運動

ライザップ2ヶ月で9kg痩せた体験談「セッション5日目」

この記事はBraveAnswer編集部メンバーによるライザップの体験記事です。この記事では、5回目のセッションの詳細についてまとめています。前半は体重もライザップ後最低記録を更新し、お腹まわりのスッキリ感もふくめて順調に。ただこの日の夜ごはんには、落とし穴が潜んでいました。関連記事「ライザップ2ヶ月で9kg痩せた食事メニュー172回の全記録」「ライザップのダイエット、痩せられる理由と3つの減量メソッド」と併せてご覧ください。

ライザップの無料カウンセリングはこちら!

ライザップ開始15日目。朝の体重は最低を記録

 

 

12月15日木曜日。

この日の朝の体重は73.3kg。

開始時から比べて3.7kgのマイナス。

 

2日前のトレーニング時から比べても1.3kg減らすことができた。

お腹も明らかにひっこんできている。

 

前回のトレーニング(12月13日)から今回のトレーニングまでの間は1日しかなかったものの

  • 夜の食事量を抑える

という約束を松崎トレーナーと行い、実際に成功した。

 

夕食に食べたものは

  • いわしの刺身
  • チーズオムレツ
  • なめこおろし

満腹にはならなかったが、炭酸水で満腹感を増し、空腹を感じないように工夫をしたところ、狙い通りの数値になった。

 

嬉しい!

 

筋肉がつき代謝が高まる

松崎トレーナーはメールのやりとりで、寝て起きると1.2kg程体重が落ちていることは、代謝が高まっている証拠であり、筋肉量が増えている証拠であると教えてくれた。

 

確かに、鏡を見ると筋肉がついている気がする。

 

お腹の脂肪はまだ気になるが、このまま筋肉量を高めて、24時間脂肪が燃える体にしていきたい。

 

2日前にトレーニングだったものの、ほとんど筋肉痛は残っていない。

 

タンパク質メニューを継続

トレーニング5日目の朝ごはんは、最近ほぼ毎日通っている吉野家。

今日はメニューを変えて豚肉の生姜焼きをメインにしてみた。

そんなに美味しくなかったので、定番メニューに戻す予定。

昼は魚系の定食屋で塩焼きと刺し身、豆腐のタンパク質たっぷりランチ。

 

計測は順調でモチベーションも向上

この日も夕方からトレーニング。まずは計測から。

体重 75.0kg
体脂肪率 22.3%
内臓脂肪レベル 10

はじめてカウンセリングに来た11月24日からは約2kg落ちた。

体脂肪率は2.3%落ちているので、落ちた体重はすべて脂肪で落ちていることがわかる。

 

水が入った2リットルペットボトルを持ち「この量の脂肪が落ちているのか」と思うと、モチベーションがあがる。

 

松崎トレーナーも

「この調子で進めていけば、カッコイイ体型になれますよ」

とお墨付きをくれた。

 

嬉しい。

 

トレーニングは量、重さ、回数すべてが増やされた

5回目のトレーニングは以下のメニュー。

4回目の時も過去最高にツラかったと書いたが、比較にならないほど今回のほうがツラかった。

 

器具の重りは、今後16回目までどんどん重たくなっていく計画らしい。

 

聞きたくなかった。

 

メニュー ウエイト 回数
腹筋 重りなし 20回
スクワット 重りなし 15回
腹筋 重りなし 20回
スクワット 重りなし 15回
腹筋 重りなし 20回
スクワット 30kg 15回
腹筋 重りなし 20回
スクワット 40kg 10回
スプリットスクワット 重りなし 左右10回ずつ
両手5kgずつ 15回×2セット
ベンチプレス 10kg 15回
20kg 15回
30kg 15回
20kg 15回
ダンベルベンチプレス 4.5kg 15回
7kg 15回
4.5kg 15回

4回目以降から、メニューとメニューの間に腹筋をはさむことになったのだが、ツラすぎたので今回は途中でやめてもらった。

 

松崎トレーナーは

「こんなのでツラいなんて言ってたら、今後のトレーニングヤバいですよ」

と珍しく恐怖訴求をしてきた。

 

特に、スクワットの後に腹筋をするのが本当にツラかった。

ベンチプレスも重りが増えたり、ダンベルを使った不安定な条件下でやったりと強度、難易度共に増していた。

ヘロヘロに疲れたが、体重も順調に落ちているし、相変わらずトレーニング後の高揚感も感じるので、気分良く夜の予定へ。

 

1回の食事で2週間前の体重に戻る悲劇

この日の夜も忘年会だったので外食。

 

この日は、とんでもない落とし穴があった。

 

忘年会の会場は、2ヶ月前に予約していた月島の人気あんこう鍋の店「ほていさん」。

 

「ライザップ中にあんこう鍋を食べるのはどうなんだろう」

 

という罪悪感はあったが、せっかく友人が取ってくれた予約だし、炭水化物を食べなければオーケーということで自分自身納得した。

 

メニューは

  • 刺し身
  • もずく酢
  • あんこう鍋

を食べた。

雑炊は炭水化物なので、もちろん我慢した。

お酒はハイボール3杯くらい。

 

寝る前に測った体重は、なんと75.8kg。今朝73.3kgだったのに。

2.5kgも増えているじゃないか。

トレーニング初日にほぼ戻っているではないか。

 

慌てて松永トレーナーに確認したところ、深夜なのに丁寧な返信を頂けた。

 

「タンパク質を摂り過ぎると脂肪になってしまいます。
特に夜のタンパク質摂取は控えめが鉄則です。
刺身とあんこう鍋は、炭水化物なしとはいえ、

摂りすぎです。」

 

とのこと。

 

確かに、ライザップタッチによると、この日のタンパク質摂取量は155gなので、目標値より45gも多く摂取している。

さすがに食べすぎたか。

 

明日の朝、体重が下がっていることを願って就寝。

 

ボディメイクは山あり谷あり

開始2週間。77.0kgあった体重は73.3kgになっている。

朝晩や食前食後で変わるので一概にはいえないものの、体重の変化だけでみると、順調に見える。

 

ダイエットには山あり谷あり

ただ、ライザップ1日目から4日目までの記事を見て頂ければわかる通り、実際は順調とは程遠い。

山あり谷ありを上下動を繰り返してじわじわと減っている。

 

一般的なダイエット情報には、この「山あり谷あり」が成功体験で美化されていたり、省かれていたりすることが多い

 

それを見てダイエットをはじめた人は、同じように下がっていかないことに失望し、憤り、途中でやめてしまう。

これが、ダイエットを失敗する人が多い理由だろう。

 

ひとりでは挫折してもおかしくなかった

かく言う私も、これまでの2週間の間にも、4回ほどあった心が折れる瞬間があった。

1人でやっていたら、挫折してもおかしくなかった。

 

トレーナーがすぐに疑問を解決し、相談にのり、ビジョンを示してくれるので、継続することができた。

「ボディメイクはトレーナーと一緒に。」

ライザップに通うかどうかに問わず、どんなに意志が強い人でも、トレーナーと一緒にやったほうが確実に成功度が高まると思う。

 

セッション4回目◀︎     ▶︎セッション6回目

ライザップの無料カウンセリングはこちら!

ライザップ総まとめはこちらからご覧いただけます。

あわせて読みたい

カテゴリー