年収

源泉徴収票の見方でわかる手取り、所得、額面の計算方法は?

源泉徴収票を理解するには4つの金額が重要です。源泉徴収票を理解することで、手取りや所得、額面を計算することができます。誰しも一度は源泉徴収という言葉を耳にしたことはあると思います。しかし、源泉徴収をもらっても読み方や見方がいまいちわからないといった経験はないでしょうか?この記事では、源泉徴収票の見方から手取り、所得、額面の計算の出し方についてまとめました。

源泉徴収票の見方は?

いつもご覧いただきましてありがとうございます。BraveAnswer編集部です。

源泉徴収票では、給料・賞与の欄の部分に

  1. 支払金額
  2. 給与所得控除後の金額
  3. 所得控除の額の合計額
  4. 源泉徴収額

の4つがあります。

源泉徴収票の見方を考えるには、これら4つが重要なポイントです。

 

1.支払金額

源泉徴収票でまず大事な箇所が「支払金額」になります。

これがいわゆる年収の部分に当たります。

 

2.給与所得控除後の金額

支払金額から給与所得控除額を引いたものが「給与所得控除後の金額」です。

詳しくは後述しますが、簡単にいえば必要経費分を引いた部分です。

 

3.所得控除の額の合計額

給与所得控除後の金額から保険料などの「所得控除の額の合計額」を差し引いた額をもとに、税額の計算が行われます。

 

4.源泉徴収額

以上を差し引いた額は課税所得となり、これらを計算した上での税金の確定額が「源泉徴収税額」となります。

これらをまとめると「給与所得控除後の金額」と「所得控除の額の合計額」は「源泉徴収税額」を計算するために表記されているものと言うことができます。

 

 

年収アップには様々な方法がありますが、源泉徴収票の見方を知ることで、自分の手元に残るお金がわかります。

年収アップの方法とともにご覧ください。

源泉徴収票で額面・手取り・所得がわかる?

「所得控除の額の合計額」の下部近くに

  • 「社会保険料等の金額」

という欄があります。

 

「支払金額」から税金分として「源泉徴収税額」を引き、さらに「社会保険料等の金額」を引くと、実際に手元に入るお金が算出されます。

これは、自分に支払われた額から税金や保険料分の額を差し引いた額で、実際に手元に残るお金を示します。

 

これがいわゆる「手取り」となります。

 

額面、手取り、所得がわかる

実際にはもう少し難解な計算があり、実際にお金として毎月手元に入る金額は、

「支払金額 − 源泉徴収税額 − 社会保険料等の金額」

となります。

詳細は後述します。

 

源泉徴収票からは、

  • 額面
  • 手取り
  • 所得

がわかります。

 

会社から支給される「支払金額」がいわゆる年収で、額面とも呼ばれます。

手取りは支給額から源泉徴収や保険料などの控除をした額、所得は必要経費を引いた額になります。

源泉徴収票でいえば、給与所得控除です。

 

 

 

手取りの計算方法

源泉徴収票での手取りの大まかなイメージは、

支払金額 − 源泉徴収税額 − 社会保険料等の金額

となります。

 

会社員であれば、会社から支払われるお金から税金や保険料などが差し引かれたものが手元に残るわけです。

しかし、正確な手取りを求めるにはさらに以下の2つの計算が必要です。

 

正確な手取りを知るための2つの計算

  1. 住民税
  2. 交通費

1.住民税

厳密には、毎月の給料から住民税が引かれています。

しかし、源泉徴収票には住民税の欄がありません。

つまり、正確な手取りとしては住民税を差し引かなければなりません

 

2.交通費

交通費の問題もあります。

通勤手当として交通費が支給されますが、これに対しては一定限度額までは課税されません。

 

源泉徴収票は、もともと所得税という税金に関するものを表記しています。

 

つまり、非課税のものについては源泉徴収票に記載されないので、より正確な手取りを求めるなら、非課税分を考慮することになります。

交通費は通勤手当として支給されているわけですから、実際に自分の手元に入るお金になります。

しかも限度額までは非課税なので、その分の額には税金がかからず、そのまま手元に入ります。

つまり実際の手取りに加えられます。

 

正確な手取り

以上をふまえて源泉徴収票をもとにした手取りをより正確に表すと、

支払金額 − 源泉徴収税額 − 社会保険料等の金額 −  住民税(1年分) −  交通費(1年分)

