転職

ブラック求人を避けホワイト求人を紹介する転職エージェントに出会うには|業種、理由、特徴まとめ

せっかく転職を決断したのなら、転職エージェントにブラック企業の求人を紹介してほしくはないですよね。そもそも、ブラック企業の求人とホワイト企業の求人を紹介する転職エージェントの違いとは何なのでしょうか。この記事では、ブラック企業の求人とホワイト企業の求人を紹介する転職エージェントの見分け方、オススメの転職エージェント、ブラック企業とホワイト企業の見分け方についてまとめました。転職エージェントを選ぶ前に見て欲しい記事です。

ブラック求人の特徴

転職エージェントを利用する上で避けたいもの、それはブラック求人です。

 

ブラック求人とは、ブラック企業の求人のことです。

すなわち、労働環境が酷い企業の求人や、極端に雇用条件の悪い求人などのことと言えます。

 

転職するならブラック企業には転職したくないですよね。

ブラック求人の特徴は以下の通りです。

 

ブラック求人の特徴

  1. 年中求人を出している
  2. 未経験者歓迎!などのゆるい応募条件を謳っている
  3. 抽象的なPRが多い

 

上記のような特徴に当てはまる求人は要注意です。

 

1.年中求人を出している

年中求人を出しているということは離職率が高い証拠と言えます。

離職率が高い職場は、よくない事情があることが多いです。

 

例えば、

  • 勤務時間が長い
  • 激務である

などの理由から体力が続かない人が続出している。

 

もしくは

  • 給与が低く不満が多い
  • 会社の将来性が不安

などの将来への不安。

などが要因で離職率が高い可能性があります。

 

2.ゆるい応募条件

またゆるい応募条件というのも離職率の高さからくるものでしょう。

 

離職率が高いと、いつも社員が不足していることになります。

そのため、とにかく多くの社員を集めたいという希望が応募条件に影響してくるのです。

 

3.抽象的なPRが多い

抽象的なPRが多いというのは、アピールすべきサービスや商品、実績がないから、といった理由とも考えられます。

 

 

求人を見る際には上記の3点に気をつけて見ることをオススメします。

 

 

ブラック求人の多い業種

一般的に「ブラック」と呼ばれることが多い業種を以下にまとめました。

  1. 飲食業
  2. アパレル業
  3. IT業
  4. 建築業
  5. 不動産業
  6. 旅行業
  7. 広告業
  8. 介護等の業種

1.飲食業

休みが少なく、勤務体制が不規則な上、長時間労働になることが多いです。

そのためブラック認定されがちです。

 

実際ブラック企業と呼ばれる企業の中に、飲食業の企業が入っていることもあります。

 

2.アパレル業

低賃金ということで有名です。

また年間を通じて休日が少ないことが問題になりがちです。

 

土日祝日に休みを取れないことなどもあり、ブラックと呼ばれることもあります。

また、残業が比較的多めなようです。

 

3.IT業

IT業界は比較的給料も高く、休日の取れる仕事だと言われますが、残業が多いことで有名です。

 

納期が近くなるほど残業が増えるところが多いようです。

ただ、残業の程度も企業により差があります

 

4.建築業

建築業界は朝早くから仕事があります。

現場周りや事務所での事務作業など、朝早くから夜遅くまで仕事がたくさんあり、拘束時間が長いです。

 

5.不動産業

不動産業は案件一つひとつの価格がとても高く、契約成立にいたるのが難しい業種です。

ノルマがあることも多く、上司から怒られることも多い職場です。

 

長時間労働を行うことも多々あり、休みもあまり取れないため、非常に激務と言えます。

ただ歩合給の仕事もあるため、得意な人であればすぐ成果を出すことができます

 

6.旅行業

給料が安く、残業が多いです。

また旅行会社の場合は、契約の数で歩合給制を取っていることが多く、客対応もするため、非常にハードな仕事になります。

細かい手配などの仕事もあり、拘束時間が長いことが多いです。

クレーム対応や営業もあるため、非常にストレスが溜まってしまう職場のようです。

 

7.広告業

長時間労働による過労死など、労働時間が長いことでしばしば問題になります。

広告を取るための営業やプレゼンのための資料作りなど、たくさんの仕事をしなければならず、激務と言えます。

 

8.介護等の業種

介護系の仕事は、給料が低い上に残業がとても多い業種です。

また汚物の処理や人間の身体を扱う仕事なので、相当なストレスがかかります。

介護の業種は労働環境も整ってないと言われており、その労働環境の悪さからもブラックな業種と言えるでしょう。

 

