27歳、絶好の転職タイミングで考えるべき3つのポイント

27歳で転職をする人は年間約10~20万人で2人に1人が転職に成功しています。しかし、転職を考えるタイミングで考えるべきことがあります。年間約300万人が転職に成功していますが、27歳での転職は特に有意義なタイミングの一つとされています。ポイントを見逃すことで意味のない転職になろうとしていませんか。この記事では、27歳で転職を検討する際に考えておくべき3つのことをまとめました。(監修: 株式会社キープレイヤーズ代表取締役 高野秀敏氏)

27歳が転職のタイミングである理由

27歳 転職

いつもご覧いただきましてありがとうございます。BraveAnswer編集部です。

最初の会社に学部卒で新卒入社をしていれば、27歳は入社後4〜5年が経ち仕事に慣れる時期です。

 

27歳の平均年収は

  • 371万円

で、400万円以上稼ぐ人は全体の39%います。

(DODAの2014年度年齢別平均年収データより)

 

一般企業では若手の成長株として、会社のことがわかってくるタイミングといえます。

はやい人では役職についたり、新人教育を任されたりすることもあります。

 

27歳は転職市場でも人気世代

社会人の基礎スキルが身についている人が多く、これからの成長も期待できるという観点で27歳は転職市場で人気世代の一つなのです。

 

総務省の労働力調査によると、日本の年間転職者320万人のうち、

  • 25~29歳は最も多く53万人

です。

 

25~29歳の転職希望者は106万8000人なので、

  • 約2人に1人が転職を成功させている

ことになります。

 

27歳で転職をする人は推定約10~20万人いることになります。

 

個人のキャリア形成を考えるにも27歳転職は絶好のタイミング

個人のキャリア形成にとっても会社の即戦力採用にとっても、27歳は転職を検討する絶好のタイミングなのです。

 

以下では、27歳の転職で考えるべきことを3つの観点でまとめました。

27歳の転職で考えるべきこと

  1. 「今の会社でやり残したことはないか」
  2. 「自分が本当にやりたいことは何か」
  3. 「生活コストを把握する」

 

それでは3つの考えるべきことをひとつづつみていきましょう。

 

27歳の転職で考えるべきこと1「今の会社でやり残したことはないか」

27歳 転職

27歳での転職は成功率が高いですが、転職をするということは、今の会社でのキャリアに見切りをつけることでもあります。

  • 今の会社でやり残したことがないか
  • 入社前に思い描いていたことはできたか
  • 人に語れる成功体験はできたか

を振り返ってみてください。

 

やり残したことがあれば、それを終えてから転職をするのも一つの選択です。

 

同僚や家族、友人やOB訪問に来た学生に語れる仕事の成功体験は、転職時の面接でそのまま語れるエピソードになります。

 

最近では転職後に出戻りをする人の例も増えています。

いざとなったら今の会社に出戻りできるような関係性を構築しておくのも戦略的な判断といえます。

 

27歳の転職で考えるべきこと2「自分が本当にやりたいことは何か」

27歳 転職

  • スティーブ・ジョブズがアップルを創業したのは21歳。
  • ラリー・ペイジとセルゲイ・ブリンがグーグルを創業したのは25歳。
  • 孫正義がソフトバンクを創業したのは24歳。

27歳は、何かを成し遂げようとするタイミングとして決して早くはないのです

 

焦る必要はありませんが、転職を考えるうえで、数年の社会人経験を基に

  • 「自分が本当にやりたいことはなにであるのか」

を考えてみてください。

 

27歳の転職で考えるべきこと3「生活コストを把握する」

DODAが発表する転職理由ランキング(2015年上半期)によると、「給与に不満がある」が第3位です。

 

転職に成功をすればかならず給与があがるわけではなく下がるケースもあります。

20代の転職では年収アップをマスト条件にせず、欲しいスキルや成長産業への転職を優先させるのがポイントです。

 

転職1年目は今の年収よりも下がるシナリオも考慮に入れて準備をしてください

 

その意味で、自分の生活コストを把握することも重要なポイントです。

月の家賃や光熱費、食費、趣味に使うお金などを計算します。

使う金額が多くて現在一人暮らしの方は、状況が許せば実家暮らしも考慮してみてください。

家賃代を節約することができます。

 