が、1年間の手取りとなります。

 

所得の計算方法

源泉徴収票をもとに「所得」と言う場合は、必要経費を差し引くというイメージが一般的にあります。

 

基本的に所得とは、入ってくるお金から経費を差し引いたものを示します。

 

源泉徴収票でいう「支払金額」から給与所得控除額を引いた

  • 「給与所得控除後の金額」

の部分です。

 

つまり差し引かれた「給与所得控除額=必要経費分」になります。

 

会社員の手元に入るお金はあくまで「手取り」

ただし、会社員はあくまで手元に入るお金は「手取り」です。

所得が「給与所得控除後の金額」を示すのは、あくまで税金のためです。

 

「課税所得」と言う場合は、給与所得控除額を差し引くだけでなく、さらに保険料などの「所得控除の額の合計額」を差し引いた額になります。

これが課税対象となる額です。

 

つまり、「所得=給与所得控除後の金額」で、さらに「所得控除の額の合計額」を差し引くと課税所得になります。

ここに課税が行われるということは、控除がないもともとの支払金額に課税するより安くなります。

税金を少なくするために「給与所得控除後の金額」などの概念があると考えてもよいでしょう。

 

実際に手元に入るお金は手取りですが、税金上の所得としては必要経費分を差し引いたものになり、さらに保険料などを引いたものが課税所得となります。

 

自営業者の控除額は必要経費分のイメージ

自営業者の場合、給与所得控除額はまさに必要経費分というイメージを持つことができます。

大まかにいえば、売り上げから必要経費分を差し引けば所得となります。

 

会社員の場合、自分に対して必要経費はどのくらいかというイメージがつきにくいかもしれませんが、給与所得控除という形で差し引くということなります。

 

給与所得控除はもともと国税庁で決まっています。

 

つまり会社員の場合は、自分で必要経費の把握が困難なため、国税庁で決められた計算によって、給与所得控除という形で必要経費分が差し引かれるということです。

しかし、あくまで税金の計算のためのもので、実際に手元に入る手取りとは異なることに注意が必要です。

 

額面の計算方法

額面とは、会社から支給される金額のことをいいます。

これがいわゆる年収にあたります。

 

年収=収入=額面です。

 

税金や保険料が引かれる前なので税込年収などとも呼ばれます。

額面と言う場合は、年収や収入という言葉と混乱がありますが、基本的に全て同じものとすることができます。

 

これらは源泉徴収票の「支払金額」として見ることができます

 

源泉徴収票は税金の計算に関するもの

一般的に「支払い」と言う場合は、手取り、所得、額面、それぞれの段階で注意する必要があります。

会社が給与として支払う金額であれば「支払金額」になります。

 

額面の部分です。

 

税金上の計算として所得を求める場合は「給与所得控除後の金額」、課税所得を求めるならさらに「所得控除の額の合計額」を引きます。

 

実際に手元に残る金額が支払われた、とする場合は手取りのことを示します。

これは「支払金額 − 源泉徴収税額 − 社会保険料等の金額 − 住民税(1年分) − 交通費(1年分)」

という式で示すことができます。

 

源泉徴収票は税金の計算に関するもので、源泉徴収票を見る際に重要なことはあくまで税金の計算に関するものという認識を持つこです。

源泉徴収票上の所得は手取りとは異なるためイメージが付きにくいかと思いますが、あくまで税金の計算として所得額を1度求めなければならないといったイメージを持つとよいでしょう。

 

年収は額面としての支払金額になり、実際に入る手取りと比較して考えることが重要です。

 

お金の教養を身につける

年収については

  • 「今後、年収を増やしていきたい」
  • 「今の年収で最大限に幸せになるお金の使い方をしたい」

など、お金については様々な考え方があるかと思います。

いずれにしても、お金についてのリテラシーを身につけることで、限られた年収を有効に使うことが可能になります。

 

「お金のリテラシー」を身につけるには、マネーセミナーなどを一度受講してみることもおすすめです。無料の講座が多いというのも魅力的ですね。

講座名 内容 料金
ファイナンシャルアカデミー「お金の教養講座」
年間255講座、延べ43万人が受講したお金の学校の定番講座。 無料
アットセミナー

国内最大級のマネーセミナー。 平日夜や土日にも開催 無料

 


カテゴリー