転職エージェントとは?利用するメリット・デメリットとは?

転職エージェントを味方につけるとかなり転職を有利に進めることができます。いざというときには、転職エージェントの推しで合否が変わることも。そんな転職エージェントですが、メリットばかりではなくデメリットもあります。デメリットも把握しておくことで転職エージェントを最大限活かしたいですね。この記事では転職エージェントのメリットとデメリットについてまとめました。

転職エージェントとは?

採用したい企業と転職したい人の間を取り持ってくれるのが、転職エージェントです。

転職エージェントは、企業サイドと転職者サイドの両方に対して働きかけます。

 

企業サイドでは、どこの会社で何の職種を何人くらい募集しているか把握し、人を紹介して入社させ、人員計画をサポートするのが仕事です。

 

転職者サイドでは、これまでの職務経歴を整理し、転職理由や今後の希望を確認した上で、新しい仕事を紹介してくれます。

職務経歴書のブラッシュアップ、面接日時の調整、面接のアドバイス、年収や入社タイミングの交渉まで行ってくれる、転職のプロです。

 

多くの転職者を見ているからこそ、相場観を持っています

いつまでに・何を・どうしたらいのか、転職活動のガイド役になってくれることでしょう。

 

 

転職エージェントはどういった人にオススメ?

「転職はしたいけど、どうしたらいいかわからない。」

「自分の市場価値を知りたい。」

「自分にとって”良い”案件を知りたい。」

そんな人には、ぜひ転職エージェントの活用をオススメします。

 

転職活動で一番苦労するのは、実は現職の退社交渉。

今までお世話になった会社ですから、後味が悪い形では終わりたくないですし、トラブルになれば転職先にも影響が出かねません。

 

現職慰留をどのようにかわし、双方丸く収まるよう持っていけばいいか、エージェントが円満退職の仕方を指南してくれる場合もあります。

 

 

転職エージェントと転職サイトとの比較

転職を考えるとき、主に2つの選択肢があります。

それは、転職エージェントを利用するかもしくは転職サイトを利用するかです。

転職エージェントと転職サイトそれぞれに少しずつ違いがあります。

それぞれの特徴をよく理解して上手く利用していきたいですね。

転職エージェントと転職サイトとの違い

  1. 気軽さ
  2. 求人数
  3. 客観的評価
  4. 確実性

1.気軽さ

転職エージェントは、面談やメールでのやりとりがあるので、転職サイトに比べると少し気軽さに欠けます。

転職を考え始めたばかりで迷っているのであれば、まずは転職サイトで自分で転職情報を探し、転職について知識を深めていくのも良いかもしれませんね。

ただ転職エージェントは敷居が高いと思われがちですが、転職エージェントの中には、気軽に転職相談できるところもあります。

転職サイトで情報を集めて転職エージェントに相談するなど、用途に合わせて使い分けるのがオススメです。

 

2.求人数

転職エージェントと転職サイトとの大きな違いは求人数です。

転職サイトにはたくさんの求人が掲載されています。

求人数だけで見ると、転職サイトの方が有利に思えますが、転職エージェントは非公開求人も多く集まっているため、一概にはいえなさそうです。

利用する段階によって転職エージェントと転職サイトを使い分けると良いかもしれません。

 

3.客観的評価

転職エージェントを利用する場合、転職エージェントと企業の信頼関係もあるため、転職エージェントからの客観的評価をもらうことができます

しかし、転職サイトを利用する場合は第三者による客観的な評価をもらうことはありません。

自分と企業のみです。

さらには、転職エージェントからの客観的評価によっては面接の合否を左右することもありえます。

 

 

4.確実性

転職エージェントは専任の担当がついてヒアリングをしてくれたりとサポート体制が整っている反面、転職サイトでは全て自分で行わなければなりません。

求職者によっては、現職と並行しながら転職活動を行うので、限られた時間の中で情報を集めたり手続きをするのは困難な場合もありえます。

転職エージェントを利用すれば、これらの手続きを手際よく行うことができます。

サポート面が整っているからこそ、転職サイトと比較して、転職の確実性が上がるというわけです。

 

 

転職エージェントを使う4つのメリット

メリット

  1. 非公開求人をつかんでいる
  2. 自分ではわからない魅力を引き出してくれる
  3. 客観的視点で後押ししてくれる
  4. 実務や交渉を引き受けてくれる

