転職活動の期間は短い方がいい?平均3ヶ月から半年が目安な理由は?

転職活動の期間は平均3ヶ月から半年。それ以上の時間をかけると転職活動は成功しない。転職は新卒就活と違い、ゆっくり期間を設けることはできません。中途採用は企業にとって空いているポジションに適した人材を入れるための募集です。この記事では『転職して「成功する人」と「失敗する人」の習慣』の著者、高野 秀敏氏のお話を基に、転職活動の期間についてまとめました。(監修: 株式会社キープレイヤーズ代表取締役 高野 秀敏 氏)

なぜ転職活動期間は短い方がいいのか

shutterstock_311396810

結論からいうと、転職期間は短い方がいいです。

理由は、企業は中途採用募集をできるだけはやく終わらせたいからです。

 

スピード感のある転職活動

中途採用の場合、企業側は1日でもはやく採用をしたいと考えています。

欠員の募集であればすぐにでも働き始めてほしいし、増員の案件においてもできるだけはやく体制を構築したいのです。

 

どんなに優秀な人材も、ある程度のスピード感をもって転職活動を行わないのであれば、企業側の選択肢に入ることができません。

結果、ライバルに先を越されてチャンスを逃してしまうことになります。

 

転職活動の期間で本気度わかる

shutterstock_290877590

企業も転職エージェントも転職する気がある人しか相手にしません。

企業が中途採用に求めるスピード感は「できるだけはやく」です。

 

転職エージェントは転職希望者入社が決まることで報酬を得られます。

つまり企業にとっても転職エージェントにとっても、転職する本気度が低い人は相手にしたくないのです。転職の本気度は期間でわかります。

 

転職をしたい人は

  • 「できるだけはやく転職をしたい」
  • 「年末までには転職したい」

など、具体的な転職スケジュール感を持つようにしてください。

 

企業側、転職エージェント側の意図を組まずにダラダラと転職活動をする人は、いい転職活動をしづらいといえるのです。

 

転職を悩んでいるのはもったいない期間

shutterstock_231388771

どのような状況であれ転職活動の期間は短くするべきです。

 

高野氏は転職期間について

「転職しようと思ったなら、決断を先延ばしにせず、ある程度短いスパンで活動し、ご縁がある企業にサッと転職をしたほうがいい」

としています。

 

期間は3ヶ月が目安

リサーチの期間を含めて約半年、面接など、実際の活動をする期間は3ヶ月以内が転職が成功する場合の目安です。

ある大手人材エージェントでは登録者へのサービス提供期間が3ヶ月を超える場合、継続希望がなければサービスを終了する方針をとっています

 

それ以上長くフォローしても、転職が決まらないことが経験上明らかになっているからです。

3ヶ月以上活動をして転職先が決まらない場合は一度転職活動を休止し、今いる職場でスキルを磨き、次のチャンスを狙うのほうがオススメです。

 

転職期間は平均3ヶ月が目安、長くても半年と決める

shutterstock_296194835
今の職場を変えたいと思う方へオススメのアクションアイテムは

転職活動は短期間で終えると決める

ことです。

 

転職をするかどうか悩んでいるときには、いまの職場に魅力を感じずに働いていることがほとんどです。

悩みを抱えながら働いている期間は、自分の市場価値も上がりづらいです。

 

また、採用倍率が高い中途採用では、半端な気持ちで転職活動をする人は内定が出づらいです。

転職すると決めたら平均3ヶ月が目安です。長くても半年以内に終わらせる覚悟を決めて臨んでください。

 

そうすれば企業側も転職エージェント側も本気になり、結果的に自分のためになるからです。

覚悟が決まらないのであれば、今は転職の時期ではありません。

今の仕事に本気で打ち込み、自分の市場価値を高める期間に充てましょう。

 

BraveAnswer編集部では、キャリアに関するご相談を受け付けております。

  • 今後のキャリアが不安
  • 自分を変えたいが、何から始めたらいいかわからない

といった、具体的なアクションが明確でない人でも大歓迎です。

こちらより、お気軽にお問い合わせください。

 

 

オススメの転職エージェント

リクルートエージェント
リクルートが運営する転職エージェント。リクルートエージェントならではのサービスが充実。転職に便利なコンテンツが無料で使い放題。非公開求人は90%。
あわせて読みたい

カテゴリー