以上が一般にブラックな求人の多いと言われる業種です。

ただ、ブラック求人が比較的多いというだけで、全てがブラック求人というわけではありません

業種だけで判断せず、企業の働き方をしっかりと見極めましょう。

 

 

転職エージェントがブラック求人を紹介する理由

転職エージェントが万が一ブラック企業を紹介してきた場合、その理由は何でしょうか。

 

転職エージェントを無料で利用できるのは、転職エージェントが求職者側でなく企業側からお金を取っているからです。

転職エージェントは企業からの求人を適切なキャリアの求職者に紹介し、転職後の求職者の年棒の一部を報酬として受け取っています。

 

そのため求職者のキャリアが低い場合、それに見合った求人しか紹介できないのです。

 

キャリアが低い場合は、応募条件のゆるいブラック求人が回ってしまうこともあります。

またタイミングによっては、エージェントが保有する案件が少ない場合など、あまりよくない求人が回ってくることもあります。

 

一方、エージェントの保有している求人自体がブラックである場合もあります。

メインクライアントがブラック企業の場合は、ブラック求人が必然的に多くなります。

 

紹介された求人が自分に合わなさそうな場合はしっかりと断りましょう

これが一番重要です。

 

 

ブラック求人ばかり紹介されてしまう求職者の特徴

ブラック求人ばかり紹介されてしまう求職者の特徴としては、前述したようにキャリアが低い人などが多いと言えます。

主にスキルや実績、経験がない新人がこれに該当します。

 

具体的には、

  • 営業経験のみ
  • 新卒1-3年目
  • 給料が安い

といった条件の求職者が狙われやすくなります。

 

こうした条件の求職者は、転職先を選ぶことに慎重にならなければいけません。

初回の転職でブラック企業を引き当ててしまうと、それ以降もブラック求人を紹介されてしまう悪循環が始まってしまうからです。

 

初任給の高さなどに惑わされずに、冷静に求人を選びましょう。

 

 

ホワイト求人を紹介してくれる転職エージェントの特徴

それでは今度は、ホワイト求人を紹介してくれるエージェントの特徴をまとめます。

  1. エージェントの数が多い
  2. ノルマが厳しくない
  3. 転職ノウハウがある
  4. 有給消化率や離職率を気にかけてくれる

1.エージェントの数が多い

エージェントの数はとても重要です。

1人が担当する数が増えれば増えるほど、1人にかけられる時間は減ってしまいます。

反対にエージェントの数が多いほど1人が担当する数は減ります。

エージェントの数が多いほど、エージェントの仕事の質が高くなると言えるのではないでしょうか。

 

2.ノルマが厳しくない

転職エージェントには、エージェントによって違いますがノルマがあります。

 

前述しましたが、エージェントは転職した求職者の年俸の一部が報酬として入ります。

そのため、エージェントには何人の転職が確定したか、売り上げはいくらか等のノルマがあります。

 

そのノルマの厳しさによってエージェントの余裕が違ってきます。

ノルマが厳しすぎるとエージェントが売り上げ確保に焦ってしまい、条件のゆるいブラック求人を進められる可能性があります。

 

そのためノルマが厳しくないことはかなり大切です

 

3.転職ノウハウがある

これは当たり前のように聞こえますが、大切なことです。

転職ノウハウのあるエージェント、つまり経験豊富で知識も多いエージェントが最高です。

転職について様々な面倒をみてもらうので、エージェントの経験値や知識は重要な判断ポイントと言えます。

 

4.有給消化率や離職率を気にかけてくれる

求人を紹介してくれる際にとても大事なことです。

有給消化率が低く離職率が高いところほど、ブラック求人と言えるでしょう。

そこを気にかけてくれるエージェントほど求職者のことをしっかり考えてくれていると言えますし、ブラック求人を紹介される確率も低いと言えます。

 

 

ブラック求人を避けるためにできるアクション

ここまで紹介してきたように有給休暇消化率や離職率の確認はブラック求人を避けるためにもとても有効なアクションです

その他にもブラック求人を避けるのに有効なアクションを紹介します。

  1. 会社四季報の確認
  2. 有価証券報告書の確認
  3. 求人サイトや他転職エージェントでダブルチェックする

1.会社四季報の確認

1つ目は会社四季報の確認です。

会社四季報とは、東洋経済新報社が年に4回発行する、上場企業の情報が載っている書籍です。

これには、各企業の基本情報や担当記者が徹底的に調べた会社の情報、客観的な業績予想などが書かれています。

ここでチェックすべきは

  • 3年後離職率が高い
  • 平均勤続年数が低い
  • 採用プロセスに抽象的な言葉が多い

の3点です。

他企業と比較した結果、上記した条件が当てはまれば、ブラック企業の可能性があります。

 