1.非公開求人をつかんでいる

求人サイトやハローワークなどで探すことができ、誰でも見られるのが公開求人。

それに対し、エージェントでしか知り得ない情報が非公開求人です。

  • 早急に必要なわけではないけれど、いい人がいたらこの仕事を任せたい
  • 新規事業立ち上げに伴い、人を募集したいが、競合に知られたくない
  • 募集人数がごくわずかである
  • 求める人材像のレベルが非常に高い

といった場合、非公開求人となることがほとんどです。

個人で動いているだけでは手に入らない情報ですし、その中に求めていたポジションがあるかもしれません。

 

2.自分ではわからない魅力を引き出してくれる

あなたは、自分の強みを一言で言えますか?

自分の経験が、会社や役割が変わった先でどう転用できるか、イメージできていますか?

これらは転職を考える際に避けては通れないポイントですので、自分なりに言語化しておくことが大切です。

 

転職エージェントならば、自分ではなかなか気づかない強み、魅力を引き出してくれる可能性もあります。

あらゆる職種や仕事内容、社風に精通しているからこそ、

「あなたの営業スタイルは、この会社のやり方と近いですよ」

「あなたが企画で培った力は、この会社の新規事業戦略立案に生かせそうです」

といったように的確な提案してくれます。

 

自分にとっては当たり前で、アピールポイントになるとは思っていなかった力が、他の人から見たら「すごい」と感じるアピール材料になるというのは、よくあるお話です。

「他の業務と比べて、経験年数が短いから」と強みには挙げていなかった力にも、もしかしたら着目してくれるかもしれませんよ。

 

3.客観的視点で後押ししてくれる

本番の面接では、緊張してしまって、自分の良さを出しきれない人も多いものです。

悔いが残っても、個人としてエントリーしていた場合、挽回のチャンスはありません。

 

ですがエージェントは、面接でアピールし損ねたことを、追加情報として人事に伝えてくれたり、客観的視点であなたの良さを見極め、後押ししてくれたりします。

面接の合否が微妙な場合、エージェントからの後押しによって、合格に転じることもあるのです。

 

あなたが面接で思うように実力を発揮できなかったとして、本来なら落ちていたところを、転職エージェントの営業力で面接を通過することは日常的に起きています。

多くの転職者を見てきたプロに太鼓判を押してもらえれば、受け入れる企業にとっても、転職者側にとっても、心強いですよね。

 

4.実務や交渉を引き受けてくれる

転職活動で一番煩雑なのは、面談の日時調整といった雑務です。

加えて、年収交渉はとても大切なフェーズですが、「自分の年収を上げてくれ」と強気に出るのは、なかなか難しいのではないでしょうか。

 

エージェントを介せば、こうした実務や交渉をすべてお任せすることができます。

現職が忙しくて転職活動の優先順位を上げづらい人にとっては、雑務を引き受けてもらえるのはありがたいですよね。

さらに、相場観を知るエージェントであれば、年収アップの交渉も通りやすいと言えます。

 

 

転職エージェントを使う3つのデメリット

デメリット

  1. 不本意なところに押し込まれてしまう
  2. オイシイ人材でないとなかなかマッチングしてもらえない
  3. 悪いエージェントに当たると逆に時間がかかる

1.不本意なところに押し込まれてしまう

転職することで実現したい明確な目標がある場合は別ですが、「今の仕事が気に入らない。変えるには、転職がいいのかも」といった“なんとなく”の理由で転職エージェントのところに行くのは、要注意です。

 

転職エージェントのビジネスモデルは、求職者と企業の間を取り持ち、入社が内定して年収が確定したら、その20~30%程度を報酬として受け取るというものです。

どれだけ手間がかかっても、転職を確定させなければ、売上は0円なのです。

 

未経験OKで大量採用をしている企業であれば、内定は比較的獲得しやすいものです。

一方、20代で経験が浅く、専門性が低いということは、まだどんな方向にでも進んでいける可能性がある、とも言えます。

腕利きエージェントであれば、この二者をマッチングさせることはたやすいことです。

 

転職に際して明確な意思や目的がない場合、この“決まりやすい”案件に押し込まれてしまう可能性があります。

学生時代のイメージと実際の仕事のギャップに悩んで転職に踏み切ったのに、流されてまた不本意なところに入社してしまった、というような悪いスパイラルに陥らないよう、気を付けてくださいね。