年収が下がっても、生活にかかる必要最低限のコストを超えるのであれば、おもいきって転職することをオススメします。

成長産業であれば2〜3年で年収水準が大きく変わることも珍しくないからです。

 

まだ20代なのに年収が下がるからといって自分がやりたいことをやれないというのは、もったいないです。

 

いかがだったでしょうか。

以上が27歳の転職時に考えるべきポイントです。

 

今後の人生を考えたキャリア選択を

27歳 転職

転職を視野にいれている27歳前後の方へオススメのアクションアイテムは、この記事でご紹介した考えるべき3つのことを考えることです。

  • 「いまの会社でやり残したことはないか」
  • 「自分が本当にやりたいことは何か」
  • 「自分の生活コストはいくらか」

を考えることは、次のキャリア選択をするベースとして役にたちます。

 

やりたいことが明確になっていなく、20代で3回以上転職をすると「ジョブホッパー」とみなされることもあり、キャリア形成に不利に働くこともあります。

 

1度しかない人生、これだけはやりたいと思えることを模索してみてください。

 

今の会社でやれることが一区切りし、やりたいことができそうであれば、転職が人生を変えるきっかけになるかも知れません。

 

あなたの適正年収は?

もし今後、やりたい仕事をしながら年収をあげていきたいと感じているなら、まずはご自身が今どれくらいの市場価値(=適正年収)があるのかは気になるところです。

ご自身の適正年収を知るには転職エージェントに相談してみるのもいいでしょう。転職市場の中でのご自身の可能性を適正に判断してくれます。

ただ、転職エージェントにも相性があります。転職エージェントの傾向や、担当者の力量によって転職が左右されるともいわれています。自分に合ったエージェントに出会うためにも、傾向をみながら複数の転職エージェントに登録するのがおすすめです。

各転職エージェントの特徴ごとにおすすめをご紹介します。

 

すべての人がまず登録すべき転職エージェント

すべての人がまず登録して間違いないのが「大手総合転職エージェント」です。求人の量・質ともに充実しているのが以下の大手転職エージェントです。

転職エージェント 詳細
リクルートエージェント 非公開求人10万件以上。日本最大級の転職エージェント。
DODA 求人数10万件以上(日本最大級)。DODA限定の求人も。
パソナキャリア 大手転職エージェントの一角。丁寧なサポート体制。

大手転職エージェントは求人の量・質が多い反面、登録している転職希望者が多いので競争が激しくなるという一面もあります。

最低でも大手ともう一社しておくとよいでしょう。

 

今までの職務経歴に自信のない方におすすめの転職エージェント

大手では扱っていない案件も多く扱っている転職エージェントをご紹介します。登録者数が大手よりも少ないので、穴場的な求人に出会えることもあります。また、内定・入社後にもアフターフォローがあるなどキャリアアドバイザーの対応もきめ細かいという特徴もあります。

大手と一緒に登録することで効果を発揮する転職エージェントです。

転職エージェント 詳細
type転職エージェント 非公開案件約80%。転職した人の約71%が年収アップに成功している。首都圏在住の方限定。
ワークポート 転職決定人数部門で4回連続1位を獲得したことがある。IT系や未経験からのキャリアチェンジに強い。

 

今までの職務経歴に自信がある人におすすめの転職エージェント

大手転職エージェントでも扱わないようなハイキャリア向けの案件を多く持った転職エージェントもあります。今後海外も視野に入れたキャリアアップを目指す方には積極的におすすめしたい転職エージェントです。

転職エージェント 詳細
JACリクルートメント 業界3位。外資系企業や海外への転職に強く、アジア最大級のネットワークを持つ。

 

BraveAnswer編集部では、キャリアに関するご相談を受け付けております。

  • 今後のキャリアが不安
  • 自分を変えたいが、何から始めたらいいかわからない

といった、具体的なアクションが明確でない人でも大歓迎です。

こちらより、お気軽にお問い合わせください。

 

BraveAnswer編集部が考える転職については「転職とは何か。」にまとめてあります。転職をする前に、そもそも転職とはなにか、考えてみてください。

 

BraveAnswerでは、皆様の転職エージェントの評価や感想を集めております。こちらのフォームに従って、感想を教えていただければ幸いです。ご協力のほど、よろしくお願い致します。

 

あわせて読みたい

カテゴリー