トピックスとは?意味は?株価とは違う?日経平均株価との違いは?推移や特徴は?

トピックスとは、東京証券取引所が公開している日本の代表的株式指数です。東証一部のほとんど全ての銘柄を対象にしており、市場全体の時価総額を基準年と比較して評価します。同じく日本の代表的株式指数として日経平均株価があります。トピックスと日経平均の違いは?見ると何がわかるの?この記事では、トピックスについてまとめました。

トピックスとは?

いつもご覧いただきましてありがとうございます。BraveAnswer編集部です。

 

トピックス(TOPIX)とは

  • 「Tokyo Stock Price Index」

の略称です。

 

東京証券取引所が公開している、日経平均株価と並んで日本株式市場全体の値動きを表す代表的な日本の株式指数です。

 

トピックスの計算方法

東証1部の浮動株(市場に流通している株式)の

  • 「株数×株価」

を合計したものを、市場の時価総額として計算対象にします。

 

対象銘柄は東証1部の浮動株全般なので、約2000銘柄ほどあります。

 

 

トピックスは1968年1月4日の時価総額を100として、今の時価総額がその何倍になっているかを指標として表します。

  • 「トピックス=現在の時価総額÷基準時価総額(1968年1月4日の時価総額)×100」

で簡易的に求めることができます。

 

時価総額

ちなみに時価総額は

  • 「株価×発効株式数」

で求められます。

 

企業の価値を表す数値としてよく用いられます。

ただ実際は新規上場・上場廃止・増減資・企業分割などで修正されるのでもう少し複雑になります。

 

トピックスの特徴

トピックスは株価が大きい企業の影響を受けにくく、市場のトレンドをわかりやすく示すとされています。

 

しかし時価総額が大きい企業の影響を受けやすいという特徴もあります(トヨタや大手メガバンクなど)。

日本経済新聞が出している東証一部時価総額ランキングは以下のようになっています。(2017/06/30 現在)

  1. トヨタ
  2. NTT
  3. 三菱UFJフィナンシャルグループ
  4. NTTドコモ
  5. ソフトバンク

また、トピックスには配当込みのものと配当無しのものの2種類があります。

 

ここまでで説明してきたものはいわゆる配当無しトピックスです。

 

配当込みトピックスとは、上記したトピックスの計算に、企業の配当金の支払い分の株式価値が考慮されて計算されたトピックスのことです(一般的には配当金を支払うと株式価値は低下するとされている)。

 

 

トピックスと日経平均株価の違いは?

トピックス 日経平均
発表元  東京証券取引所  日本経済新聞社
対象銘柄  東証一部浮動株全般約2000銘柄  東証一部225銘柄
計算方式  浮動株時価総額加重型方式  株価平均型方式

先ほども説明したように、トピックスは浮動株の時価総額の合計を対象にして、基準値と比較して様々な修正を加えて指数を出すという方式です。

一方日経平均は、東証一部の取引が活発で流動性の高い225銘柄の株価を対象に平均値を出し、修正を加えて指数にするという方式です。

 

特徴

この2つの指数は計算方式や対象数値の違いからその特徴にも差が生まれます。

トピックス

  • 対象銘柄が多い
  • 時価総額ベースで計算
  • 株価が高い企業の影響を受けにくい
  • 時価総額の大きい企業の影響を受けやすい
  • 対象銘柄が多いので少数の企業が大きく値動きしても影響は受けにくい

日経平均株価

  • 取引が活発で流動性の高い225銘柄に絞られる
  • 定期的に銘柄が入れ替わる
  • 株価平均ベースで計算
  • 株価が高い企業の影響を大きく受ける
  • 景気変動の影響を受けやすい

 

まとめると、

トピックスは

  • 時価総額の動きから市場を評価

日経平均は

  • 主力銘柄全体の株価の動きから市場を評価する

ということになります。

 

 

トピックスの推移は?