 

2.オイシイ人材でないとなかなかマッチングしてもらえない

転職マーケットにおいて、商品はその人自身です。

経験の幅や年数、仕事の習熟度や地頭の良さなどによって、引く手あまたの人もいれば、なかなかオファーをもらえない人もいます。

 

転職エージェントにとって、扱いやすい人材というのが存在します。

  • 若い
  • 素直で柔軟性がある
  • 営業経験がある
  • 希望年収が高すぎない

といった人材は、マッチングを決めやすいと言えるでしょう。

 

エージェントは、企業側に「この人御社にいいですよ、ぜひ会ってみてください」と売り込まなくてはいけません。

若くて素直で柔軟性があって、転職先でも馴染みやすそうな人の方が、オススメしやすいわけです。

 

また、営業職の募集は、景気の良し悪しや業界に関わらず、一定数存在します。

案件数が多ければ、マッチングの可能性も高まりますから、営業経験者の転職も支援しやすいのです。

 

では、逆に扱いづらい人材とはどういう人なのでしょうか。

  • ニッチな業界・仕事の経験しかない
  • 例え優秀でも、偉そう・理想が高すぎる
  • 受け身で積極性に欠ける
  • 約束や締切を守らない

といった人は、扱いづらいと思われ、なかなか案件を紹介してもらえない傾向にあるようです。

ニッチな経験しかないという場合、ドンピシャな案件が出てくれば即決できる可能性が高いのですが、そもそも案件数が少ないので、なかなか決まりにくいのです。

 

また、経験値よりも人間的側面について言及されることも多いです。

エージェントも人間です。

お互い気持ちよくコミュニケーションを取れるよう、心がけてくださいね。

エージェントにも業界・職種によって得意・不得意が存在しますから、自分のスペックに合うエージェントを選ぶことも大切ですよ。

 

3.悪いエージェントに当たると、逆に時間がかかる

メリットの4つ目で前述した通り、エージェントはスケジュールや条件調整を肩代わりしてくれ、迅速に話をまとめられます。

ですが、面接候補日時を伝えたのにも関わらず、なかなか返信をくれない。ようやく連絡があったと思ったら、希望とは大幅に異なる条件を提示してきた、といった悪いケースもあります。

 

中途採用の場合、いい人がいてお互いに話がまとまれば、その時点で採用活動終了となります。

そのため、本来はスピーディな対応が必須なのです。

それなのに、なかなか返信がないというのは、信頼性に欠けますね。

 

ここにあげたデメリットは、あくまでもその可能性がある、というもので、必ずしも全ての転職エージェントにこれが当てはまるというものではありません。

最終的に転職するのは自分自身ですので、転職エージェントを利用する際の知識として覚えておくことをオススメします。

 

 

転職エージェントを利用する際の注意点

転職エージェント経由の応募者と一般公募の応募者との違いは、企業情報や仕事内容の理解度の高さです。

エージェントが間に立ち、公開されているものよりさらに詳しく突っ込んだ情報を提供してくれますから、仕事内容や社風など、一般公募より深く理解できるはずです。

 

それなのに、実際に企業と面接してみたら話が違う、といったケースも耳にします。

その内容ならば応募しなかった、という場合もあるでしょうし、正しく理解するのにまた時間を要してしまいます。

 

また、年収などの条件については、ある程度は交渉の余地があるものです。

希望通りになるとは限りませんが、ちゃんとしたエージェントならば、こちらの提示した条件に対して相手がどう反応したか、実際の落とし所はこのくらいになりそうだ、など報告をしてくれます。

  • 情報が正確ではない
  • 時間がやたらかかる
  • 進捗状況を報告してこない
  • 交渉力に疑問がある

といった場合は、違うエージェントを頼ることも視野に入れましょう。

 

 

上手く利用しよう

いかがでしたでしょうか。

転職エージェントを上手く使えば、転職活動の強い味方になります。

もちろん転職エージェントとの信頼関係の構築も忘れずに行いましょう。

プロの力を借り、より良い仕事・職場を見つけられるよう、自分に合った転職エージェントを見つけてくださいね。

あわせて読みたい

カテゴリー