コンセプト設計とは?意義や目的は?どのような職業で使われている?

コンセプト設計とは、全体の元となる基本的な考え方を決めることです。製品開発や事業展開でアイデアに方向性を与えるために行われます。あらゆるビジネスで考えられ、特にクリエイティブな仕事に求められますイノベーションを支えるコンセプト設計。この記事では、コンセプト設計の意義や目的、職業についてまとめました。

コンセプト設計とは?

コンセプト設計とは全体の元となる基本的な考え方を決めることです。アイデアを出して方向性や目的を決める際に役に立ちます。

コンセプト設計ではモノの本質を突き詰めていきます。

どのような目的で何を提供するのかということがポイントです。

具体的には「何のために売るのか」「どの消費者をターゲットにするのか」「消費者に対して何を提供するのか」を考えていきます。

考え出したアイデアを基にコンセプトにまとめていきます。

良いコンセプトには以下6つ特徴があると言われています。

良いコンセプトの6つの特徴

単純性 単純であれば、分かりやすく相手の心に響きやすいです。
意外性 常識にないことは相手の興味をひきつけます。
具体性 具体的であることは相手の理解を助けてくれます。
信頼性 良いアイデアでも相手に信頼されなければ意味がありません。
感動性 感情と結びつくことで相手の記憶に焼き付きます。
物語性  絆や挑戦、創造性があると相手の心に響きます。

以上の項目に注意しながら、コンセプトを決めることがコンプセプト設計の仕方です。

 

コンセプト設計の目的は?

コンセプト設計は、製品開発や事業展開の方向性を決めるために行われます。

製品開発とコンセプト設計

日常的なビジネスでは、あらゆる側面でアイデアが多く存在します。

既存のアイデアだけでなく、新たなアイデアを出すことで会社の事業展開は行われます。

ただ、アイデアを出すだけでは売れるかどうか分かりません。消費者に響くアイデアである必要があります。

消費者に響くアイデアを作るのに必要なことがコンセプト設計です。

良いコンセプトは人を動かします。力強いアイデアで、消費者の心を動かし行動させます。

実際に日経テクノロジーのインタビューで、元ホンダ経営企画部長である小山三郎は、イノベーションを成功させるためにコンセプトが重要であると述べています。

スティーブ・ジョブズもデジタルハブ構想というコンセプトを基にAppleを成長させ、iPodを生み出しています。

事情方針とコンセプト設計

コンセプト設計では、様々な側面を考慮して会社の事業の方向性を決める際にも役に立ちます。

どのような層をターゲットにするかを考えていくことで、現在の会社の強みを探し出すことができます。

現在の強みを理解することは、事業展開を行なってターゲットを広げるのに役に立つのです。

コンセプト設計を行うことは、今の会社がどのようなターゲットに何を提供することができるのかを把握することや、新たなターゲット層を探して新たに提供するものを考えることにつながります。

コンセプト設計の目的とは、新たなコンセプトの設計とともに、これまでのアイデアや現在の会社の状況を整理するプロセスといえます。

 

コンセプト設計が使用される職業は?

コンセプト設計はあらゆるビジネスで考えられます。

特にwebサイトや建築、デザイン、製品開発などのクリエイティブ関連の仕事では必要となります。

製品開発では、概念設計と呼ばれることが多いです。

コンセプト設計は物事の本質を明確化していきます。

クリエイティブな仕事では新しくアイデアを商品化していくことが必要です。

アイデアが魅力的な商品にするのにコンセプトは必要不可欠となります。

エンジニアにおいても、概念設計という言葉が使用されます。

エンジニアにおける概念設計は、業務で扱う情報を整理して概念として示す場合があります。

どんな職業でもコンセプト設計は方針を決めるために重要です。

 

それぞれの職業でのコンセプト設計の意義は?

コンセプト設計の意義は、それぞれの職業でも様々です。

webサイト

webサイトを例に挙げると、webサイトの設計では最初にコンセプト設計を行ないます。

サイトのターゲットや目的を決める必要があるからです。

webサイトは様々なものがあり、どのようなターゲットに対して何を提供するかをあらかじめ決めなければなりません。

サイトをさらに拡大したい場合は、新たなターゲット層を考え、新たに提供できるものを考慮することになります。

これまでのサイトではなく、新たにサイトを設計する場合には、ターゲットと目的をきちんと決める必要があります。

webサイトの場合は多くの人が訪れることもあるため、トレンドや動向も検討することになります。

トレンドや動向に合ったコンテンツを提供できるかということは重要なポイントで、コンセプト設計に含まれるといえます。

webサイトにおけるコンセプト設計の意義は、方向性を決める際に多くのトレンドや動向を見据えることも含まれています。

製品開発

製品開発においても設計、コンセプト設計、概念設計という言葉が使用されます。

製品開発では概念設計と呼ばれることが多いものの、コンセプト設計と概念設計などの用語であまり違いが見られないという見方が一般的です。

製品開発でもアイデアや方向性が重要な要素となります。製品開発の概念設計は、開発までの設計の段階を示します。

製品の開発では、様々な関係者について考慮しなければなりません。

ターゲットとなる顧客だけでなく、会社内の経営や財務、マーケティングなどの関係者、そして販売業者に至るまで、多くの関係者が存在します。

製品開発でアイデアや方向性を決めるには、これらの関係者とのコミュニケーションが重要です。

顧客の視点だけでなく、多くの関係者の声も考慮する必要があります。

 

コンセプト設計を仕事に

コンセプト設計は、アイデアを方向性に結び付けます。

現在のビジネスの状況から今後のビジネスの展望まで広い視点で見ることに役に立ちます。

今後はあらゆるビジネスで、コンセプト設計という考え方が広く使用されるものと思われます。

今までコンセプト設計をしたことがない方はやってみてはどうでしょうか。

クリエイティブな仕事をしていないという人もいるでしょうが、コンセプト設計は多くの場面で応用が効きます。

自分のスキルを一段上げるためにもコンセプト設計を行うことをオススメします。

あわせて読みたい

カテゴリー