転職

転職回数、20代の平均は?ジョブホッパーとは?多いと採用に不利?

20代は転職がしやすく、3社目までの転職回数であればマイナスになりづらいものです。20代は違和感を感じる会社で耐えるよりも、納得感をもって働ける場所を見つけるタイミングといえます。日本では年間約300万人が転職をしていて、そのうちの45%にあたる135万人が20代だといわれています。この記事では、20代の転職回数の平均、多すぎると転職に不利に働くのか、ジョブホッパーの意味についてまとめました。(監修: 株式会社キープレイヤーズ代表取締役 高野秀敏氏)

転職回数、20代の平均は?

shutterstock_159644876

リクルートワークス研究所が2013年に発表した「Global Career Survey 20代、30代の大卒者入・転職実態調査」によると、日本の20代の平均の転職回数は0.4回との結果が出ています(n=300)。

20代の約70%には転職経験がなく、1回が約20%、2回以上が約10%となっています。

同調査によると、30代では転職経験がない人は約30%に減少するという結果がでています。

10人に7人が、早い人では20代から、遅い人でも30代で1回以上の転職を経験しているのが現状です。

 

転職回数が多いとジョブホッパーと呼ばれる?

ジョブホッパーとは、短い期間に仕事を転々とする人を指します。

ネガティブな意味で使われることが多い言葉です。

働いている業界にもよりますが、20代で4社目、30代で6社目になる転職活動には注意が必要です。

採用する側は「この人はジョブホッパーかもしれない」と評価することもあるからです。

 

過去の社歴が多い人は

  • 「それぞれの会社でどんなことを成し遂げたか」
  • 「それぞれの会社を退職した理由」

について、明確に説明できるように準備をしておいてください。

聞かれたらクリアに伝えましょう。

 

転職回数、多いとその後のキャリアに不利?

shutterstock_268450493

株式会社キープレイヤーズの代表取締役で、これまで約8000人のキャリア相談に乗った高野秀敏氏によると、現状の転職市場は20代であれば1、2回は1年以内に退職をしても大きな問題ではないとしています。

ただ、それ以上になるとジョブホッパーとしてのレッテルを貼られることもあります。

最初に入った会社が自分と合わないことは良くあることですが、2社目、3社目もそれが続くようであれば「反省を次に活かす修正能力がない人」と評価されてしまうのです。

20代のうちの転職は多くとも2回まで。

それ以上はキャリアに不利に影響することもあるということを覚えておいてくださいね。

 

自分の本当にやりたいことを考える

shutterstock_216783889

この記事を読んで行動を起こしたくなった方のアクションアイテムは

すぐに動かなくても、次のキャリアを考える」です。

次の選択肢が転職であれ、今の会社での別のチャレンジであれ、3〜5年後の自分のキャリアを想定しながら目の前の仕事に注力することが自身のキャリアを紡ぐ1つの方法だからです。

自分一人では考えがまとまらないこともありますので、友人に相談したり、信頼のおける転職エージェントを見つけて意見を聞いたりするのがオススメです。

誰かと対話をすることで、自分一人では見つからなかった解が見えてくることもありますよ。

前提として20代は転職がしやすく、キャリアチェンジがしやすいタイミングです。

違和感を感じる環境で無理をするよりも早く見切りをつけて、納得感をもって働ける環境を見つけてくださいね。

オススメの転職エージェント

リクルートエージェント
リクルートが運営する転職エージェント。リクルートエージェントならではのサービスが充実。転職に便利なコンテンツが無料で使い放題。非公開求人は90%。