【再生医療ビジネスの業界研究】再生医療ビジネスとは?現状や課題は?iPS細胞とは?

再生医療ビジネスとは、病気や怪我で失われた身体機能を再生する医療技術を用いたビジネスです。患者の細胞を使って組織を作り出すことができるiPS細胞に注目が集まっています。ただ寿命や医療費などの課題もあります。iPS細胞の研究が認められ、京都大学の山中教授は2012年にノーベル生理学・医学賞を受賞しました。この記事では、再生医療ビジネスについてまとめました。

再生医療ビジネスの現状は?

経済産業省の調査報告書によれば、世界の再生医療の市場規模は以下のように成長すると予想されています。

年代 市場規模
2012年 3400億円
2020年 2兆円
2030年 17兆円
2050年 53兆円

国内の市場規模も2050年に約3.8兆円に上る見通しです。この流れに乗ろうと医学界、薬学界、医療機器メーカーなどがすでに熾烈な戦いを繰り広げています。

ただし課題もあります。

  • 国民医療費問題
  • 健康寿命の問題

いずれにせよ再生医療ビジネスは成長産業です。一方で医療、生命という観点で我々は最新医療にどう向き合っていくかという大きな転換期に差し掛かっています。

 

 再生医療とは?

病気や怪我で身体機能が損なわれた場合、義手、人工肛門、人口関節などの人口器官でカバーすることになります。しかし、元の体と同じ機能を回復することはできません。不便さはずっと残ることになります。

皮膚移植、骨髄移植、臓器移植などをすれば元の体にかなり近いレベルまで回復することができます。しかし手や足の移植はできません。

また、生きた組織や器官を移植するにはドナー(提供者)が現れるのを待たなくてはいけません。ドナーが現れたとしても、サイズが合わない場合や、移植後に拒否反応が起きて移植が失敗してしまう場合があります。

そこで患者自身から採取した細胞から組織や器官を再生する医療が注目されています。

 

注目が集まるiPS細胞

患者の皮膚からiPS細胞を作製すると、このiPS細胞からありとあらゆる組織や器官を作り出すことができます。あらゆるものを作り出せるので「万能細胞」と呼ばれています。

iPS細胞は患者の細胞を元に作製するので、拒絶反応が起きないという大きなメリットがあります。

私たちの体は一個の細胞から始まります。その一個の細胞が繰り返し分裂することで、心臓は心臓に適した専門細胞に、肝臓は肝臓に適した専門細胞になっていきます。

こうして体ができあがっていきます。この専門細胞はほかの部位の専門細胞にはなれず、また専門細胞は増殖することできない、これが長い間の常識でした。

それを打ち破ったのが京都大学の山中伸弥教授の研究チームでした。

2006年に山中教授はiPS細胞のマウスの作成に成功しました。その後、山中教授と並んでアメリカの研究チームが人間のiPS細胞の作成に成功し、iPS細胞の再生医療への応用研究が一気に加速しました。

山中教授は2012年にイギリスのジョン・ガードン名誉教授とともにノーベル生理学・医学賞を受賞しました。

2014年には神戸市の先端医療センター病院の栗本康夫眼科統括部長、理化学研究所の高橋政代プロジェクトリーダーらが、加齢黄斑変性という目の病気の70代女性に世界で初めてiPS細胞を移植する手術を行いました。

加齢黄斑変性という病気はこれまで治療法がありませんでした。

移植から半年が経つと細胞が定着し、副作用も起きませんでした。iPS細胞で懸念されていた細胞がどんどん増えて癌化することもありませんでした。

この手術により、iPS細胞が人間の治療にも使えることが証明され、iPS細胞による再生医療の現実味が増す大きな一歩になりました。

 

iPS細胞ビジネスの覇権争い

医学界、薬学界、医薬関連企業は早くもiPS細胞を巡って凄まじい覇権争いが起こっています。

例えば武田薬品工業は「湘南研究所」で京都大学iPS細胞研究所と10年間にわたる共同研究契約を結びました。武田薬品はこの期間、およそ200億円の研究費と研究設備を含めた約120億円の研究支援を提供します。

また2015年にマザーズに上場した薬を開発するベンチャー企業のヘリオスという会社があります。

ヘリオス国立研究開発法人・理化学研究所の認定ベンチャー企業です。iPS細胞を使った加齢黄斑変性の治療をさらに向上、定着させることが事業のメインです。

この会社に大日本住友製薬、新日本科学、澁谷工業、ニコンなどが出資し、将来の布石を打っています。

分析、計測機器が主力事業の島津製作所は、山中教授がノーベル賞を受賞する前年から共同研究契約を結び、京都大学iPS細胞研究所(CiRA)が培養調製したiPS細胞を同社が質量分析装置を使ってチェックしています。

このように、医学や薬学、医薬関連企業が再生医療分野に集中的に資本投下し、ビジネス化の流れをつかもうと水面下で覇権争いが繰り広げられています。

 

再生医療の課題は?

課題は大きく大きく2つあります。

再生医療の2つの課題

  1. 国民医療費の増加
  2. 寿命の伸長

1.国民医療費の増加

例えば再生医療ではありませんが、肺がんの新薬であるニボルマブという商品があります。この薬は1年間投与しなければいけませんが、1年使うと1人当たり約3500万円ものお金がかかります。

同じようにiPS細胞による再生医療が一般的な治療法として広まれば、これにも高額の医療費がかかると言われています。これでは健康保健が破綻してしまい、社会保険を整備したとしても対応できないと予想されます。

2.寿命の伸長

iPS細胞含む医療技術が発達すれば人間の寿命は伸びていきます。ただだれもが健康な100歳を迎えられればいいのですが、75歳を超えると病気のリスクが一気に高まります

高度な治療法があるために生きながらえることができますが、そこには当然ながら税金がかかるのです。

 

増える医療費と伸びる寿命

これまで生命が1番大切で、1日でも生きながらえることが最も重要だと考えられてきました。ところがコストがかかる最新医療技術使えば、健康保険が破綻してしまいます。

例えば再生医療を保険外にすると、一部の富裕層しか利用できないという不平等が生まれてしまいます。また植物状態になっても生きながらえることに意味があるのかという議論もあり、尊厳死説にも繋がってきます。

健康年齢をいかに伸ばしていくかということも考えなければいけません。医療と生命。2つの観点から私たちは最新医療にどう向き合うのか、大きな転換期に差し掛かっています。


カテゴリー