キャリアプランニングの必要性を考える|理想の人生設計を立てるために

キャリアプランニングとは、自分の仕事や人生を自分で計画し、実現していくことです。人生設計ともいえます。世襲制や終身雇用制度の崩壊で、個人がキャリアを自分で決めることが求められるようになっています。あなたは将来のビジョンを持っていますか?キャリアプランニングはあなたの人生をより幸せにするための手段です。この記事ではキャリアプランニングについてまとめました。

キャリアプランニングとは?

キャリアプランニングとは、

  • 自分の仕事や人生を自分で計画、実現していくこと

です。

キャリアとは仕事のことですが、最近では広い意味で人生とする人もいます。

 

人生のビジョンを明確にする

あなたは人生のビジョンを持っていますか?

  • 「30歳で結婚したい」
  • 「40歳までに一戸建ての家を建てたい」
  • 「35歳までに起業したい」

など、人ぞれぞれにうっすらとでも様々なビジョンがあると思います。

 

キャリアプランニングは、ビジョンを明確にし、そのためには何をすべきかということを自分で決めていく作業のことなのです。

 

近年、ますます自分の望む人生を自分で決めて進んでいく能力が求められるようになっています。

また、キャリアデザインという言葉もありますが、キャリアプランニングとほぼ同じ意味として問題ないでしょう。

 

キャリアプランニングは重要?いかに必要とされているか

キャリアプランニングは、年々その重要度が上がっているといえます。

それには日本の社会背景があります。

 

キャリアプランニングの社会的背景

日本はもともと、士農工商など身分制度がある社会でした。

身分制度とは、職業を親から子へと引き継ぐ世襲制を前提とするものです。

 

そういった社会では、個人が仕事や人生をみずから選択することは難しいものでした。

また、戦後以降は企業の終身雇用制度が定着しており、個人のキャリアは会社の人事が決めるということが一般的でした。

 

雇用体系の多様化

しかし、バブル崩壊以降は企業の終身雇用制度も崩壊する方向で進み、多くの契約社員や派遣社員などを生み出しました。

まだうっすらと残っている終身雇用制度も、今後どんどんその影を薄くしていくといわれています。

雇用体系が多様化することで、これまでのように会社がキャリアを与えてくれることが一般的ではなくなりつつあるのです。

 

個人が自分のキャリアを自分で築いていかなければならなくなってきているということです。

こういった背景の中で、キャリアプランニングの重要性が叫ばれるようになってきています。

 

文科省も推奨しているキャリアプランニング能力

終身雇用制度が崩壊しつつある現在、文部科学省もキャリアプランニングに関する取り組みを始めています。

文部科学省には「キャリア教育・職業教育特別部会」というものが存在し、キャリア教育を推進していくことを目的にしています。

 

文部科学省の公式ホームページによると、キャリア教育とは

一人一人の社会的・職業的自立に向け、必要な基盤となる能力や態度を育てることを通して、キャリア発達を促す教育

のことです。幼児期から一貫して体系的に進めることを推進しています。

 

また職業教育を

一定又は特定の職業に従事するために必要な知識、技能、能力や態度を育てる教育

としています。

 

  • 「キャリア教育」
  • 「職業教育」

を合わせて行っていくことで、大きく変化する社会に対応しうる人材を育てようとしています。

 

理想のキャリアプランニングは?

では、理想のキャリアプランニングというものはどういったものなのでしょうか。

キャリアプランニングとは、自分の人生を自分で計画して実現することです。

キャリアプランニングを考える大きな柱は

  • 自分が幸せになるかどうか

ということです。

 

自分の望みを知る

ある人は「人の下で働きたくない」ということに重点を置き、またある人は「人の下でうまく働くことで食いっぱぐれない」と考えたりします。

重要なことは、自分が望んでいる方向性を大まかでもいいので知ることです。

あくまで、自分が幸せになるために必要なことを軸に考えることをオススメします。

 

視点を狭めないことが重要

キャリアプランニングをするうえで重要なことは、計画にしばられないことです。

計画を立てて人生を進めることは、指針ができて有効なことだと考えられます。

しかし、あまりに厳格に計画を立ててしまうと、もっと良い選択肢が見えなくなってしまう恐れがあります。

今よりも、良い選択肢が出てきた時に自分の幸せのためにより良いことならば視点を広くもって取り組むことが重要です。

 

人生設計をしてみよう

では、理想のキャリアプランニングをもとに、実際に自分の人生設計をしてみましょう。

人生設計の流れ

  1. 自分のやりたいことを知る
    ⬇︎
  2. 現在の自分の仕事を考える
    ⬇︎
  3. 自分の理想を知る
    ⬇︎
  4. 理想に向けてどうするか計画を立てる(人生設計)

 

自分の過去、現在、未来を順序立てて考えることがポイントです。

ひとつづつ順を追ってみていきましょう。

 

①自分のやりたいことを考える

あなたは過去に夢中になったことがありますか?

また、強く惹かれたものをやりたいと思ったことを思い浮かべてください。

 

まずは、あなたがやるべきことではなく

  • あなたがやりたいこと
  • 自分がどんなことに面白み、興味を感じるか

を知ることがポイントです。

 

②現在の自分の仕事を考える

①で、やりたいことを知ることができたら、今自分がしていることを考えてみましょう。

やりたいことをしているでしょうか?

やりたいことの延長線上にいるでしょうか?

現在の仕事は今後、自分の理想の人生につながっているかを考えてみましょう。

 

③自分の理想を知る

自分のやりたいことと、現在の自分を知ることができれば、自分の理想を描くことができるようになるでしょう。

理想の自分を

  • 具体的に想像する
  • 願望を明確にする

ことがポイントです。

 

④理想に向けてどうするか計画を立てる(人生設計)

①〜③がわかれば、あとは計画を立てるのみです。

  • 現在の自分は理想の自分からどれくらい離れているのか?
  • 現在の仕事の延長線上でできることなのか。
  • 仕事を変えることも必要か?
  • 具体的なアクションは何か?

③では理想を具体的に考えましたが、④では理想に向けてのアクションを明確にします。

 

より幸せな人生を

キャリアプランニングは自分を幸せにするための手段です。

自分をよく知り、より幸せになるために、仕事や人生のビジョンを描いてみてください。

指針を決めることができれば

  • 今何をすべきか
  • 今何がしたいのか

ということがおのずと明確になってくるはずです。

あなたも自分自身のキャリアプランニングをしてみてはいかがでしょうか。


カテゴリー