1980年代後半から90年代初頭にかけてはバブル景気だったので、時価総額も高まっています。

 

その後はバブル崩壊後の暴落から、緩やかに下落を続けています。

1990年代は失われた10年とも呼ばれる歴史的な不景気でした。

 

その後1990年代後半から2001年にかけてITバブルで好景気となりました。

この時IT関係の企業の時価総額が上昇し、トピックスがそれに反応しました。

 

2004年頃は世界的には世界的に経済が加速し、輸出の増加に伴い国内の景気も良くなってきていました。

ただ2007年にはサブプライムローン問題などが発生し、連鎖的に翌年リーマンショックが発生しました。

 

経済の動きにしっかり反応するトピックス

これらの経済の動きを背景にトピックスもしっかり反応していることがわかります

現在日本は東京オリンピックを控えています。

通常オリンピックに伴って様々な経済成長が期待されていますが、トピックスはどう反応するのでしょうか。

 

オリンピックに伴ってインフラ整備や施設投資などが活発になっていくことが予想されます。

そうしたことが起こる場合、メガバンクや大手建設会社などの大型銘柄の時価総額は上昇すると考えられるので、トピックスも上昇するのではないでしょうか。

 

トピックスを知って投資をする

トピックスを知れば自然と市場の流れをつかめるようになります。

市場の流れを掴めば投資でも成果を上げることができます。

 

トピックスは資産運用のための指標として有効です。

 

年収アップの方法も知る

資産運用は年収アップのための方法の1つといえます。

 

関連記事に年収アップの方法についてまとめていますので、併せてご覧ください。

資産運用やその他の方法で、年収をアップさせたい人におすすめの記事です。

 

トピックスは景気のものさし

トピックスは東京証券取引所が公表している株式指数です。

東証一部の浮動株全般の合計時価総額が、基準年からどれくらい成長しているかをポイントで表します。

 

簡単に言うと、市場の景気を計るものさしのようなものです

 

また日経平均株価もトピックスと並んで日本の代表的株式指数ですが、株価の平均から出すという点でトピックスとは異なります。

 

トピックスと日経平均の特徴を知り使い分ける

トピックスは時価総額の大きい大型銘柄の影響を受けやすく、逆に日経平均は株価の高い企業の影響を受けやすいです。

この点を把握しておけば、投資などに活用する際でも役立つでしょう。

 

また日経平均は対象銘柄数が少ないため、値動きがトピックスよりも大きいです

場合に応じて使い分けるのがオススメです。

 

これから始まる東京オリンピックのようなビッグな経済イベントを通して、トピックスや日本の景気がどうなっていくのでしょうか。

これからもトピックスや日経平均株価から目が離せません。

 

新聞を読んで世界の動向を知る

ビジネスに限らず、人生を豊かにするためには世の中の動向を知っておくことも大切です。

身近な方法としては、新聞を読むこともひとつの手段です。

英語圏の情報であれば、

ウォールストリート・ジャーナル日本版 世界最大の経済新聞
ワシントンポスト 世界的影響力のあるアメリカを代表する新聞のひとつ
AFP通信 世界最古のフランスの新聞社
ジャパンタイムズ 日本最古の英字新聞

など日本からでもアクセスできる新聞紙があります。

日本であれば、

日本経済新聞 日本最大の経済新聞
読売新聞 1874年創刊 世界最多の発行部数
朝日新聞 1879年創刊 日本第2位の発行部数
毎日新聞 1872年創刊 日本三大紙のひとつ
東京新聞 1942年創刊 中日新聞社発行

など、様々な視点の新聞があります。様々な角度から物事をみるためにも一通り目を通しておくことをお勧めします。

 

英語を身につけることで情報の壁を突破する

また、現在は英語さえ身につけていれば、インターネットで世界の情報にアクセスできる状況でもあります。

英語を身につけることで情報を手に入れる幅が格段に広がります。世界で起きていることを、現地の人の目線から知ることができるからです。

ライザップイングリッシュ 30日間全額返金
ALUGO 短期集中ビジネス英会話トレーニング
スタディサプリ ENGLISH 日常英会話コース

など、英語学習の場も充実してきているので学びの幅を広げてみてはいかがでしょうか。

 

あわせて読みたい

カテゴリー