転職エージェントの選び方・比較方法と注意点|見分ける3つのポイント

転職が当たり前になった時代、エージェントに仲介を頼みたいと考える方も多いでしょう。でも、選び方があるって知っていましたか?今回は、どうやって比較すればいいか、注意点をお伝えしたいと思います。この記事では、転職エージェント選びで重要なこと、優秀なエージェントとそうでないエージェントとの違い等についてまとめました。

転職エージェントの比較で重要なこと

転職エージェントにも、それぞれ得意分野があります。

 

大手エージェントであれば、業界や会社規模によって担当が分かれていたりします。

小さい会社であれば、専門に扱っている業界があることが多いです。

 

中小・ベンチャー企業を得意とするエージェントに「大手に行きたい」と言っても、なかなか決まりません。

業界に疎い人は、あなたの経歴や強みを生かしきれないかもしれません。

 

評判だけではなく、会社としてどの分野が得意なのか、担当についてくれた人は、どこの業界が専門なのか。

必ず確認するようにしましょう。

 

 

優秀な転職エージェント選びの3つのポイント

転職エージェントを比較する上で、見極めたいポイントは下記の通りです。

  1. 高い専門知識がある
  2. 率直な相場観を教えてくれる
  3. こまめに連絡を取りながら調整してくれる

1.高い専門知識がある

前述した通り、エージェントには得意分野があります。

経験の長い人であれば、あらゆる業界や職種に精通しているでしょうが、そこまでに至らない人でも、特化している分野があるはずです。

業界ならではの事情はもちろん、「この職種は今この業界で求められているから、年収が高めに出る」など、市場を踏まえた知識を持っています。

 

2.率直な相場観を教えてくれる

人材市場は景気と連動します。

受け入れ先の業界、職種、職務内容、会社規模などによって「この経歴ならば、このくらいの年収評価になる」というその時々の相場を教えてくれます。

 

3.こまめに連絡を取りながら調整してくれる

また、日程調整や入社時期、希望年収などの調整ごとについては、転職希望者と企業の両方に細やかに連絡を取りながら、進捗を報告してくれるはずです。

 

中途採用は、ポジションが埋まればクローズする案件ばかりですので、スピードがものを言います。

それをちゃんとわかっているエージェントは、迅速に動いてくれますよ。

 

 

よくない転職エージェントの3つのポイント

転職エージェントを選ぶときに、よくないエージェントを選ばないために見極めたいポイントは下記の通りです。

もし以下のような転職エージェントを選んでしまったら、他のエージェントの利用を検討することをオススメします。

  1. 専門性が低い
  2. エージェントの都合を押し付けてくる
  3. 希望の条件とは違う案件ばかり紹介される

1.専門性が低い

業界や職種への勉強が不十分、時代は移り変わっているのに昔のスタンダードで話をする、といったエージェントは要注意です。

転職エージェントとしての歴が浅くて知識が足りないケースもあると思いますが、先輩や上司などが組織としてカバーできないのは、信頼性に欠けますよね。

 

2.エージェントの都合を押し付けてくる

転職エージェントは、紹介した人が内定し、年収が決定した時点で初めて報酬を受け取ることができます。

決まるまでは、どれだけ手がかかっても、売上は立たないのです。

そのため、相性より決まりやすさを優先に紹介しようとしたり、自分の営業成績の締日が近いからと入社意思決定の期限を故意に短くしたりする、悪質な場合もあります。

 

3.希望の条件とは違う案件ばかり紹介される

また、上と関連しますが、自分の希望の条件とは違う、エージェントの都合で決められた案件を紹介されてしまうということもあります。

決まりやすい案件に押し込まれてしまい、転職に踏み切ったものの、転職エージェントに流されてまた不本意な結果を招いてしまわないように注意しましょう。

 

 

相性の良い転職エージェントを選ぶために

一社で決めるのではなく、複数社登録して試すことをオススメします。

とはいえ、あまり多いと大変だと思いますので、2〜3社にアプローチして、対応を見て相性が良さそうなところを選ぶのが良いかと思います。

 

ただし、希望する転職先への応募を、複数のエージェント経由で行うことはできません。

複数のエージェントが同じ人を推薦してきたら、人事もビックリしてしまいますよね。

あくまで自分との相性が合う転職エージェントを見つける目的で、複数登録をして見極めるのがオススメです。

 

 

転職エージェントとハローワークの使い分けは?

ハローワークは転職サイトと似ている部分があります。

なんといっても求人の量が多いのが特徴です。

 

ハローワークは転職サイトではカバーしていない地域の就職までサポートしています。

地元で就職したい労働者は、ハローワークを利用するメリットがあるでしょう。

 

しかし、サポート面などは転職エージェントの方が勝っています。

転職サイトと同じように、転職エージェントと併用すると良いかもしれませんね。

 

 

転職エージェント選びの失敗は転職の失敗?

いかがでしたでしょうか。

エージェントも人間ですし、紹介する責任があります。

応募者が嘘をついたり、本音を見せてくれなかったり、上から目線で物を言う人だったりすると、なかなかマッチングには至りません。

 

転職エージェントも結局は人間なのです。

人間と何かするには良好な関係が根底に必要になりますよね。

相性の良いエージェントに出会えるよう、しっかり見極める目を持ちつつ、信頼関係を築くことも忘れないでくださいね。

 

また、複数のエージェントを登録するなどしてリスクを分散することをオススメします。

転職エージェント選びで失敗したら、転職を失敗してしまいます。

きちんとした信頼関係を築いて質の良い支援を受けられるようにしましょう。

 

BraveAnswer編集部では、キャリアに関するご相談を受け付けております。

  • 今後のキャリアが不安
  • 自分を変えたいが、何から始めたらいいかわからない

といった、具体的なアクションが明確でない人でも大歓迎です。

こちらより、お気軽にお問い合わせください。

 

あわせて読みたい

カテゴリー