クリティカルシンキングとロジカルシンキングの違いとは?質の高い解決の方法

クリティカルシンキングとは論理的思考に客観的な視点を加えた思考になります。ロジカルシンキングとは情報を整理し、論理的に解決策を導く方法です。クリティカルシンキングとロジカルシンキングは組み合わせて使うと効果的です。この記事ではロジカルシンキングとクリティカルシンキングとの違いについてまとめました。

BraveAnswerでは、キャリアに関する勉強会を開催しています。初めての方大歓迎ですので、ぜひお気軽にご参加ください。詳細はこちらをご覧ください。

クリティカルシンキングとは?

クリティカルシンキングとは、

  • 「批判的思考」

のことです。

 

この批判は

  • 様々な角度から物事を考えること

を意味しています。

 

クリティカルシンキングでは、

  • 客観的な思考が重要なポイント

になります。

 

物事を考える際に、全く批判をしない状態で受け入れることは、客観的な視点がない状態です。

批判をせずに何でも受け入れるのではなく、1度客観的に考えるというプロセスが、クリティカルシンキングの特徴です。

 

 

ロジカルシンキングとは?

ロジカルシンキングとは

  • 「論理的思考」

のことです。

 

ロジカルシンキングはビジネスシーンでの思考法の基本ともいえるもので

「こういう前提があるからこういう結果になる」

などの因果関係をメインに考えます。

 

ロジカルシンキングは情報を整理する

様々な情報をもとにそれらを整理して分析するという過程の中では、情報が複雑に入り混じった状態が考えられます。

そこで、複雑な情報を整理して分析し、解決策を考えることになります。

 

その際に、ロジカルシンキング=論理的に考えることによって因果関係を明らかにします。

すると「どういう前提でこういう状態となっているのか」ということについて把握することができ、具体的な問題解決に向けて思考が進みます。

 

ロジカルシンキングというのはあくまで論理的に考えることを指し、情報を整理して分析する思考法のことになります。

 

ロジカルシンキングをトレーニングしたい方は以下の記事をご参照ください。

 

クリティカルシンキングとロジカルシンキングの違い

クリティカルシンキングは、

  • ロジカルシンキング+客観性

というイメージです。

 

ロジカルシンキング→クリティカルシンキング

両者を具体的に見ていきます。

 

ある情報について整理して分析する際に、ロジカルシンキングをします。

ある情報から1つ1つの要素を考え、複雑になっているものの因果関係を明らかにしていくのです。

 

その結果、ひとつの結論に辿り着きます。

 

結論が出た時点で

本当にそうなのか?

というクリティカルシンキングを加えます。

 

クリティカルシンキングがロジカルシンキングを補い、あらゆる情報を1度客観的に疑うことで、思考過程に間違いがないかを確認することができるのです。

 

より客観的にみるために

大まかにいえば、両者の違いは、

  • 疑うかどうか

です。

 

ロジカルシンキングも、客観的な視点が全くないわけではありません。

しかし、さらにクリティカルシンキングを加えることで、ロジカルシンキングによる論理的思考に、より一層の客観性を加え、補うという効果があります。

 

クリティカルシンキングとロジカルシンキングの使い方は?

 

ロジカルシンキングはビジネスシーンでの思考法の基本ともいえ

「こういう前提があるからこういう結果になる」

などの因果関係をメインに考えます。

 

そのため、

  • 仕事で自分の頭の整理をする場面
  • 他社へ説明を行う場面

などで活躍する思考法になります。

 

そして、ここにクリティカルシンキングを加えることで、ビジネスでより効率的な結果を生むことができます。

 

ロジカルシンキング

例えば、

  • ある会社の中でマーケティング部門を強化したい
  • マーケティングに強い人材を迎えることが重要だ
  • 新たな人材を採用

 

この例でいえば、確かに論理は通っているといえます。

 

ロジカルシンキングはもっと複雑な場合が一般的ですが、簡単に例示しています。

つまり、マーケティング部門の強化という目的のため、マーケティングに強い人材を採用することが問題解決となる、という思考です。

 

クリティカルシンキング

しかし、マーケティング部門の強化は、必ずしも新しい人材を迎えることがベストだとは限りません。

 

様々な疑問をぶつけます。

  • 新しい人材を迎える前に、まず自分たちのマーケティング部門で見直す点がないか
  • 人件費増は効果に見合っているか

など違う側面を考えることも重要かもしれません。

 

すると、

  • 新しい人材を採用することが解決策ではない
  • その前に自分たちの不備を見直すことが先決である

と結論が変わるかもしれません。

 

クリティカルシンキングによって最初に取るべき解決策が変わることがあるのです。

 

 

ここでは

「新しい人材を迎えることが必ずしもいいのか」

という疑問がクリティカルシンキングにあたります。

 

 

 

同じ過程の中で使用する場合が考えられるクリティカルシンキングとロジカルシンキングは、両者を分けて考えるより、組み合わせて考えることが効果的です。

 

同じ思考の過程で論理的に考えること、そこに客観性を加えることという2つの思考を使用することで、ビジネスシーンでの効率的な問題解決につながります。

 

組み合わせが効果的

ロジカルシンキングとクリティカルシンキングは、ビジネスをする上で欠かせない思考法になります。

しばしばロジカルシンキングが重要視されますが、ロジカルシンキングも出発点が違っていれば論理が全て崩壊していまいます。

 

そこで役立つのがクリティカルシンキングです。

客観的な視点を加え、出発点を疑うことで、正しい方向へ導くことができるのです。

 

ロジカルシンキングとクリティカルシンキングは組み合わせが重要です。

組み合わせることでより質の高い解決策を導くことができるでしょう。

あわせて読みたい

カテゴリー