30代の転職、成功率は?未経験でも可能?資格は強みになる?

転職

代の転職成功率は約43%で毎年上がっています。未経験業種への転職難易度は極めて高いですが、人気企業や大手企業にこだわなければチャンスはあります。資格は状況によっては強力な武器になります。関連記事に転職の最初の検討タイミングは27歳とご紹介しましたが、それ以降の年代でも転職に成功する人は多くいます。この記事では30代の転職の成功率、未経験の業種についてや資格を強みになるかをご紹介します。(監修: 株式会社キープレイヤーズ代表取締役 高野秀敏氏)

30代の転職、成功率は?

shutterstock_173451509

総務省統計局の平成24年度調査によると日本の転職希望者は年間約691万人で、そのうち30代は191万人います。

全体の約30%を30代が占めています。

転職検討層まで含めると、30代は多くの人が転職を検討する時期といえます。

同調査で平成24年度の転職者数をみると30代は82万人です。希望者191万人のうち、約43%が転職に成功しているのです。

総務庁の同調査によると、平成9年から24年までの30代の転職成功率の平均は約39%で、ここ数年は上昇傾向にあります。

20代の転職成功率は約50%ですので、30代よりも20代のほうが成功率は高いといえます。

 

30代の転職は未経験でも可能?

shutterstock_276160298

同じ業種への転職であれば企業側も即戦力として計算できるので、転職はしやすいです。

ただ、未経験の業種となると難易度は一気に高まります。

新卒入社であれば30代は入社8年以上経過し、企業や業界での習慣が身についています。

1から覚えなくてはいけないことがたくさんあるのもそうですが、これまでの成功体験に縛られて、知識ややり方を捨てることへ抵抗がある人もいるでしょう。

20代よりも新しいことへの吸収力は下がっていると判断されることも多く、年齢が理由で採用をためらう面接官もいます。

可能性は高くないかもしれませんが、その状況下でも転職を成功させるためには、以下を明確にしておくことがポイントです。

30代で異業種への転職を成功させるためのポイント

  • 異業種へ挑戦したい思い
  • これまでのキャリアを転職先でどう活かせるのか
  • その仕事に就くために今どんな努力をしているか

唯一、未経験職種への転職を歓迎してくれるのはスタートアップ界隈の企業です

給与はいまよりも下がることがほとんどですが、能力さえあれば未経験職種への転職でも歓迎する環境や土壌が整備されています。

業界特有の知識や、経験とともに蓄積してきたナレッジは、転職するとほとんどのケースで役に立たなくなります。

しかし、これまでのキャリアで培ってきた仕事の進め方やコミュニケーションの仕方など、ベーシックなスキルは転職後も使えます。

また、未経験で大企業や人気企業の面接を受ける際、面接官に「アルバイトからはじめてみるのはどうですか?」と言われたら即答でYesがいえるように準備しましょう。

そこまでの覚悟がなければ、未経験の業界、職種への転職は、考えなおした方がいいかもしれません。

 

30代の転職で資格は強みになる?

shutterstock_135608927

転職したい先が

  • 「採用に積極的な企業・業界」なのか、
  • 「質の高い人材がいれば採用をする企業・業界」なのか

によって資格に対する捉え方は異なります。

採用に積極的な企業・業界なのであればすぐにでも人手が欲しいのが実情です。

関連する資格は、入社後に取得させてくれるケースもありますので、あえて入社前にとらない計画を立てるのも戦略の一つといえます。

質の高い人材がいれば採用するスタンスの企業・業界なのであれば、入社前に資格を取得することがアピールポイントになります。

一般的にこのような企業や業界は人気があり、転職希望者からの応募や問い合わせが常時来ていることが想定されます。

その中で目立つための1つの手段が、資格の取得なのです。難しい資格であれば尚良いです。

30代、まったくの未経験から経理の仕事がしたい場合、何の資格もないAさんよりも独学で簿記2級を取得してきたBさんの方が転職確率は高いです。

ただし、難しい資格を取得したからといって、謙虚さは忘れないようにしてください。

新しい仕事での実務経験が無い事実は変わらないからです。

企業に「難しい資格を事前に取得した事実に熱意は感じるが、それを鼻にかけていて傲慢な印象を受ける」と思われたら、内定は出ないケースがほとんどです。

注意をしてくださいね。

資格を取るなら、前職を辞める前に取得することがオススメです。転職活動では無職の期間を作らない方がいいからです。

 

30代の転職はしやすいが未経験は厳しい戦いになる

shutterstock_304623518

この記事を読んだ方へオススメのアクションアイテムは

将来のキャリア計画を明確にする

未経験の転職をするのであれば1日でも早く転職活動を進める」です。

30代は仕事に順応しているので、中盤までは特に転職市場においての人気銘柄です。

未経験の転職をしたいのであれば、望みは薄いことと、年齢が高くなればなるほど転職は難しくなっていくことをあらかじめ念頭においてからスタートしてください。

  • 「本当に業種を変えてもいいのか」
  • 「なぜ未経験の業種に挑戦したいのか」
  • 「今の業種のどこがいけないのか」

などを明確にしてみることで、自分が欲していることが見えてきますよ。

状況によっては資格で自分の能力をアピールしながら、納得のいく転職活動を行ってくださいね。