銀行

銀行への就職がオススメの人ってどんなひと?向いている人、向いていない人の特徴は?

銀行は就職ランキングでもトップに入るほど人気の職業です。しかし、全員が銀行の仕事に合うわけではありません。個性を重視する人は銀行には合わない可能性があります。どの職業にも当てはまりますが、銀行は特に向き不向きが問われるので、あらかじめ適性を見極めるのが重要です。この記事では銀行業界に向いている人の特徴トップ5と向いていない人の特徴トップ5をまとめました。

銀行業界に向いている人の特徴トップ5

銀行

銀行業界は人気の就職先の1つです。とはいえ、人によって向き不向きがあります。

銀行業界に向いている人の特徴

  1. お金が好き
  2. 情報収集が好き
  3. 階級を重視できる
  4. 数字が好き
  5. 交友関係が広い

1.お金が好き

まず、最も銀行業界に向いていそうなのが、お金が好きな人です。

銀行はお金を扱うビジネスです。

そのため、お金をいかにして儲けるか、という視点を強く持っている人ほど、銀行に貢献できる可能性が高まります。

銀行に利益をもたらせば中長期的に自分の給料アップも見込めますよね。

お金が好きなら、銀行の利益と自分の利益が一致します。

楽しく会社に貢献しながら、自分も儲かっていきます。

お金や儲けを重視している人にはもってこいの職業です。

2.情報収集が好き

情報収集が大好きな人は、銀行業界に向いています。

銀行員になると、日経新聞や地方新聞など、複数の新聞に目を通すことが常識になります。

国内外の経済情勢や、地域の事情に精通していなくてはならないからです。

近年では、インターネットから得られる情報も増えています。

ネットサーフィンをしたり、気になった事柄について詳細に調査したりすることが好きなら、自然に銀行業界の仕事に取り組めるのではないでしょうか。

3.階級を重視できる

階級を重視できる人にも銀行業界はオススメです。

正しいか間違っているかや能力の高低ではなく、地位が高いからという理由で上司を敬うことができますか。

銀行業界では上下関係が厳しいです。

地位を重視できるなら、ストレスをあまり感じずに済みますよ。

4.数字が好き

数字が大好き、というタイプの人も銀行業界に向いています。

銀行業界はお金を扱います。そのため、お金の計算は不可欠です。

また、利益率を計算するなど、細かな数値計算の機会が多くなります。

数字が好きなら、楽しみながら作業を進めることができそうです。

5.交友関係が広い

友達が多い人も銀行業界向きです。

銀行業界では人間関係を幅広く築くことが大切です。

そのため、対人コミュニケーションが得意な人は、銀行業界で活躍できる可能性が高いです。

友達を作るのが得意なら、銀行業界を目指してみてはいかがでしょうか。

 

銀行業界に向いていない人の特徴トップ5

銀行

銀行業界には、向いている人もいれば、向いていない人もいます。

苦労して銀行業界に入ったのに適性がなくてすぐにやめてしまった、ということがないよう、どんなタイプなら銀行業界に向いていないのか知っておきましょう。

銀行業界に向いていない人の特徴

  1. コミュニケーションをとるのが苦手
  2. ある考え方に強く固執してしまう
  3. 夜型
  4. 個性を重視する
  5. 性格が良すぎる

1.コミュニケーションをとるのが苦手

コミュニケーションが苦手な人は、銀行業界には不向きです。

銀行業界はお金を扱うビジネスなので、数字に強ければよい、と考えるかもしれません。

しかし、銀行は多くの企業や個人と取引を行っています

したがって、人と関わる場面が少なからず出てきます。

2.ある考え方に強く固執してしまう

考え方が古い人も、銀行業界には向きません。

銀行はかつての財閥を母体とするところもあり、古いイメージがあるかもしれません。

確かに伝統が残る銀行も少なくありません。

しかし、銀行に必要な人材は、思考が柔軟な人物です。

なぜなら時代の変化に適応しないと、他の銀行にビジネスチャンスを奪われかねないからです。

3.夜型

生活習慣が夜型人間は銀行業界には適しません。

銀行は朝からしっかりビジネスを行います。

したがって、朝起きるのがつらい、という人は勤務体系になじめない可能性が高いです。

体への負担が重いと仕事を長く続けることができませんよ。

4.個性を重視する

個性を重視したい人は、銀行業界を避けるべきです。

銀行業界では上司の指示にきっちり従うことや人間関係を良好にすることが必須です。

したがって、自分の個性を輝かせようとすると、会社の和を乱してしまうことになります。

単に自分が職場になじめないだけで済めばよいのですが、昇進のチャンスも失われていきます。

場合によっては閑職に追いやられ、退職を余儀なくされることも否定できません。

銀行は上下関係が厳しい職種です。

大げさに言えば、上司と上手く付き合うかどうかで自分の将来が変わります。

したがって、個性を生かしたいなら銀行への就職はオススメできません。

5.性格が良すぎる

最後に、性格が良すぎる人も、銀行業界には不向きです。

銀行業界ではお金をはじめとする数字が絡んだ競争が日々展開されています。

したがって、時には他人を出し抜く姿勢も求められます

お客様に丁寧なサービスをしたい、などと言う心がけは立派です。

しかし、長年にわたって銀行で働き続けるためには、他人と競争する意識が不可欠です。

ある程度の闘争心を持っている人のほうが、銀行業界には向いていそうですね。

 

向き不向きを見極める

銀行

銀行は就職ランキングでもトップに入るほど人気な職業です。

大量採用もしているため、軽い気持ちで受けようかなと思って受ける人も多いのではないでしょうか。

しかし、向き不向きがあり、入ったら全く自分と合わないという可能性もあります。

銀行を受ける際は、自分の性格に向き合ってよく考える必要がありそうですね。

あらかじめ適性を見極めた上で、就職先として銀行が望ましいかどうかを検証するのがオススメです。


カテゴリー