女性の転職に強いおすすめの転職エージェント3選とその活用法

女性は出産や子育てなどのライフイベントが多いので、今後のキャリアをどうするか選択する大事な場面が出てきます。女性が転職を決めた場合には、女性特有の悩み相談に乗ってくれる女性に特化した転職エージェント、求人数が多い大手転職エージェントに登録することをオススメしています。この記事では、女性にオススメの転職エージェントとその活用法についてまとめました。

女性に特化した転職エージェント3選

転職エージェントは数多くありますが、特に女性のサポートに注力している転職エージェントは多くはありません。

女性のキャリアは結婚・出産・育児・配偶者の転勤といったライフイベントがありますので、女性の気持ちをよく理解してくれるエージェントを利用することをオススメします。

このサイトでおすすめする女性に特化した転職エージェントは、以下の3社です。いずれも、先程の項でまとめた条件を満たしていますので、安心して登録してください。

女性におすすめの転職エージェント3選

  1. パソナキャリア
  2. リブズキャリア
  3. ウーマンウィル

1.パソナキャリア

パソナキャリアは他の大手転職エージェントと比較して女性の転職実績が多く、女性に対するサポートが手厚い転職エージェントです。

求人数は約2万1000人以上と、業界トップクラスです。

転職サイトでは掲載されることのない非公開求人が全体の約80%あるので、求人の質も高くなっています。

女性に対するサポートが手厚いのは、パソナグループ全体として「女性活躍推進」を掲げて活動しているからです。

 

「女性活躍推進」の方針により、10年以上前から転職業界内では「女性の転職ならパソナ」というイメージが定着しています。最近では、女性向けの転職分野で数多くの賞を受賞しています。

 

転職企業としては女性社員の割合が多く、管理職も半数が女性なので、女性のキャリアアドバイザーに担当してもらうことが多いのも特徴です。

  • 女性の気持ちを理解してくれる
  • サポートが細かく丁寧である

との定評があります。

 

未経験求人からハイキャリアまで幅広く案件があるので、あなたが女性で転職を検討しているのであれば、どのような条件でもまずは「パソナキャリアに登録して相談することをオススメします。

 

2.リブズキャリア

リブズキャリアは「ウーマン・ブライト・アクション」を掲げて活動していて、「会社で活躍する女性を増やし、女性が活躍する社会を創る」ことをミッションに、女性の社会進出を応援しています。

  • 女性活躍プロジェクトに賛同する企業約300社と提携している
  • 女性の採用に長けたアドバイザーが担当してくれる
  • 新入社員が対応することがない
  • ハイキャリアの女性をターゲットにしていて、年収400万以上の求人が多くある

といった女性に有利な特徴があります。

 

他の転職エージェントとは異なってスカウトがメインなので、特に仕事が忙しくて暇がない女性にオススメです。

 

ただし、ただ待っているだけでは転職の成果は得にくいので、面倒であってもコンサルタントや求人企業にこちらから働きかけることが大切です。

他の転職エージェントのように、「面接対策」「応募書類の添削」といったサポートはないので、他の転職エージェントと併用してみても良いでしょう。

 

リブズキャリアを通して企業へ転職が決まった場合、リブズキャリアへ申告することで、amazonギフト券5000円分を受け取れるといった面白い特典もあります。

女性である程度のキャリア志向を持っているのであれば、求人を見るためだけでも「リブズキャリア」に登録することをオススメします。

 

3.ウーマンウィル

ウーマンウィルは「ウーマン」という名前にあるように、女性向けの転職エージェントです。1番の特徴は転職活動のサポートするアドバイザーが全員女性であることです

相談する相手が女性なので、女性特有の悩みも共感してくれるでしょう。

 

大手転職エージェントの「マイナビエージェント」と運営会社が同じこともあり、求人数が多く、たくさんの情報を持っています。ウーマンウィルは非公開求人が全体の80%を占めます

他の転職エージェントやサイトに掲載されていない求人が多いということは、求人の質が高いといえますね。メーカーやIT、不動産関係の「経営・企画」「管理職」などの求人は広くあります。

 

