キャピタルゲイン、インカムゲインとは?意味、投資、課税の仕組みを解説

キャピタルゲインとは、債権や株式、土地などを売買したときに発生する差益のことです。インカムゲインはそれらを保有していたときに発生する利息などの利益のことを指します。キャピタルゲインやインカムゲインという言葉は知っている人が多いと思います。ただ厳密な違いまで把握している人は少ないのではないでしょうか?投資信託、為替、株式などはどっちの分類に属するのか?この記事ではキャピタルゲインの定義、具体例、インカムゲインとの違い、課税の詳細についてまとめました。

キャピタルゲインとは?|資産を売買して生まれる利益

キャピタルゲインとは、債券や株式、土地などの売買で得られる売買差益をいいます。

  • 資本利得
  • 資産益

とも訳せます。

 

逆に、損失が生じる場合はキャピタルロスといいます。

 

例えば、2万円で購入した株式を3万円になったタイミングで売却すると1万円の差額が利益になり、キャピタルゲインとなります。

 

キャピタルゲインの具体例は?

キャピタルゲインには、上記で挙げた株式以外でもいくつか具体例があります。

 

不動産投資:キャピタルゲインの場合

不動産投資の場合を考えましょう。

不動産投資とは、不動産に投資することで収益を得る投資です。

 

例えば、購入したマンションから家賃収入を得る場合などが考えられます。

他にも、物件を購入した後さらに価値が上がった際に売却することもあります。

 

購入したときより高い価値で売れば、その分の差額が利益となります。

これが、キャピタルゲインにあたります。

 

一方、家賃収入はキャピタルゲインではなく、後述するインカムゲインと呼ばれています。

 

キャピタルゲインとキャピタルロス

上記したように、不動産を購入して、価値が高くなった時に売却すれば購入した金額と売却した金額の差額が利益となります。

この差額がキャピタルゲインです。

 

反対に、購入した不動産の価値が下がったときに売却すると、購入した金額と売却した金額の差額は損失になります。

これはキャピタルロスです。

 

インカムゲインとは?|資産からの利息から得るインカムゲイン

キャピタルゲインはインカムゲインとの違いも重要です。

インカムゲインとは、資産を保有することで利息などの収益を得ることをいいます。

 

キャピタルゲインとインカムゲインの2つの違い

  1. 資産運用の違い
  2. 収益の性質の違い

1.資産運用の違い

インカムゲインの特徴は資産の保有にあります。

株式や債券などの資産を保有すると収益が得られます。

 

株式を保有すれば配当金が入り、債券を保有すれば利子が入ります。

 

不動産投資:インカムゲインの場合

不動産投資の場合でも、インカムゲインがあります。

購入した不動産から得る家賃収入がこれにあたります。

 

不動産に投資し、その不動産から入る家賃収入は不動産を保有することで得られる収益となるため、インカムゲインに含まれます。

 

キャピタルゲインとインカムゲインの違いは、

  • 売却するか保有するかという点

です。

 

キャピタルゲインは資産を売却することで購入した金額との差益を収益として表します。

一方インカムゲインは資産を保有した状態で収益を得ることを示しているのです。

 

2.収益の性質の違い

両者は、収益の性質にも違いがあります。

インカムゲインは資産を保有しながら収益を得るため、マイナスにはなりません。

 

一方でキャピタルゲインは資産を売却した際に購入価格より売却価格が低ければその分だけ損になり、キャピタルロスになります。

 

キャピタルゲインは価格変動の影響を受ける点が、インカムゲインとの違いになります。

 

 

キャピタルゲインとインカムゲインで年収を上げる

キャピタルゲインとインカムゲインを上手く利用すれば、年収を上げることができます。

 

キャピタルゲインとインカムゲインは、資産運用したときに発生します。

 

資産運用とは、自分の持っているお金を運用して増やすことです。

つまり、企業からもらっているお金以外にお金を増やす手段があるということになります。

  • 企業からの給与+資産運用

となるので、年収を上げることができます。

 

このようにして年収を上げる手段は、資産運用以外にもいくつかあります。

詳しくは関連記事にまとめてありますので、年収を上げたいと感じた人はぜひご覧ください。

 

