イベント

「処世術 -良質な人間関係を作り出す方法-」ブレイブアンサープレイス【第2回】

1983年生まれ東京都在住。青山学院中等部・高等部卒。 慶應義塾大学総合政策学部にて、国際政治学を専攻。 卒業論文で学部優秀論文賞(SFC AWARD)受賞。 2006年住友商事に入社し、海外駐在を含めた実務経験から 様々なビジネスの知見を得る。 現在、歴史を軸にしたコンテンツ作成者として活躍中。 冷徹な分析力で現代社会とビジネスを診断する。
2017年5月12日、当メディア「BraveAnswer」を運営するアクトデザインラボ社オフィス(東京都中央区人形町)にて、第2回ブレイブアンサープレイスが開催されました。今回は、歴史勉強会などを開催している李東潤(りとんゆん)さんにご登壇いただき、コミュニケーションについてお話いただきました。なぜミスコミュニケーションが起きるのか、どうすれば解決できるのかなど、歴史的な出来事も交えて解説いただいています。徳川家康からユリウス・カエサルまで盛り沢山です。ブレイブアンサープレイスについて詳しくまとめた第1回の記事と合わせてご覧ください。

コミュニケーションとは?

今回のBraveAnswerプレイスは、参加者同士の自己紹介から始まりました。

初めて顔を合わせた人も多かったですが、参加者同士で積極的に自己紹介しています。

実はこの自己紹介と他己紹介には、李さんが考える「コミュニケーションとは何か」を理解するための秘密が隠れていました。

そもそもコミュニケーションの目的とは何でしょうか。

李さんは、コミュニケーションの定義からコミュニケーションの目的を説明してくださいました。

 

 

大きな組織は目的を共有しがたい

コミュニケーションするときに情報を伝える相手は1人とは限りません。複数の場合もあります。

例えば会社などの組織。

会社という組織は、何かの目的を共有している集団のはずです。しかし、この目的の共有がうまくできていない場合があります。

人数が多くなると、なぜ共有が難しくなるのでしょうか。

それは、集団におけるコミュニケーションの質に問題がありました。

実はこの問題は、この後ご説明頂く3つの要素で解決することができます。

 

コミュニケーションの問題は昔からあります。歴史からこれらの問題を解決する要素を抜き出すことができるのです。

 

 

明暗を分けた楊貴妃の夫と名君

中国、唐の時代に、玄宗という皇帝がいました。世界3大美女に数えられることもある楊貴妃とのラブロマンスで有名な人物です。

玄宗皇帝はあるミスを冒してしまったために、安禄山という人物に反乱を起こされてしまい、唐は一時滅亡の危機にさらされました。

 

玄宗皇帝と同じ唐の時代に、玄宗皇帝とは対象的にこのミスを侵さなかった人物がいます。

太宗という皇帝です。太宗は部下から信頼の厚い人物でした。

この対象的な玄宗と太宗に、コミュニケーションのヒントがあります。

実は2人共、部下から進言をされているのですが、その受け取り方に違いがあったのです。

李さんから、2人のこの違いからコミュニケーションのポイントを説明して頂きました。

 

 

悩むカエサル、褒めまくる

人を褒めるときにも、コミュニケーションに大切なポイントが隠されています。

ユリウス・カエサルは紀元前1世紀頃にローマで活躍した政治家、軍人です。

カエサルは「ブルータスお前もか」「賽は投げられた」などの名言で有名な人物ですね。

 

カエサルは僻地で戦うことが多かったため、常に兵士が不足していました。兵士はカエサルに都合の悪い事実を伝えなければなりません。

部下である兵士からすれば、都合の悪い事実は伝えづらいですよね。

そこでカエサルは、部下のいいところを見つけては褒めるようにしました。

軍人であり、立場が上であるカエサルが、兵士に対してとにかく褒めまくったのです。

実はこの褒め方にもポイントがありました。

カエサルが上手く部下を褒めたために、最終的には部下からの信頼を勝ち取ることができたのです。

この褒めるときのポイントについても、李さんにご説明頂きました。

 

 

家康は筆で天下を取った?

ここまでにお話した通り、相手を褒めるときにはコミュニケーションに大切なポイントが隠されています。

ただ、褒めているだけでは信用されません。ここにも重要なポイントがあります。

これをしっかりと理解していた人物が、徳川幕府を開いた徳川家康です。

徳川家康は筆まめな人物でした。ここにコミュニケーションのヒントがあります。

徳川家康のエピソードも交えながら、このポイントについても説明していただきました。

 

 

コミュニケーションに大事な3要素とは?

ここまでに李さんに解説いただいた歴史に、コミュニケーションに大切な3つの要素のヒントが隠されています。

最後に、李さんにからご紹介いただいた歴史から3つの要素を抜き出してまとめていただきました。

BraveAnswerプレイス終了後、参加者からは、歴史というケーススタディからたくさんのことを学ぶことができた、といった声が多く寄せられました。

 

あわせて読みたい

カテゴリー