ただ、女性に人気の事務職は定着率が高く、求人が少なくなっているので注意が必要です。

ウーマンウィルは入社後もサポートが継続するので、入社後に悩んでいることや困ったことがでてきたら、相談をしてみましょう。

 

キャリアアップを望んでいる女性の方は登録することを強くオススメします。

 

女性におすすめの転職エージェントの選び方

女性向けの転職エージェントは10社程度あると言われています。どの転職エージェントがいいのか、迷っている方も多いのではないでしょうか。

まずはどんな転職エージェントがあるのか知る前に、たくさんあるからどんなエージェントを選べばいいのか、確認していきましょう。

転職エージェントの選び方

  1. 出産を経験した女性転職エージェントの有無
  2. 女性の転職特有のコンテンツの有無
  3. 女性目線での絞り込み機能の有無

1.出産を経験した女性転職エージェントの有無

もし出産をこれから考えているのであれば、同じ目線で将来のことを考えてくれる人のほうがいいですよね。

もちろん、出産を経験していない人であっても、同じ目線に経ってくれる人はたくさんいますので、そこは安心してください。

自分の担当でなくても、実際に出産を経験した人が転職エージェントにいれば心強いと思います。

最近はコンサルタントの詳細プロフィールを掲載しているエージェントも増えてきているので、確認できるのであれば確認しておきましょう。

 

2.女性の転職特有のコンテンツの有無

女性ならではの視点からコンテンツを発信していると、女性の転職に力を入れている証拠と言えます。

面接のヘアスタイルやファッション、働く女性のインタビュー記事などが掲載されている転職エージェントを探してみてください。

 

3.女性目線での絞り込み機能の有無

「育休産休制度あり」など、女性目線で求人の絞り込みができる転職エージェントは、女性を求める企業の求人を多く持っていることになります。

公開求人の検索は、転職エージェント登録前にもできますので、登録する前に確認してみてください。

 

転職エージェントの使い方9選

転職エージェントは、転職に成功するために使うものです。もちろんコンサルタントの方は全力でそれをサポートしてくれますが、

転職エージェントの使い方9選

  1. 紹介された企業を調べる
  2. こまめに連絡を入れる
  3. すぐに転職したい意思を伝える
  4. 相性が良くないコンシェルジュは変更する
  5. 経歴やスキルに嘘をつかない
  6. 推薦文は確認する
  7. 同じ案件に他のエージェントから応募しない
  8. 面接後に評価を教えてもらう
  9. 複数登録する

1.紹介された企業を調べる

企業の求人などに書かれている情報は、実際に働いてみると実情が異なる場合があります。

企業を紹介されて調べてみた後は、口コミサイトやOBOG訪問などを活用して、実態を調べてみてください。

 

2.こまめに連絡を入れる

連絡頻度が少ないと、既に転職をしてしまったと思われたり、転職の意志が弱いと判断されたりしてしまいます。

2週間に1回程度は連絡を取るようにしましょう。

 

3.すぐに転職したい意思を伝える

転職の時期を聞かれたら「いい所があればいつでも」と言っておきましょう。

転職の意志が固いと判断されると、優先順位を上げてもらえます。

求人情報はだいたい3ヶ月で入れ替わると言われていますので、3ヶ月以内に転職したいと言っておくといいかもしれません。

 

4.相性が良くなければ変更する

転職エージェントと言っても人同士ですので、どうしても相性はあります。合わなければ代えてもらってください。

遠慮してしまう人も多いですが、変更することは問題ありません。問題は、相性が良くないせいで転職に成功しないことです。

 

5.経歴やスキルに嘘をつかない

登録情報やコンサルタントとのやり取りはデータが残ります。やり取りなどで矛盾が生まれれば、嘘はバレてしまいます。

嘘がバレると、リスクある人材として紹介される案件が限定されてしまうこともあり、リスクがあってもメリットは1つもありません。

 

6.推薦文は確認する

コンサルタントは企業あてに200字〜1000字程度の推薦文を書きます。

ほとんどの人はしっかりと書いてくれますが、コンサルタントによっては経歴を書き写すだけのような場合もありえるので、確認をするようにしてください。

「自分自身を客観的に見直したい」と伝えると、スムーズに確認することができます。

 