 

キャピタルゲインとインカムゲインと組み合わせ

キャピタルゲインとインカムゲインはその意味合いが異なりますが、両者を組み合わせることも考えられます。

 

例えば、資産を保有してインカムゲインを得ながら高値になった頃を見計らって売却してキャピタルゲインを得るといった例が考えられます。

 

不動産投資:キャピタルゲインとインカムゲイン組み合わせ

先ほどの不動産投資の例なら、まず不動産を購入して保有し、インカムゲインとして家賃収入を得ます。

そして不動産の価値が高まった頃に売却してキャピタルゲインを得るといった手法です。

 

株式なら、株式を保有して配当を得つつ、価値が高まったタイミングで売却することで、インカムゲインとキャピタルゲインを手に入れることができます。

 

このように、インカムゲインで安定的に収益を得ながらキャピタルゲインで大きな収益を上げることも可能なのです。

 

キャピタルゲインへの課税

キャピタルゲインには課税があります。

 

株を場とした場合の課税

例えば株式を譲渡した場合を考えます。

保有していた株式を売却し、購入時との差額がキャピタルゲインとなりますが、この差額収益分に課税がされます。

 

キャピタルゲインへの課税対象は、原則として

  • 所得税
  • 住民税

です。

 

譲渡所得は申告分離課税

有価証券の譲渡によって得られる所得は「譲渡所得」となることが一般的です。

 

営利目的で継続的な譲渡が行われる場合、

  • 事業取引として行う場合は「事業所得」
  • 事業とならない場合は「雑所得」

のように分かれます。

 

これらの譲渡所得などは申告分離課税となります。

 

申告分離課税とは、株式などの譲渡で所得が発生した場合、他の所得と分離して税額が計算されることをいいます。

これは確定申告によって納税します。

 

他の申告分離課税と区別される

株式などの譲渡によって所得を得た場合、他の申告分離課税となる所得とも分離して課税されます。

 

例えば株式の譲渡からの所得に加え、不動産を譲渡して所得を得た場合を考えます。

  • 不動産の譲渡からの所得=申告分離課税
  • 株式の譲渡からの所得=申告分離課税

これらは2つとも申告分離課税です。

 

不動産の譲渡からの所得も申告分離課税となるので、

  • 株式の譲渡
  • 不動産の譲渡

とは区別されます。

 

特定口座開設で確定申告が不要に

申告分離課税では、特定口座というものがあります。

特定口座とは、申告分離課税が適用される上場株式などの譲渡による所得に対して課税する場合に、証券会社が損益を計算し、特定口座年間取引報告書を交付するものです。

 

特定口座は上場株式などの譲渡での申告手続きを簡単にする仕組みです。

 

キャピタルゲインの課税では、特定口座を利用すると

  • 源泉徴収口座
  • 簡易申告口座

のどちらかを選択できます。

 

源泉徴収口座を選択すれば原則として確定申告は不要になります。

 

経験を積む

キャピタルゲインやインカムゲインという言葉は聞いたことがある人が多いと思います。

キャピタルゲインは、株式や不動産などの資産の譲渡または売却から得る収益です。

所得として税金がかかります。

 

また譲渡の仕方や事業にとるかとらないかで種類も異なるので納税の際に注意が必要です。

 

20代から投資の経験を

20代は投資や資産運用にどれだけ時間が使えるのかが重要です。

投資は必ず勝つとはいえません。

ただ投資はやり続けることが1番です。

投資や資産運用をすることでキャピタルゲインインカムゲインを得て、若い頃から経験を積むことをオススメします。

 

投資経験はキャリアにも役に立つ

現在の日本は終身雇用制度が崩壊しました。同じ企業に定年退職まで勤務する状況は少なくなっています。

これは退職金などの老後の資金にも影響するものです。

 

若い頃から資産運用の経験を積んで資産を大きくすることで、今後のキャリアプランも立てやすくなります。

定年以降の人生まで見通したときに、20代のうちから資産運用をすることがオススメなのです。

あわせて読みたい

カテゴリー