【おすすめ】転職エージェントの複数利用。そのメリットは?注意点とは?

転職エージェントは同時に複数利用することをオススメします。複数利用できれば、「自分に合ったエージェントを見つけられる」「求人の幅が広がる」「複数の担当者と相談できる」といったメリットがあります。複数利用を隠したり、同じ求人に複数エージェントから応募したりすると大きな揉め事に繋がるので注意が必要です。この記事では、転職エージェントを複数利用するメリット、デメリット、転職エージェントを複数利用するときの注意点をまとめました。

転職エージェントは複数利用可能か?

転職エージェント,複数利用

転職エージェントを掛け持ちすることは失礼だ、申し訳ないと思っている方が多いのではないでしょうか?

 

結論から言いますと、複数利用することは全く気にする必要はありません。

エージェントに複数利用していることを伝えることで、フットワークが上がり、転職支援のスピードや質を上げることに繋がります。

 

転職者のほとんどが複数の転職エージェントを利用

情報サイト「現役敏腕エージェントが語る転職のすべて」によると、ベテランの転職エージェントであれば、同時利用を「浮気」と解釈する方はいないです。

浮気と取られたり、見るからに怪訝そうな表情をするエージェントが担当になっているのであれば、それは未熟なアドバイザーなのですぐに担当を変更した方が良いです。

 

転職サイト「リクナビNEXT」によると、転職エージェント利用社数は全体で平均2.1社です。

つまり、転職者のほとんどは2つ以上の転職エージェントを同時に利用していることになります。

 

その理由はいったい何なのでしょうか?

次の項目で複数利用のメリットについて詳しくご紹介していきます。

 

 

転職エージェントを複数利用するメリットは?

転職エージェント,複数利用

転職エージェントを複数利用するメリットは以下の5つに分けられます。

  1. 最適な転職エージェントを選択できる
  2. 用途や目的に応じてエージェントを使い分けられる
  3. 非公開求人を多くカバーできる
  4. 応募できることを広げることができ、選択肢の幅が広がる
  5. 様々な視点からアドバイスが受けられる

1.最適な転職エージェントを比較・選択できる

複数の転職エージェントと面談することによって、他のサービスと比較して自分に最適な転職エージェントを選ぶことができます。

 

1社にしか登録をせずに転職活動を進めた場合、他のエージェントと比較できません。

比較がされないので、担当が優秀でないときには、それとわからないまま進んでしまうかもしれません。

 

相性が悪かった場合には活動を中断して

  • 他の担当に交替する
  • 次のエージェントに登録する

といった処置を取らなければいけないので、多大なタイムロスに繋がってしまいます。

 

また、同じ求人でも経由エージェントの違いだけで選考結果が変わってしまうこともあるので、複数のエージェントの比較することをオススメします。

 

2.用途や目的に応じてエージェントを使い分けられる

転職エージェントを複数利用することによって、1社だけだと受け取れないサービスを他のエージェントで補うことができます。

 

各エージェントには

  • 求人の量が多い
  • 面接対策が充実している
  • 業界専門知識が豊富

などの強みがあります。

 

複数の転職エージェントを利用することによって、それぞれのエージェントの得意とするサービスを同時に利用できるということです。

一般的に言われている評判の大手転職エージェントの強みまとめると、以下のようになります。

強み 転職エージェント
求人の量 リクルートエージェント
DODA
面接・応募書類対策 パソナキャリア
JACリクルートメント
業界専門知識 リクルートエージェント

転職エージェントごとに得意とするサービスがありますが、担当によって質が異なるので登録社を増やしてサービスを比較してみると良いです。

 

3.非公開求人を多くカバーできる

転職エージェントを複数利用すると、エージェントそれぞれが独占的に持つ非公開求人をより多く探すことができます。

 

非公開求人とは、

  • 競合他社に動きを察知されたくない
  • 応募が殺到するのを防ぎたい
  • 自社内でも内密にしたい

といった理由により、企業が得意先の転職エージェントだけに頼むことで発生する案件です。

 

非公開求人は一般公開されないので、自分で求人を出す転職サイトからでは見つけ出すことができません。

企業側は少しでも登録者の多いエージェントに依頼することが多いので、大手転職エージェントに集中する場合が多いです。

大手エージェントを複数利用すると、非公開求人を見つけるチャンスが広がるということですね。

 

4.応募できる求人を広げることができ、選択肢の幅が広がる

転職エージェントを複数登録すればするほど、母体となる案件が増えるので、求人の選択肢が広がることになります。

大手転職エージェントに1社登録すればほとんどの求人をカバーできると考える方が多いのですが、大手エージェントでも1社でカバーできる求人は限られています。

 

大手転職エージェントはコンサルティング料金が高いといった理由で、料金の安い中小の転職エージェントに求人をだしている企業もあるからです。

特にベンチャー企業や中小企業などは中小のエージェントに求人を依頼している場合が多いです。

 