7.同じ案件に他のエージェントから応募しない

1つの案件に複数のエージェントから応募すると、企業とエージェントに不信感を与えてしまいます。

せっかく選考が進んでいても、破断になる可能性もありますので、注意して下さい。

 

8.面接後に評価を教えてもらう

コンサルタントは、求職者が面接をした後に企業側に面接の反応を確認します。

評価された部分とされなかった部分を確認することで、次に活かしたり、入社後に活かすことができます。

 

9.複数登録する

転職エージェントは複数登録することをおすすめします。

求人情報の幅が広がるだけでなく、複数のコンサルタントに話を聞くことができるので、様々な確度から話を聞くことができます。

 

女性の転職って実際どうなの?

女性の転職は、結婚や出産、育児など、ライフイベントに影響されることも多いです。

ただ今の時代は、女性が定年まで働くことも珍しくなくなりました。性別が直接業務に関係する職種以外は、男女差もなくなって来ています。

ただだからこそ、女性であってもキャリアプランを明確にすることは大切です。

なぜ転職したいのか、何を企業に求めるのか、今後どんな未来を思い描いているのか。

このあたりはしっかりと言語化しておきましょう。

 

女性が転職する際に会社を選ぶポイント

ライフイベントなども含めて考えると

  • 産休、育休制度があるか
  • 復帰しやすい環境があるか(契約社員から正社員への登用などがあるか)
  • 女性の離職率が高くないか
  • 女性社員の割合が多いか

このあたりは確認しておきたいポイントです。転職エージェントにしっかりと企業情報を確認しておきましょう。

 

20代の女性の転職について

20代で転職をする方は多く、厚生労働省のホームページによると、大卒で3年以内に離職する人はおよそ3割もいます。

20代の転職は珍しいことではなくなっていることがわかりますね。

 

3年以内の転職は不利であるとされてきましたが、今は全くないどころか需要が急増しており、大企業も採用枠を増やしています。

 

20代の転職のメリット

  • 若いので採用されやすい
  • 元々年収が低いので転職しやすい
  • 第二新卒で転職できる
  • 他業種に転職しやすい

以上が4点が20代の転職においてのメリットになっています。

 

20代の転職のデメリット

  • 転職に経験を生かせない
  • ポテンシャルが低いと難しい
  • 給料が下がる可能性がある

以上3点が20代の転職においてのデメリットです。

 

新卒で働いてから1~2年で転職活動を行うと経験が足りないと見られ、採用がしにくい場合もあります。

ですので、3年は新卒で入った企業で働き、そのあとで転職を考えることをオススメします。

 

20代はまだ若く、体力もあるので他業種にも転職しやすいです。

本当にやりたいことが他にあるのであれば、思い切って自分の行きたい業界への転職にチャレンジする価値はあります。

 

出産のタイミングは考慮に入れる

出産を考えている方は転職のタイミングには注意してください。

出産の予定があるのであれば、転職は出産前にするのか出産後にするのかを決めておきましょう。

どのタイミングで出産をするのかで、キャリアの描き方が変わってきますよ。

転職後に出産するのであれば、転職先が子育てのサポートが充実しているかも気にする必要があります。

 

20代で転職するなら、キャリアアップのために転職先でそれなりに継続して働くことが大切です。

将来のキャリアビジョンを持って長く続けられそうな転職先を見つけられると良いですね。

 

30代の女性の転職について

20代の転職者が増えてきていることは前述しましたが、転職者の平均年齢は30代前半になっています。

転職サイト「doda」によると、2016年上半期の転職者の平均年齢は32.3歳となり、前回調査の2015年下半期から0.2歳アップしています。

 

調査を開始した2007年下半期からは3.2歳アップしており、これまでで最も平均年齢が上昇する結果になりました。

最近になって、30代前半は転職適齢期になったといえます。

 

30代の転職のメリット

  • 即戦力となりやすい
  • 専門性が高い業種に転職しやすい
  • 経験で有利になる
  • ライフスタイルが確立されているので転職しやすい

以上4点が30代の転職におけるメリットになっています。

 

