トマス・アクィナスとは?『神学大全』や思想、神の存在証明とは?

トマス・アクィナスは、中世ヨーロッパの神学者、哲学者です。スコラ哲学の大成者とも呼ばれ、哲学の長い歴史の中でも大きな役割を果たしたといえます。それは、キリスト教的価値観に理性という価値観を入れたことです。その後の脱宗教へと続く哲学の流れを作った1人といえるのです。時代を変える大きな知の力を知ることは自分の人生にも役に立つはずです。この記事ではトマス・アクィナスについてまとめました。

トマス・アクィナスとは?

トマス・アクィナス(1225~1275)は、中世ヨーロッパ、イタリアの神学者、哲学者です。

スコラ学の代表的神学者として知られています。

 

キリスト教の神学にアリストテレス哲学を導入し、哲学史に大きな影響を与えた人物です。

 

スコラ学とは

スコラ学とは、中世ヨーロッパで主流になった哲学のことです。

 

「スコラ」とは、教会や修道院に付属する学校のことで、中世ヨーロッパではすべての学問はスコラで行われていました。

英語のSchoolの語源にもなっている言葉です。

つまり、中世ヨーロッパにおいては、すべての学問がキリスト教の影響下にあったということです。

 

なかでも中世ヨーロッパの哲学は、スコラのなかでの哲学という意味で「スコラ学(哲学)」といわれています。

 

トマス・アクィナスがスコラ学の代表的神学者となった背景にはどのようなものがあるのでしょうか。

 

トマス・アクィナスとスコラ哲学

トマス・アクィナスは、スコラ学を大成させたといわれています。

それは、アリストテレス哲学を使って、中世ヨーロッパのキリスト教世界を支える普遍的な神学体系を構築したからです。

 

それまでのキリスト教では、アリストテレス哲学はキリスト教思想と矛盾するものだと考えられてきました。

キリスト教思想の根源である神は形のないものです。

一方でアリストテレス哲学は実際の自然を観察する実証的なものなので、この矛盾もうなずけます。

 

十字軍によりキリスト教的価値観が揺らぐ

キリスト教思想にアリストテレス哲学を導入しなければいけなかったのには背景があります。

それは、十字軍によって、アラブ世界との交流が始まったことです。

 

アラブ世界はキリスト教とは違う価値観で動いていました。

この時代でいえば、アラブ世界は古代ギリシャのアリストテレス哲学が大きな価値を占めていました。

 

十字軍によってアラブ世界の価値観が流入した西欧は、キリスト教にも様々な解釈の余地が生まれます。

それまで信じられてきたキリスト教的価値観だけでは世界を説明しきれなくなってしまったのです。

 

そして、トマス・アクィナスは、新たに入ってきたアリストテレス哲学を使ってキリスト教的価値観を説明しなおすことで、キリスト教を確固たるものにしようとしたのです。

 

トマス・アクィナスのスコラ学の考え方を示す著書の『神学大全』の思想をみていきましょう。

 

哲学よりも神学が優れていることを証明『神学大全』

『神学大全』では、アリストテレス哲学を使って、キリスト教が優れていることを証明しました。

 

つまり、信仰(宗教)と理性(哲学)では、信仰の方がたくさんのことを説明できるということを、理性の側から証明し、信仰の方が優れているということを示したのです。

 

まずは、哲学を使って神が存在するということを証明します。

キリスト教においては神が存在することは自明のことですが、アリストテレス哲学的な実証をもって証明することで、トマス・アクィナスはキリスト教をより強固なものにしようとしたのです。

 

神の存在証明

神の存在証明で、トマス・アクィナスは自然の観察を特徴とするアリストテレス哲学を利用しました。

議論は以下の通りです。

 

運動変化による証明

  • 世界には動くものがある。
  • 動くものはすべて他のものによって動かされている。
  • その動かされている原因をたどっていけば、他のものに動かされたのではない最初に動かしたものがいなければならない。
  • それが、人が神と呼んでいるものである。

 

始動因による証明

  • 始動因とは「もの変化、静止を起こす原因となるもの」
  • 自分自身は始動因にはなりえない(自分が自分に先立って存在できない)
  • すべての始動因は順序立っている
  • 始動因には「最初の始動因」が必要
  • それが、人が神と呼んでいるものである。

 

偶発性と必然性による証明

  • 偶然存在したもの(存在してもしなくてもいいもの)には原因がある(偶発性)
  • この原因をさかのぼっていくと必然的な存在を認めなければいけない。
  • それが、人が神と呼んでいるものである。

 

段階と完全性による証明

  • ものの質は一方よりも他方の方が高いというような差が生まれる。
  • どちらが美しいというような判断が可能なのは質の段階の基準があるからである。
  • 質の段階の基準は完全性を持っている
  • そうした質の完全性は神に含まれているとしか考えられない

 

世界秩序の存在による証明

  • 物体には知性はないのに、何らかの目的に向かっているように思える
  • 人が矢を射つ時の矢のように、知性のない物体は知性のあるものがなければ目的に向かっていけない
  • なので、すべての自然物を目的へと向かわせる知性が存在するといえる
  • それを、人は神と呼んでいる。

 

理性の限界の証明

トマス・アクィナスは、様々な神学の証明をし、理性の限界の証明までしてみせ、「哲学は神学の侍女」とまでいいました。

中世ヨーロッパでは、トマス・アクィナスによって理性は神学に内包されたのです。

 

トマス・アクィナスが歴史に残っている理由

トマス・アクィナスは、中世ヨーロッパのキリスト教をアラブ世界のアリストテレス哲学と融合させる形で確固たるものとしました。

しかし、結果としてその後の脱宗教へと進む哲学史に大きな影響を及ぼすことになります。

それは、キリスト教的価値観に理性という価値観を入れたからです。

 

このように、哲学の歴史は、前の時代の考えを批判し、乗り越えることで進んできました。

トマス・アクィナスの場合は、キリスト教的価値観に理性を入れるという方法です。

 

こういった方法論は既存の常識を打ち破り、新しいものを作る時に非常に役に立つものです。

哲学を学び、身近な常識を疑ってみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい

カテゴリー