運動

ライザップのトレーニングについて徹底解説|きつい?食事制限はなぜ必要?

ライザップのトレーニングでは特別なトレーニング器具を使いません。使うのはごくごく一般的なものです。ライザップではパーソナルトレーナーがつき、食事制限から徹底的に管理してくれます。食事制限に加えてトレーニングが必要なのは、基礎代謝をあげるためです。この記事では、ライザップ式トレーニングについてまとめました。

ライザップの無料カウンセリングはこちら!

ライザップ式トレーニングの基本

ライザップではまずトレーニングに入る前に、お客様がなぜライザップをやるのか深掘りします。

つまり、目的を明確化させるのです。

なぜ痩せたいのか?なぜ筋肉をつけたいのか?など、ライザップを行う前に「なぜ」をぶつけます。

 

その後、目的を明確化させた上で、パーソナルトレーナーと一緒に目標を立てます。

◯kgまで減量して、体脂肪率を◯%まで減らす、という具合に、目標を決めます。

 

そして、日々の成長を記録します。

また、ライザップではライザップtouchというライザップ専用のアプリを使用し、目標に対する現状を図を用いて把握します。

まずライザップをする上でこれらが前提となります。

 

また、迷ったらトレーナーに相談するというのもライザップ式トレーニングの基本です。

必ずしも計画どおり、目標通りにいかないので、迷ったらトレーナーに相談してみましょう。

相談することで、方向修正を一緒に考えてくれます。

 

 

ライザップ式トレーニング、具体的に使う器具は?

ライザップでは多くのトレーニング器具を使うわけではありません。

また、ライザップだから特別なトレーニングマシンを使うというわけでもありません。

トレーニングマシン等はごくごく一般的なものです。

ライザップで主に使うのは、いわゆるバーベルとダンベルです。

バーベル

バーベルとは鉄の棒で、両端に円盤状のおもりをはめ込んむことができます。

バーベルはベンチプレスでよく使われる器具で、胸周りや肩周りを鍛えることができます。

ダンベル

ダンベルは片手で持つのが基本です。

ダンベルも重量を変えることができるようになっているので、各自に合わせたトレーニングが可能です。

 

 

なぜ食事制限に加えてトレーニングが必要なのか?

ライザップで特徴的なのは、徹底した食事制限です。

アプリやトレーナーの指導によって食事の栄養バランスを管理していますが、食事制限に加えてトレーニングが必要なのには理由があります。

 

それは、基礎代謝をあげるためです。

筋肉量が増えれば、基礎代謝も高くなります。

 

基礎代謝とは、何も運動をしていなくても生命活動を維持するために勝手に行われる活動に必要なエネルギーのことです。

つまり、カロリーを消費してくれるのです。

 

このときに、基礎代謝と1日の行動で消費するカロリーの足した分を大きく上回るカロリー量を摂取していたら、摂取カロリーが蓄積されて太ってしまいますよね?

 

トレーニングを重ねることで筋肉量を増やし、基礎代謝をあげ、食事制限でカロリーを制限します。

そうすることで、1日で摂取したカロリーよりも1日で消費するカロリーが多くなるので、痩せることができるというわけです。

したがって、食事制限のみでなくトレーニングを積むことで基礎代謝をあげることが大切なのです。

 

 

トレーニングメニューの決め方は?

ライザップは完全個室プライベートジムです。

トレーニングメニューは、個人に合わせてプログラムを組んでいきます

したがって、トレーニングメニューは各個人ごとに変わります。

 

ライザップ入会時に設定した目標や方向性に合わせて、トレーナーがトレーニングメニューを決めてくれます。

ここでいう方向性とは「腹筋を割りたい」「全体的に身体を絞りたい」「パンプアップしたい」などです。

筋肉量からどれくらいの重さがあがるのかトレーナーの方が想定してくれて、負荷量を決めてくれます。

 

例えばスタンダードコースの場合、主に週2回、1回50分でトレーニングを行います。

ライザップ式トレーニングでは、片方の日は上半身のトレーニング、もう片方の日は下半身のトレーニングを中心に行います。

例えば火曜日に上半身中心のトレーニングを行ったら、金曜日は下半身中心のトレーニングを行うといった具合です。

こうすることで、筋肉をしっかりと休めることができ、効率よく筋肉を増やすことができるのです。

これもライザップ式トレーニングの特徴です。

 

 

トレーニングはきつい?

Brave answer編集部のメンバーが実際にライザップのトレーニングを体験した感想は、「とにかくツライ」でした。

体験者によると、一人では挫けてしまうようなツラさを感じるようです。

とにかくトレーニングがツラくて1人では投げ出したくなってしまい、今日はいいやと思ってしまうのです。

だからこそ、各個人にパーソナルトレーナーが付き、しっかりと寄り添ってくれるのが心の支えになるのです。

 

ライザップは、食事制限に目が向き、なかなかトレーニング内容までは世間の目が向かないようですが、食事制限よりトレーニングの方が圧倒的にツライという意見を持った人もいます。

理想や目標を達成するためには、きついトレーニングという壁を乗り越えないといけないということですね。

 

 

抜かりないからこそ

ライザップはパーソナルトレーナーがついて、徹底的にトレーニングから食事制限からサポートしてくれます。

前述したとおり、トレーニングは本当にツラく諦めたくなるほどです。

しかし、トレーナーが抜かりなくサポートしてくれるからこそ、ほとんどの人が「結果にコミット」できるのです。

 

ライザップ総まとめはこちらからご覧いただけます。

ライザップの無料カウンセリングはこちら!

あわせて読みたい

カテゴリー