすめの転職エージェント14選!選び方、使い方、転職実態、年代による違いについても解説で詳しく紹介しています。

 

40代

「全員におすすめ」「キャリアに自信がある人におすすめ」「女性におすすめ」の3つに分類して、40代におすすめの転職エージェント10選。選び方、活用のポイント、転職事情についても解説で詳しく紹介しています。

 

あなたの適正年収はいくら?

もし今後年収をあげていきたいと感じているなら、まずはご自身が今どれくらいの市場価値があるのかを知る必要があります。

市場価値を知るには転職エージェントに登録するのが1番の手段です。転職エージェントは登録した人に適切と思われる案件を送ってくれるので、自分の市場価値を送られてくる案件から判断することが出来ます。

登録自体は無料です。

 

ただ、転職エージェントにも相性があります。転職エージェントの傾向や、担当者の力量によって転職が左右されるともいわれています。自分に合ったエージェントに出会うためにも、傾向をみながら複数の転職エージェントに登録するのがおすすめです。

 

 

BraveAnswer編集部では、キャリアに関するご相談を受け付けております。

  • 今後のキャリアが不安
  • 自分を変えたいが、何から始めたらいいかわからない

といった、具体的なアクションが明確でない人でも大歓迎です。

こちらより、お気軽にお問い合わせください。

 

BraveAnswer編集部が考える転職については「転職とは何か。」にまとめてあります。転職をする前に、そもそも転職とはなにか、考えてみてください。

 

BraveAnswerでは、皆様の転職エージェントの評価や感想を集めております。こちらのフォームに従って、感想を教えていただければ幸いです。ご協力のほど、よろしくお願い致します。

 

あわせて読みたい