NYダウとは?推移や特徴、見通しをわかりやすく|構成銘柄の完全版まとめ

NYダウとはダウ平均株価のことで、アメリカの代表的な株式指数です。アメリカの各業界から優良企業30社を選りすぐり、その平均株価を指標として算出しています。安定して成長しており、トランプ政権となった今後も成長し続けると考えられます。この記事では、NYダウの特徴や構成銘柄、NYダウ先物、今後の見通しについてまとめました。

NYダウとは?

ダウ平均株価とは、様々な金融指数を算出している「S&P ダウ・ジョーンズ・インデックス」が算出する、アメリカの代表的な株価指数です。

 

S&P ダウ・ジョーンズ・インデックスによって選出された、様々な業種の、代表的な企業の株価の平均を算出しています。

1896年に算出が始まりました。

 

ダウ平均株価は、株価の平均を算出する株価指数です。

日経平均株価と同じ算出方式を採用しています。

 

ダウ平均株価には

  • ダウ工業株30種平均
  • ダウ輸送株20種平均
  • ダウ公共株15種平均

と、これらすべてを合わせた

  • ダウ総合65種平均

の4種類があります。

 

ダウを構成する銘柄は時代に合わせて変化します

この中でも「NYダウ」と呼ばれているのは「ダウ工業株30種平均」です。

 

NYダウ平均は各業界の優良株に絞って選出されているので、その時価総額と影響力はとても強大です。

NYダウに選出されている企業はほとんどが多国籍企業なので、アメリカのみならず、世界経済を反映しているといっても過言ではありません。

 

 

NYダウの特徴は?

NYダウには、以下のような特徴があります。

  • 構成銘柄が時代に合わせて変わる
  • 構成銘柄数が少なく、優良企業に限られる
  • 多国籍企業が多く、為替の影響を受けやすい

 

NYダウの構成銘柄は数年に1度入れ替えがあります。

NYダウの構成銘柄を選んでいるのはウォール・ストリートジャーナルの編集陣です。

 

NYダウは構成銘柄が優良銘柄30種に限定されていますが、これは株式指数としてはかなり少ないです。

 主要株式指数 構成銘柄数 時価総額
NYダウ 30 約563兆円
日経平均 225 約344.1兆円
TOPIX 約2000 約360.4兆円

※NYダウは2016年6月12日現在、米ドル円107円計算。日経平均とTOPIXは2017年2月28日現在。

 

表で見た通り、構成銘柄の数に対して時価総額が非常に高いのがわかります。

 

 

【完全版】NYダウの構成銘柄まとめ

情報サイト「W-index.com」を元に、NYダウの構成銘柄をまとめました(アルファベット順)。

企業名 業種
Apple Inc.
アップル
コンピュータ
American Express Co.
アメリカン・エキスプレス
金融
Boeing Co.
ボーイング
航空機
Caterpillar Inc.
キャタピラー
重機
Cisco Systems, Inc.
シスコシステムズ
情報・通信業
Chevron Corp.
シェブロン
石油
E.I. du Pont de Nemours and Company
デュポン
化学
The Walt Disney Co.
ウォルト・ディズニー・カンパニー
娯楽・メディア
General Electric Co.
ゼネラル・エレクトリック
総合電機・金融
Goldman Sachs
ゴールドマン・サックス
金融
The Home Depot Inc.
ホームデポ
小売業
International Business Machines Corp.
アイ・ビー・エム
コンピューター
Intel Corp.
インテル
半導体
Johnson & Johnson Inc.
ジョンソン・エンド・ジョンソン
医薬品
JPMorgan Chase and Co.
JPモルガン・チェース
金融
The Coca-Cola Co.
ザ コカ・コーラ カンパニー
飲料
McDonald’s Corp.
マクドナルド
外食
3M Company
スリーエム
化学
Merck & Co.
メルク
医薬品
Microsoft Corp.
マイクロソフト
ソフトウェア
Nike, Inc.
ナイキ
その他製品
Pfizer Inc.
ファイザー
医薬品
Procter & Gamble Co. (P&G)
プロクター・アンド・ギャンブル
日用品
The Travelers Companies,Inc.
トラベラーズ
保険
UnitedHealth Group Inc.
ユナイテッド・ヘルス
保険
United Technologies Corp.
ユナイテッド・テクノロジーズ
航空宇宙・防衛
Visa
ビザ
その他金融
Verizon Communications Inc.
ベライゾン・コミュニケーションズ
通信
Wal-Mart Stores Inc.
ウォルマート・ストアーズ
小売業
Exxon Mobil Corp.
エクソンモービル
石油

SBI証券によれば、2017年4月現在、最後に銘柄入れ替えがあったのは2015年3月です。

AT&Tが除外されてアップルが追加されました。

 

 

NYダウ先物とは?

