生き方

確定申告とは?期間はいつから?ふるさと納税や医療費控除のやり方は?やり方や手順は?

確定申告とは、毎年2月16日〜3月15日に所得税の納税額を精算する手続きのことです。確定申告をすることで多めに払った所得税額が返ってくることがあります。節税するためにも確定申告について理解を深めて起きましょう。この記事では、確定申告について、メリットや方法についてまとめました。

確定申告とは?

確定申告とは、毎年の年度末に所得税の納税額を精算する手続きのことです。

毎年1月1日から12月31日までに得た収入を全て計算して、納税します。

 

基本的に会社員の方は源泉徴収という形で、給料から直接差し引く形で税金を徴収されています。

確定申告することで、源泉徴収などで多めに納税した場合は返してもらい、少なめに納税した場合は追加で納税することになります。

1年間に支払った税金を、確定申告によって正しい金額に調整します。

 

少なめに収めた場合は必ず確定申告を行う必要があります。

具体的には、

  • 2000万円以上の年収の会社員
  • 副業の収入が20万円以上の人

が対象です。

 

ただ、多めに納めている場合は税務省が得をしている状態ですので、確定申告をする義務はありません。

一般的に源泉徴収では、昇給する可能性を想定して、差し引く税金を多めに設定しています。

確定申告を怠ると、所得税を多めに払ったままの可能性が高いといえます。

 

「国税庁レポート2019」によると、就業者のうち確定申告をしているのは、国民の6人に1人(約16%)です。

約70%もの人が確定申告をしないがために損をしている可能性があるということです。

節税のためにも確定申告について理解を深めましょう。

出典:国税庁レポート2019

 

確定申告をするメリットは?

確定申告によって所得納付額の控除を受けるこができます。

控除額から所得税率をかけた金額が返ってくるということです。

所得税率は年収によって異なります。年収が600万円の場合には1割です。

 

保険料に対する所得控除

1年間の医療費が10万円以上の人は医療費控除を受けることができます。年収が200万円未満の方は年収の5%以上が基準になります。

基準以上に払った医療費が控除額となります。病院や医療機関などでの領収書などを準備しておきましょう。

 

住宅を購入・増改築した場合

住宅を新築したり購入したりした場合、住宅借入金等特別控除(住宅ローン減税)を受けることができます。

「ローンの年末残高×1%」で最高20万円の控除額が減税となります。ただ、現金で支払った場合には適用されません。

 

ふるさと納税や寄付をした場合

ふるさと納税をすることで寄付金控除を受けることができます。

寄付金の額の合計額から2000円を引いた金額の控除額を受ける受けることができます。ただ、総所得税の金額の40%相当額が上限となります。

 

年収103円以下の人

アルバイト学生やパートをしている主婦の方で月収8万8000円を超えない方は所得税がかかりません。

ただ、多くの場合では源泉徴収で所得税を徴収されています。確定申告をすることで、徴収された所得税を全額返してもらえます。

 

 

確定申告のやり方は?

確定申告期間は毎年2月16日〜3月15日です。ただ期日に土日が重なると月曜日までに繰り越されます。

期限が1ヶ月と短いため、注意をしてください。期日を越えてしまうと返ってくる金額が減ってしまいます。

ただ、期日を過ぎて減ってしまうとしてもある程度は返ってきます。

確定申告は過去5年に遡って申告をすることができるので、昨年に期日を過ぎて諦めた場合でも申告をしておくことをオススメします。

確定申告の手順

  1. 申告書および必要な書類を準備
  2. 申告書を作成
  3. 申告書を提出

1.申告書および必要な書類を準備

自分の申告は確定申告書AなのかBなのかを確認して入手をしてください。

会社員やアルバイト・パート 申告書A
個人事業主 申告書B

申告書AはBの簡略版です。

最寄りの税務署に行ったり郵送を依頼したりすることで申告書をもらうことできます。国税庁のサイトで直接入力することも可能です。

申告書の他にも領収書やレシート、事故証明書、源泉徴収書といった書類も準備してください。

 

2.申告書を作成

申告書を税務省の手順を参考にして書き進めてください。記入の際には漏れがないように注意してください。

 

3.申告書を提出

確定申告をする際のよくあるミスが提出忘れです。最後の最後で気が抜けてしまうことが多いということでしょう。

上記にも述べた通り、確定申告の時期を過ぎてしまうと返ってくる金額が少なくなることがあります。最後まで忘れずに提出しましょう。

 

 

賢く税制を利用しよう

確定申告は自分とは関係がないと思っている方は多いのではないでしょうか?

実際には確定申告をすることで払いすぎた税金が戻ってくる可能性が高いのです。

 

確かに計算をしたり、申告書を記入するのは面倒です。

ただ、確定申告をしたほうが断然お得です。

 

年収が400万円の方の所得税率は5%です。

1ヶ月の給与の約半分を納税していることになります。

確定申告は遅くても1日以内で終わるはずです。

1日で半月分の給与を稼げると考えるとお得ですよね。

 

面倒でも確定申告をすることをオススメします。