30代の転職のデメリット

  • 年齢的にハンデがある
  • 異業種に転職しにくい
  • 転職に失敗ができない

以上3点が30代の転職においてのデメリットです。

 

30代の転職での強みは、前の会社で培った経験があるので即戦力になりやすいところです。

入籍や出産などのライフイベントを終えている方もいますので、採用がされやすくなっていることもあります。

 

20代よりも体力が衰えていると認識されているので「年齢的にハンデがある」とデメリットに挙げたのですが、年齢がメリットになることも多いです。

 

30代で転職を逃してしまうと、40代やその先で転職をすることは難しくなってしまいます。

少しでも今やっていることに疑問を思ったり、企業が自分と合っていないと感じたりしたら、エージェントに登録をして相談をしてみることをオススメします。

 

書類審査や面接で特に女性が気にしたい身だしなみ

書類審査や面接で女性が特に気にしたいポイントは、外見のマナーです。

転職面接の場合、服装や髪型、メイクなどが新卒採用と比べてシビアな目で見られます。

以下7つが面接の際に女性が気にしたいポイントです。

 

1.髪型

長い髪は束ね、表情がハッキリしているかをチェックしましょう。

目にかかる前髪はピンで留めておくと良いです。

もちろん茶髪や明るい色は厳禁です。

真っ黒すぎる髪型だと不自然になってしまいますので、地毛のような自然な色を目指すことをオススメします。

お辞儀する際に耳にかかる横髪は、直す際に面接官が気になってしまうので、横髪も前髪と同様にピンなどで留めるようにしましょう。

 

2.爪

華美ではなく、清潔に整えられているかをチェックしましょう。

マニキュアやネイルは業種によっては完全に禁止としている企業が多いので、なるべく避けた方が良いです。

マニキュアやネイルが無いと違和感を感じる場合は、清潔感があり、ナチュラルなデザインを選ぶようにしましょう。

 

3.服装

清潔感があって、健康的な印象であるかをチェックしましょう。

色は黒や紺、グレーが一般的です。

リクルートスーツを着ていると大人の社会人には見えず、仕事が出来るイメージを持たせることができないので、着用を避けることをオススメします。

女性スーツは、背中や肘などの可動部にシワが寄りやすいです。

鏡でシワなど細かい部分をしっかりと確認してから面接に臨みましょう。

パンツかスカートかは合否に響くケースは稀なので、自分や職場に合った方を選びましょう。

 

4.アクセサリー

結婚指輪以外を身に着けていないか確認しましょう。

ピアスやネックレスはもちろん、ブレスレットなどのアクセサリーは、どんなシンプルなものでも外すようにしましょう。

 

5.靴

綺麗に磨かれているか、かかとの減りすぎた靴でないかをチェックしましょう。

種類は黒のシンプルなパンプスで、ヒールは5cm程度が良いです。

ピンヒールやかかとが減りすぎた靴は音が鳴りやすいので着用を避けましょう。

ストッキングは肌の色に近い無地のベージュのものを着用し、伝線したとき用に替えのストッキングを持っておくことをオススメします。

 

6.かばん

華美でないか、くたびれていないかをチェックしましょう。

もらった書類を折らずに収納できるよう、A4サイズのシンプルなビジネスバッグが理想です。

素材は革でもナイロンでも問題ありません。

色は靴と同じ色、難しい場合は黒や紺などシンプルな色が無難です。

柄やブランドロゴが大きく入ったもの、トートバックやリュックは面接にそぐわないので避けましょう。

 

7.化粧

派手な色を使ったり、濃すぎたりしていないかをチェックしましょう。

普段よりもナチュラルメイクを心がけ、ベースメイクは自分の肌の色に近いものを選びましょう。

チークや口紅の色を合わせると、ナチュラルな仕上がりになります。

グロスや濃いアイメイク、つけまつげは、清潔な印象を与えるために避けることをオススメします。

 

ビジネスマナーを守り、清潔で健康的な印象を与えられることが大切です。

家を出る前に面接の前に鏡を見て、何回もチェックして万全な状態にしましょう。

 

結婚や入籍の採用判断への影響

女性は結婚や入籍後に出産などのライフイベントが起こりますが、中途入社は即戦力採用が前提なので、採用判断に影響する企業は少ないです。

ただし、すぐに出産休暇や育児休暇を取得する場合は、退職をする可能性があると懸念されてしまうので注意が必要です。

 

入籍前の転職がオススメ

入籍を予定している場合、転職活動を行うのは入籍前と入籍後ではどちらが良いのでしょうか?

