本当に使えるビジネススキルとは?種類や研修以外でも身につく考え方

ビジネススキルとは課題解決能力やコミュニケーション能力など、社会人として必要な能力です。このうちマネージャーに必要な能力は大きく3種類に分けられます。資格をとることがビジネススキルを身につける方法ではありません。社会人に求められるビジネススキルとは何でしょうか?ビジネススキルを向上する際には意外な落とし穴があるのを知っていましたか?この記事ではマネージャーに求められる能力から学ぶビジネススキル、身につけ方についてまとめました。

ビジネススキルとは?

ビジネススキルと言葉ひとつだけだと意味は幅広いですよね。

 

皆さんは何を思い浮かべるでしょうか?

 

きっと様々な答えが出てくるのが予想されます。

ただ単に、ExcelやWord、PowerpointなどをこなすPC業務だけではありません。

 

課題解決能力やコミュニケーション能力など多くの要素がビジネススキルとして含まれます。

 

マネージャーの3つのスキル

ハーバード大学教授のロバート・カッツ氏は、特にマネージャーの能力を大きく

  • テクニカルスキル
  • ヒューマンスキル
  • コンセプチュアルスキル

の3つに分けました。

 

マネージャーは部下を統率する役目であり、ビジネススキルをより求められるのはもちろんです。

 

また、職位が上がるにつれて、テクニカルスキルの領域の比重は少なくなり、ヒューマンスキルとコンセプチュアルスキルの比重が高く求められていきます。

ここではマネージャーに求められる3つのビジネススキルについてまとめました。

3つのスキル

  1. テクニカルスキル
  2. ヒューマンスキル
  3. コンセプチュアルスキル

1.テクニカルスキルとは?

テクニカルスキルとは専門的能力とも呼ばれ、特定の業務を行うために必要な知識や業務処理能力を指します。

 

テクニカルスキルは比較的若手のマネージャーに必要とされるのが一般的です。

また、部署や地域関係なく仕事をするに当たっての基礎的なスキルです。

 

具体的にはExcelなどのPC業務、英会話能力などが挙げられます。

 

2.ヒューマンスキルとは?

ヒューマンスキルとは対人関係能力とも呼ばれ、統括する部署が円滑に遂行されるように配下の個人や組織を指揮する能力のことを指します。

 

コミュニケーション能力とはヒューマンスキルに対応します。

ホウ・レン・ソウや、他のメンバーとの信頼関係を築く能力、クライアントとの交渉能力、プレゼンテーション能力などがあります。

 

3.コンセプチュアルスキルとは?

コンセプチュアルスキルとは概念化能力とも呼ばれ、知識や情報を体系的に組み合わせある事象を概念化する能力を指します。

具体的には、事業の進捗把握、会社や事業の将来的な予測、創造的な戦略の立案などが挙げられます。

 

ビジネススキルの身につけ方は?

3つのビジネススキルそれぞれについて考えていきましょう。

1.テクニカルスキル

テクニカルスキルは、仕事を通じて学習し身につけることもできますし、研修など職場から直接離れた場所でも学習して身につけることは可能です。

 

例えば、英会話能力向上の学習を思い浮かべてください。

英会話研修を行う会社は少なく、英会話学習は自分で時間を見つけて学習するのがほとんどなのではないでしょうか。

 

2.ヒューマンスキル

テクニカルスキルに対しヒューマンスキルとコンセプチュアルスキルは比較的向上が難しいとされています。

前述した通り、ヒューマスキルとは一般的にはコミュニケーション能力です。社員や社長に関わらず、すべての人に求められるスキルです。

 

日常的に身につく能力ではありますが、そのなかでも意識を変えることで能力を向上することはできます

いつも以上に部下を観察してみたり、聞き手や相手の視点で物事を考えながらコミュニケーションをとったり、言葉遣いや会話の仕草を変えたりすることで新たなスキルアップになるかもしれません。

 

3.コンセプチュアルスキル

コンセプチュアルスキルは大局的な視点が必要な上、創造性などより高度なスキルが必要となってきます。役職が高くなるに連れてこのスキルは求められます。

コンセプチュアル・スキルを身につけるには、他者からのコーチングを受けながら問題の関係性や本質を分析していくことが有効です。

 

また、ロバート・カッツ氏は部門をローテーションすることで会社全体の約割を理解することが必要であるとしています。

つまり、特定の部門にとらわれず、多くの部門を経験することで全体としての関係性や見方が養われていくのです。

 

意外な落とし穴

一般的に多い例として、ビジネススキルを高めるには資格の勉強をし、資格が取れれば良いと思っている人が多いのではないでしょうか。

 

ここには意外な落とし穴があります。

 

ビジネススキルを自己目的化しない

ビジネススキルを高める手段として資格の勉強を始めたのに、いつの間にか資格を取得することが最終的なゴールになってしまうという落とし穴です。

それだけでなく、資格取得によってスキルが上がるとテクニカルスキルのみに焦点を当てて、ビジネススキルをテクニカルスキルのことと捉えてしまう錯覚に陥る場合もあります。

 

このように考えると、ビジネススキルの向上には、目的や目標を明確することが非常に重要になってくるのです。

 

目的や目標の考え方

ビジネススキルの向上には目的や目標の考え方が非常に重要になってきます。

この考え方はビジネスに大きく役立つ考え方です。

 

会社や学校にも会社の理念や学校の教育理念などが必ずあります。

それらの目標を達成することを目指して日々努力しているのです。

 

何かを始めるにはまず、目的や目標から考える癖をつけておくことをオススメします。

あわせて読みたい

カテゴリー