就職

インベストメントバンクとは?意味は?代表的な企業は?転職や就職事情は?

インベストメントバンクとは、証券引受業務を中心とした仲介業務を行う金融機関のことです。リーマンショックによって大きな影響を受けました。就職や転職を考えている場合は動向に注意が必要です。インベストメントバンクをそのまま訳すと「投資銀行」ですが、内容は業務内容は少し異なります。意外と違いを知らない人が多いのではないしょうか?この記事では、インベストメントバンクの定義、業務内容、代表企業例、転職や就職事情についてまとめました。

インベストメントバンクとは?

インベストメントバンク(Investment Bank)とは、証券引受業務を中心とした仲介業務を行う金融機関のことをいいます。または、投資銀行とも呼ばれます。

「銀行」と訳していますが、証券会社に近い業務内容のため、個人向けの融資は行いません。生命保険会社や信託銀行などの機関投資家や、政府や事業法人といった大口顧客を相手として、業務を行っています。

インベストメントバンクはもともとアメリカで生まれたもので、日本では証券会社や通常の商業銀行が同じ業務を行います。この業務は「インベストメントバンキング」と呼ばれます。

例えば、野村證券のホームページによると、ホールセール部門の業務内容の1つとして、インベストメントバンキングが含まれています。

インベストメントバンクはアメリカで生まれた用語です。したがって、日本語で「投資銀行」と言う場合は、インベストメントバンクの業務を行う証券会社という認識になります。

同様にインベストメントバンキングも、投資銀行業務や投資銀行サービスのように呼ばれることもあります。

インベストメントバンクの主な業務内容は、証券の引き受けや企業の資金調達、M&A(買収、合併)のアドバイザリー業務など、多岐に渡ります。

証券の引き受け業務は日本の証券会社も行いますが、そこに付随する形でアドバイザリー業務などが組み込まれています。

インベストメントバンクの業務の特徴は、証券引受業務などの代表的な業務に加え、コンサルティング業務なども含まれているところです。

出典:野村證券ホームページ「ホールセール部門

 

インベストメントバンクの代表例は?

インベストメントバンクの代表例としては、アメリカの金融機関ではゴールドマン・サックス、モルガン・スタンレー、J.P.モルガン、メリルリンチなどが代表的です。

日本でも外資系金融機関がインベストメントバンキングを行っています。上記の例で挙げたインベスストバンクは全て日本に拠点が設置されています。

日本企業の例では、野村證券、大和証券、SMBC日興証券、みずほ証券などが、インベストメントバンキング業務を行う代表的な企業です。

 

インベストメントバンクへの就職事情は?

インベストメントバンクは、様々な職種や部門、業務内容があり、高い給与も魅力です。一方で、特に外資系金融では終身雇用というわけにはいかず、雇用形態について考慮しておく必要があります

インベストメントバンクの外資系金融でも一概に同じとはいえませんが、外資系企業として共通する特徴もあります。

終身雇用自体がもともと日本以外ではあまり見られない概念のため、スキルアップのために転職を行うことも見られます。

インベストメントバンクの中で、特に外資系への就職を考えるには、他の外資系企業同様に日本企業の在り方との違いなどに注目する必要があります。

また、近年のインベストメントバンクの業界を巡る動向にも注意する必要があります

リーマンショック以降、インベストメントバンクについては厳しい動向が見られました。

リーマンショックによって、アメリカの5大投資銀行は大きな影響を受けました。リーマンショックによって、投資銀行という業務形態は全て消滅してしまいます。

5大投資銀行は、ゴールドマン・サックス、モルガン・スタンレー、メリルリンチ、リーマン・ブラザーズ、ベア・スターンズの5つです。

ベア・スターンズはサブプライム問題によって経営悪化に陥り、JPモルガンチェースに買収される形で救済されました。

リーマン・ブラザーズは経営破たんし、メリルリンチはバンク・オブ・アメリカによって救済され傘下に入っています。

ゴールドマン・サックスとモルガン・スタンレーは、銀行持ち株会社を作って資金調達を受ける形態となりました。いずれも、投資銀行という形での業務形態ではなくなっています。

一方で、インベストメントバンキングという業務がなくなったわけではありません。

これらのインベストメントバンクや日本の証券会社でも、多様化した業務内容がインベストメントバンキングに含まれています。

インベストメントバンクの就職事情を考える際には、サブプライム問題などの問題点を考慮したうえで、今後のインベストメントバンキングの業務内容の動向に注目する必要があります。

 

インベストメントバンクへの転職は?

インベストメントバンクへの転職を考える際にも、近年のインベストメントバンクを巡る動向や、外資系金融においては外資系企業の特色を考える必要があります。

加えて、現在どのような募集職種が見られるのかも考えなければなりません。最近のインベストメントバンキング、投資銀行サービスでは、M&Aが多くなっています。

M&AとはMergers(合併)とAcquisitions(買収)のことで、企業の合併や他の会社の買収、企業の提携を意味します。

インベストメントバンクへの転職の募集職種にも、M&A業務が多く見られます。

インベストメントバンキングではM&Aのアドバイザリー業務が含まれますが、このM&A業務として、アドバイザー、コンサルタントといった募集職種が多い傾向があります。

それぞれの職種の中で業務内容が細かいため、転職の際には募集職種の傾向や応募資格などをこまめにチェックする必要があります。

 

 自分と相談

インベストメントバンクは世界でも人気な就職先です。

上記したとおり、様々な業務があり、高い給料が魅力的ですが激務であることがよく知られています。豪華なイメージとは裏腹に仕事量が多いのが現実です。

実力至上主義なため、次の日には仕事がなくなっているということもザラにあります。近年、過労死が社会問題となっている中でどういった選択をするか、よく吟味する必要がありそうです。

あわせて読みたい