ある転職エージェントに登録しても自分に合う求人がなかったが、複数利用することで希望通りの会社を見つけることができたといったケースもあります。

選択肢の数を増やしたいと考える方は、複数の転職エージェントに登録することをおすすめします。

 

5.様々な視点からアドバイスが受けられる

経験値や考え方が違う複数のキャリアアドバイザーと面接することによって、当然得られる情報が増えるからです。

 

様々な情報の掛け合わせで、新たな自分を見つけられるかもしれません。

多種多様な意見を聞いても混乱せずに意思決定できる方にとっては、様々な視点からアドバイスを受けることで、より満足度の高い転職活動にすることができるでしょう。

 

 

転職エージェントを複数利用するデメリットは?

転職エージェント,複数利用

転職エージェントを複数利用することは多くのメリットがありますが、人によってはデメリットも存在します。

転職エージェントに複数登録するデメリットは大きく分けると以下の3つになります。

  1. 面談に時間や手間がかかる
  2. 応募手続きや日程調整のやり取りが複雑になる
  3. 複数のエージェントからの情報で混乱してしまう

1.面談に時間や手間がかかる

転職エージェントに複数登録すると、登録すればするだけ比例的に面談の回数が増えてしまいます。

時間がない中で転職活動をしている人にとってはデメリットに感じるでしょう。

 

解決策として

  • 電話面談
  • スカイプ面談
  • 出張面談

など、初回の面談を簡素化してくれるケースがあるので、時間がうまく取れない方は活用してみると良いでしょう。

 

電話やスカイプでも面談が可能なエージェントもありますが、

  • 信頼関係ができる
  • 求人の細かな情報がその場で聞ける
  • 担当との相性を測りやすい

といったメリットがあるので、できる限り直接会って面談することをおすすめします。

 

2.応募手続きや日程調整のやり取りが複雑になる

転職エージェントを複数利用すると、求人の応募手続きや面接の日程調整を、エージェント毎に対応していかなければならなくなります。

現職で働きながら転職活動を進める場合は、よりやり取りが複雑になってしまいます。

 

1社の転職エージェントから複数企業に応募した場合は日程をうまく調整してもらえますが、複数エージェントから同時に複数企業に応募した場合は、日程を自分で調整することが必要です。

面談の日程を組む時に、1社からの連絡が来ないと別のエージェントとの日程調整がしづらいなど、複雑な状況に陥ることも出てきます。

 

スケジュール管理が苦手・面倒な人にとってはデメリットになるでしょう。

 

転職用に手帳を新調したり、転職エージェントごとにメールのフォルダを分けたりと、工夫して自己管理できると良いですね。

 

3.複数のエージェントからの情報で混乱してしまう

複数のエージェントから様々な情報や意見を聞くことができるのは良いことなのですが、あまりに聞きすぎると今度は何が正しいのかがわからなくなってしまいます。

それぞれの転職エージェントでは自分の会社で行ってることが正しいと考えられています。

よってエージェントはその会社の考えからあまり逸脱したことはできないので、他のエージェントとは違った意見がどうしても出てきてしまうのです。

 

自分自身で正しい意思決定ができる方であれば問題がありませんが、意志が弱く、色々な他人の意見やアドバイスを聞いて混乱しやすい方はデメリットになる恐れがあります。

担当アドバイザーはプロですが、間違ったアドバイスをしてしまうこともあるので、自身の性格ややりたいことをよく考えて判断すると良いです。

 

 

転職エージェントを複数利用するときの注意点やアドバイス

転職エージェント,複数利用

複数の転職エージェントを上手く使いこなすために、注意点やアドバイスがいくつかあります。

このサイトでは大きく分けて以下の4つのことを紹介していきます。

  1. 複数利用していることを隠さない
  2. 同じ求人に複数エージェントから応募しない
  3. 連絡、報告を早めに行う
  4. 選考スケジュールを合わせて活動をする

1.複数利用していることを隠さない

転職エージェントの複数利用することは全く悪いことではありません

複数利用しているエージェントに申し訳ないと感じ、黙っていると逆に問題が起こってしまいます。

 

例えば、すでに選考が進んでいる企業を違うエージェントからすすめられることがあります。

この場合に複数利用していることを隠して答えを曖昧にすると、

  • こういった求人は希望しないのだろうか
  • 転職する意志がないのだろうか

と思われてしまい、次に好条件の案件が来たとしても紹介されなくなってしまいます。

 

正直に複数利用することを伝えておけば、他社の案件を考慮してスケジュールを調整してくれます。

さらに、エージェント担当者は求職者の転職を成功させて報酬を得たいと考えるので、ライバルのエージェントがいると分かれば、よりスピーディーに対応してくれると考えられます。

他社と応募する案件を被らせないためにも、事前に複数利用していることを報告しておきましょう。

 