入籍前に転職をすると、転職をして仕事に慣れたころに新婚生活を送れるので心に余裕を持つことができます。

 

一方、入籍後に転職をすると様々な手続きが済んでいるので、心機一転して仕事に集中することができます。

しかし、転職活動において「既婚」での応募となりますので、今後の出産などの予定によっては採用に繋がりにくくなる場合があります。

 

転職情報サイト「とらばーゆ」の30代の働く既婚女性1,000名を対象にした調査によると、結婚前のタイミングで転職しておいた方が良いと回答した女性が30%、結婚後の方が良いと答えた女性が19%という結果になっています。

  • 結婚前に職場に慣れておく方が、結婚後の生活がスムーズにいくと思うので
  • 結婚してからだと、産休・育児休暇取得までの会社への貢献期間が短く、周りに負担ばかりかけてしまう事になりかねないため
  • 独身のほうが、転職などにおいても身動きがとりやすいため

といった理由が挙げられています。

 

新しい職場でストレスを抱え、新婚家庭に帰ってきて、ささいなことが原因で旦那とトラブルを起こすといった事態は避けたいですね。

もし入籍を予定しているのなら新たなビジネスライフも新婚生活も上手くスタートできるために、転職をするなら結婚前の方が良いかもしれません。

 

現在は女性だから専業主婦でなければいけないという時代ではなく、結婚後も女性が活躍している企業や分野が多くある時代です。

結婚や入籍といった問題を打ち消すくらい、その会社を希望する前向きな理由や自身の強みをアピールすることが大切です。

 

転職エージェントを上手く活用しよう

女性が転職を決めた際には、転職求人サイトで検索するよりも

  • 面接などのサポートが充実している
  • 求人数が多い
  • 客観的に自分に合う職業を探してくれる

といった点で、転職エージェントを活用することをオススメします。

 

転職エージェントは大変多く、どのエージェントが良いのかわからなくなってしまうことが多いです。

このサイトで女性にオススメする転職エージェントは、上記に挙げた「女性に特化した転職エージェント」と求人数が圧倒的に多い「マイナビエージェント」「doda」などの大手転職エージェントです。

まずはじめに女性に特化した転職エージェントを1~2社、大手転職エージェントを1~2社に登録をして、最終的に良いと思ったエージェント1~2社に絞っていくという選び方をオススメします。

マイナビエージェント

非公開求人10万件以上、日本最大級の転職エージェントです。

 

doda

主に20代〜30代を対象にした、総合型転職エージェントです。全国規模で求人をカバーしており、その数は非公開求人も含めて10万件以上となっています。利用者の属性としては、第二新卒・既卒・フリーターから、ハイキャリア・管理職までが想定されています。

また、女性の転職に特化したページも用意されています。定期的に転職フェアやセミナーが開催されており、転職ノウハウや、キャリアアップのヒントなどを得ることができます。

BraveAnswer編集部では、キャリアに関するご相談を受け付けております。

  • 今後のキャリアが不安
  • 自分を変えたいが、何から始めたらいいかわからない

といった、具体的なアクションが明確でない人でも大歓迎です。

こちらより、お気軽にお問い合わせください。

 

BraveAnswer編集部が考える転職については「転職とは何か。」にまとめてあります。転職をする前に、そもそも転職とはなにか、考えてみてください。

 

BraveAnswerでは、皆様の転職エージェントの評価や感想を集めております。こちらのフォームに従って、感想を教えていただければ幸いです。ご協力のほど、よろしくお願い致します。

 

 

あわせて読みたい

カテゴリー