2.有価証券報告書を確認する

有価証券報告書とは、会社の概況から事業内容、営業状況、財務諸表まで多岐にわたる情報が盛り込まれている資料です。

上場企業は、各事業年度終了後3ヶ月以内に提出が義務付けられています。金融庁ホームページ、「EDINET」にて閲覧可能です。

 

ここでチェックすべきは「従業員の状況」です。

 

ここには従業員数や平均勤続年数等が載っています。

平均年齢から平均勤続年数を引くと平均入社年齢がでます。

これが非常に有効な数値です。

 

この数字で、企業が新卒採用メインか中途採用メインかだいたいわかります。

中途採用メインの場合は「ブラックかもしれない」という要素として捉えることができます。

 

ただ、この数値だけではブラックと決めつけるのは早いです。

また、業種によって水準が異なるので、同業種で比較することが重要です。

 

3.求人サイトや他転職エージェントでダブルチェックする

もう1つの有効な手段として、求人サイトや他転職エージェントでのダブルチェックという手段があります。

紹介された求人をひとまず求人サイトで確認してみたり、他のエージェントに聞いてみたりすれば、複数の視点からの情報を得ることができ、より客観的な情報に近づくことができます。

転職エージェント 詳細
パソナキャリア 大手転職エージェントの一角。丁寧なサポート体制。
ワークポート 転職決定人数部門で4回連続1位を獲得したことがある。IT系や未経験からのキャリアチェンジに強い。
type転職エージェント 非公開案件約80%。転職した人の約71%が年収アップに成功している。首都圏在住の方におすすめ。
JACリクルートメント(ジェイエイシーリクルートメント) 外資系企業の転職に特に強い、ハイキャリア向けの総合型転職エージェント。
リクルートエージェント 非公開求人10万件以上。日本最大級の転職エージェント。
doda(デューダ) 求人数10万件以上(日本最大級)。doda限定の求人も。

 

他のサイトやエージェントに出てこない場合は、逆に良い案件の可能性が高まると言えます。

そうした場合も念のため会社四季報と有価証券報告書を確認しましょう。

 

 

ブラック求人とホワイト求人を紹介するエージェントの比較

最後に本記事内容を表にまとめました。

ブラック求人を紹介する転職エージェントと、ホワイト求人を紹介する転職エージェントの比較は以下の表の通りです。

 転職エージェント ホワイト求人多め ブラック求人多め
エージェントのノルマ 厳しくはない 厳しい
エージェントの数 多い 少ない
転職先企業の数値まで気をかけてくれる ×
抽象的なPR 少ない 多い
内定など意思決定を急かされる ×

上記の点に注意してエージェントを選びましょう。

まずは、大手や実績のある転職エージェントに複数登録して、比較してみることをおすすめします。

転職エージェント 詳細
パソナキャリア 大手転職エージェントの一角。丁寧なサポート体制。
ワークポート 転職決定人数部門で4回連続1位を獲得したことがある。IT系や未経験からのキャリアチェンジに強い。
type転職エージェント 非公開案件約80%。転職した人の約71%が年収アップに成功している。首都圏在住の方におすすめ。
JACリクルートメント(ジェイエイシーリクルートメント 外資系企業の転職に特に強い、ハイキャリア向けの総合型転職エージェント。
リクルートエージェント 非公開求人10万件以上。日本最大級の転職エージェント。
doda(デューダ) 求人数10万件以上(日本最大級)。doda限定の求人も。

 

また、エージェントを選んでからも、ホワイト求人とブラック求人を見分けることも必要です。

 

ホワイト求人とブラック求人に多い特徴は以下の表の通りです。

 求人 ホワイト求人 ブラック求人
離職率 低め 高め
有給消化率 高い 低い
採用プロセスに抽象的文句 少ない 多い
業種内で比較的中途採用が多い 少なめ 多め

上記の事項に注意して求人を選びましょう。

比較する際に大切なのは、情報を客観的に、同業種内で比較するということです。

 

すべての人がまず登録すべき転職エージェント

すべての人がまず登録して間違いないのが「大手総合転職エージェント」です。求人の量・質ともに充実しているのが以下の大手転職エージェントです。

パソナキャリア

大手転職エージェントの一角で、丁寧なサポート体制です。

パソナキャリアについては、パソナキャリアを徹底解説!特徴、デメリット、おすすめの人は?にさらに詳しく紹介しています。

大手転職エージェントは求人の量・質が多い反面、登録している転職希望者が多いので競争が激しくなるという一面もあります。

最低でも3~4社登録しておくと安心です。

 