2.同じ求人に複数エージェントから応募しない

複数のエージェントを利用していると、同じ企業の求人を同時に紹介される場合がありますが、もし既に応募をしている場合、他のエージェントからの応募はできません。

 

同じ求人に複数エージェントから応募してしまうと、最終的にどのエージェントから内定を出すかを巡って、それぞれのエージェントと企業の中で大きな揉め事が起きる恐れがあります。

双方の転職エージェントにも、企業にも悪い印象を与えてしまうので、同じ求人案件に複数エージェントを経由して応募するのはやめましょう。

 

エージェントからの応募と求人サイトからの直接応募も同時にすることができないので、注意しましょう。

 

3.連絡、報告を早めに行う

複数のエージェントとコンタクトを取り合うことになりますが、進捗などの連絡、報告は定期的にスピーディーにするようにしましょう。

転職エージェントは、レスポンスが早い人に条件の良い求人を優先的に紹介します。

 

エージェントに連絡、報告をしなかったり、遅くなったりしてしまえば迷惑を掛けますし、良い求人を紹介されなくなってしまいます。

良い条件の求人が紹介されなくてはエージェントを複数登録している意味がなくなってしまうので、スケジュール管理をきちんと行ってスピーディーに連絡、報告をするようにしましょう。

 

内定が出たあとには、内定が決まったエージェントとは別のエージェントに報告をすると良いです。

結果を重視して、今後のキャリアよりも内定することを優先している恐れがあるからです。

慎重になりすぎかと思われるかもしれませんが、人生を左右することなので、これくらいが丁度良いです。

 

4.選考スケジュールを合わせて活動をする

複数の転職エージェント利用する場合、面接、応募などの選考スケジュールを合わせて活動すると転職活動をスムーズに進めることができます。

 

選考スケジュールを複数エージェントで合わせれば、「第一希望と第二希望の選考に落ちたから、第三希望の内定を受諾しよう」といった判断ができます。

逆に、第二希望の企業に内定が決定して1週間以内に内定するかを決めなくてはいけないが、第一希望の企業にまだ応募できていないとなると、第一希望の企業の結果を見てから判断するという選択ができなくなります。

 

このように選考スケジュールを合わせなければ、自分の選択肢を狭めてしまうことになるのです。

思った通りの選択を可能にするためにも、選考スケジュールを出来るだけ合わせるようにすると良いです。

 

 

転職エージェントを複数利用する場合のおすすめパターン

転職エージェントに複数登録する場合、いったいどんな特徴のエージェントにどのくらい登録すれば良いのでしょうか?

 

転職サイト「リクナビNEXT」によると、転職決定者の転職エージェント利用社数は平均4.2社です。

つまり、転職に成功している方は平均して4社程度のエージェントを併用しているということです。

 

まずはじめに4~5社程度の転職エージェントに登録し、そこから2~3社に絞っていくことをおすすめします。

それ以上登録すると手間が多くなってしまい、どこの転職エージェントに対しても中途半端になってしまう可能性があるので注意してください。

 

それでもまだ不安がありましたら、担当コンサルタントとの相性が悪い恐れがあります。

担当コンサルタントが合わないと感じたら、すぐに変更してもらうようにしましょう。

 

転職エージェントは、

  • 総合型転職エージェント:求人が豊富
  • 特化型転職エージェント:目的別に求人を絞っている

の2つに分けられます。

 

それぞれのタイプでメリット・デメリットがあるので、置かれている状況に合わせて

  • 希望業界・職種はあるが、まだ決めかねている方→総合型3つ+特化型1つ
  • 希望業界・職種はあるが、まだ決めかねている方→総合型2つ+特化型2つ
  • 希望業界・職種がすでに決まっている方→総合型1つ+特化型3つ

といったように、総合型や特化型を組み合わせて併用することをおすすめします。

 

 

転職エージェントは複数利用すべき?

転職エージェントを複数利用することは、デメリットを抑えて上手く利用すれば転職に有利な点が多いです。

先ほども示しましたが、転職サイト「リクナビNEXT」調査によると、転職に成功している方は平均4.2社の転職エージェントを併用しています。

他の転職情報サイトでもほとんどのサイトで2~4社のエージェントの併用をおすすめしています。

 

エージェントの登録にかかる費用は無料であるので、まずは2~3社ほど登録してみて様子を見ながら利用するエージェントの増減を考えると良いでしょう。

どの企業に登録する際にも「良い企業があったらすぐにでも就職したい」と言っておくことをおすすめします。

すぐに売上に繋がると考えられ、優先順位をあげて対応してくれますよ

 

BraveAnswer編集部では、キャリアに関するご相談を受け付けております。

  • 今後のキャリアが不安
  • 自分を変えたいが、何から始めたらいいかわからない

といった、具体的なアクションが明確でない人でも大歓迎です。

こちらより、お気軽にお問い合わせください。

 

あわせて読みたい

カテゴリー