NYダウ先物取引とは、未来のNYダウ平均を予測して取引するというものです。

NYダウの先物取引なので、NYダウ先物と言います。

分類は金融先物取引の中の株価指数先物取引となります。

 

例えばAさんが、将来NYダウが2000円まで上昇すると予想したとします。

市場予想価格が1500円だった場合は1500円で買い、市場予想値が2000円に上昇するまで待ってから売却すれば

2000円−1500=500円
500円×取引単位−取引手数料分

の利益が発生します。

 

株取引と似たような流れですね。

NYダウ先物はNYダウの動きを予想したものなので、基本的にNYダウと似たような値動きをします。

 

NYダウ先物の魅力

NYダウ先物の魅力としては

  • レバレッジをかけられるため少額資金で投資を始めることができる
  • 円建て取引ができる
  • 米国取引市場の取引時間のため日本時間では午後10時30分~午前5時程度となり、忙しい人でもできる
  • 米国の雇用統計などダウ値に大きく影響する指標の発表時間が日本時間で午後9時30分〜午後11時なので、日によってはダイナミックな取引ができる

などが挙げられます。

 

レバレッジとは、証券会社が指定した一定の証拠金を入金すれば、証拠金以上の取引ができるシステムのことです。

ただレバレッジを大きくかければ、損失も大きくなることには注意が必要です。

 

円建てでの取引もできる

また外国金融商品は、大体の場合ドルを購入してから取引しますが(ドル建て)、NYダウは円建てでの取引ができる会社が多く、ドルを購入する手間を省くことができます

 

取引時間的にも日本時間では日中ではないので、忙しい人にでも取引できるという点もメリットの1つです。

 

NYダウによる取引は、資産運用としてご自身の年収を増やす手段でもあります。

もし年収を増やしたいと考えている人は、以下の記事も併せてご覧頂くのがオススメです。

 

 

NYダウの推移は?

上のグラフは1896年の算出開始から現在までのNYダウ平均のグラフです。

基本的に右肩上がりであることがわかります。

 

ITバブルとリーマンショックの年は大きく落ち込んでいますが、その他は順調に右肩上がりです。

年によって銘柄の入れ替えはあったものの、成長し続けている指標だということがわかります。

 

ただ、今後リーマンショック規模の出来事が起これば、影響を受けて値下がりする可能性もあります。

世界経済と密接に関係する指標といえます。

 

 

NYダウの今後の見通しは?

NYダウは、前述の通り順調に成長している指標です。

 

長期的には右肩上がりですが、短期的にみると実際は毎日細かく上がったり下がったりを繰り返しています

NYダウが大きく動く時はかなり大きな事が起きたときです。短期的な値動きは主に為替の状態が関係していると考えられます。

 

アメリカは大統領が交代し、トランプ氏が大統領となりました。

トランプ大統領は減税や金融緩和、国内企業保護などを中心に様々な経済政策を打ち出しており、そのどれもが国内企業に良い影響を与えると考えられます。

 

政権が変わったこともあり、これからもNYダウは成長が期待されます。

 

 

今後も成長が予想される

NYダウとはアメリカの代表的な株価指数で、各業界の選りすぐりの優良企業30銘柄の株価の平均を計算したものです。

 

NYダウの銘柄の特徴として多国籍企業が多いことが挙げられます。

多国籍企業が多い指標ということはグローバルな指標ということになります。

また為替の影響を受けやすい指標とも言えます。

 

投資の面からみると、優良企業しかふくまれていない指標なので、メリットが多いです。

デメリットとしては手数料や為替リスクなどがあります。

 

ただ近年は、大手証券会社から円建て取引や安い手数料での取引、高いレバレッジを掛けられる取引など様々なプランが出てきたので、デメリットも解消されつつあります。

 

新しい大統領となってからも上昇を続けていることを踏まえると、トランプ新政権でも安定した成長が望めると予想できます。

あわせて読みたい

カテゴリー