リクルートエージェント

非公開求人10万件以上、日本最大級の転職エージェントです。

リクルートエージェントについては、リクルートエージェントはどんな転職エージェント?評判は?利用すべき?にさらに詳しく紹介しています。

 

doda(デューダ)

主に20代〜30代を対象にした、総合型転職エージェントです。全国規模で求人をカバーしており、その数は非公開求人も含めて10万件以上となっています。利用者の属性としては、第二新卒・既卒・フリーターから、ハイキャリア・管理職までが想定されています。

また、女性の転職に特化したページも用意されています。定期的に転職フェアやセミナーが開催されており、転職ノウハウや、キャリアアップのヒントなどを得ることができます。

dodaについては、doda(デューダ)とはどんな転職エージェント?にさらに詳しく紹介しています。

 

マイナビエージェント

主に20代〜30代を対象とした総合型の転職エージェントです。全国の求人をカバーしており、特に優良な中小企業の求人を多く扱っています。求人票だけでは分からない、企業の社風や雰囲気、入社後のキャリアパスといった情報を網羅しており、後悔のない転職を実現させる手助けをしています。また、第二新卒や女性に特化した転職情報が載っているサイトもあります。

マイナビエージェントについては、マイナビエージェントを徹底解説!特徴、サポート、求人、登録や利用法まとめにさらに詳しく紹介しています。

 

今までの職務経歴に自信のない方におすすめの転職エージェント

大手では扱っていない案件も多く扱っている転職エージェントをご紹介します。登録者数が大手よりも少ないので、穴場的な求人に出会えることもあります。また、内定・入社後にもアフターフォローがあるなどキャリアアドバイザーの対応もきめ細かいという特徴もあります。

大手と一緒に登録することで効果を発揮する転職エージェントです。

 

type転職エージェント

非公開案件約80%です。転職した人の約71%が年収アップに成功しているエージェントですが、首都圏在住の方限定です。

type転職エージェントについては、type転職エージェントの特徴は?評判と口コミ!にさらに詳しく紹介しています。

 

ワークポート

転職決定人数部門で4回連続1位を獲得したことがあり、IT系や未経験からのキャリアチェンジに強みがあります。

ワークポートについては、ワークポートを徹底解説!転職エージェントはどこを利用すべき?にさらに詳しく紹介しています。

 

今までの職務経歴に自信がある人におすすめの転職エージェント

大手転職エージェントでも扱わないようなハイキャリア向けの案件を多く持った転職エージェントもあります。今後海外も視野に入れたキャリアアップを目指す方には積極的におすすめしたい転職エージェントです。

 

JACリクルートメント(ジェイエイシーリクルートメント)

主に20代〜30代のハイキャリア・管理職に就いている人を対象にした、総合型転職エージェントです。全国の求人をカバーしており、特にコンサルや外資系企業に力を入れています。高品質のハイキャリア案件を多く扱っているため、更なるキャリアアップを狙うことができます。また、面接対策やキャリア面談をしてくれるコンサルタントの質の高さにも定評があります。

JACリクルートメントについては、JACリクルートメント(ジェイエイシーリクルートメント)を徹底解説!特徴やメリットとデメリットは?にさらに詳しく紹介しています。

 

あなたの適正年収はいくら?

もし今後年収をあげていきたいと感じているなら、まずはご自身が今どれくらいの市場価値(=適正年収)があるのかは気になるところです。

ご自身の適正年収を知るには転職エージェントに相談してみるのもいいでしょう。転職市場の中でのご自身の可能性を適正に判断してくれます。

ただ、転職エージェントにも相性があります。担当の力量によって転職が左右されるともいわれています。自分に合ったエージェントに会うためにも、複数の転職エージェントに登録するのがおすすめです。

 

 

BraveAnswer編集部では、キャリアに関するご相談を受け付けております。

  • 今後のキャリアが不安
  • 自分を変えたいが、何から始めたらいいかわからない

といった、具体的なアクションが明確でない人でも大歓迎です。

こちらより、お気軽にお問い合わせください。

 

BraveAnswer編集部が考える転職については「転職とは何か。」にまとめてあります。転職をする前に、そもそも転職とはなにか、考えてみてください。

 

BraveAnswerでは、皆様の転職エージェントの評価や感想を集めております。こちらのフォームに従って、感想を教えていただければ幸いです。ご協力のほど、よろしくお願い致します。

 

 

あわせて読みたい