D.カーネギー『人を動かす』に学ぶ!要約は?人を動かす3原則とは?人の動かし方は?

人の動かし方については、D・カーネギーが書いた『人を動かす』にたくさんのエッセンスが詰め込まれています。相手を尊重し、相手の立場でものを言うことが大切です。あなたは人を動かすためにどのような行動を取っていますか。その場になるとつい人を非難したくなるのが人間です。しかし、『人を動かす』にはまったく逆のことが書いてあります。この記事では人の動かし方についてまとめました。

人の動かし方とは?

人は誰でも人を思うように動かしたいと考えます。そうはいってもただ命令や依頼しただけでは人は動きません。

D・カーネギーは人の動かし方について、自分の著書である『人を動かす』でまとめました。

『人を動かす』

『人を動かす』は1936年に発行された世界的名著です。世界で1500万部以上の売り上げを記録し、日本国内だけでも約430万部を売り上げています。

発行から70年以上たった現在でも売れ続けいている超ロングセラーの本なのです。

『人を動かす』は以下の4部構成になっています。

  • 人を動かす3原則
  • 人に好かれる6原則
  • 人を説得する12原則
  • 人を変える9原則

その内容は、現在でも企業の新人研修に使われるなど有効なものとして受け入れられています。

デール・カーネギー

デール・カーネギーはミズーリ州の貧しい農家の生まれです。

カーネギーは実家の農家の仕事を手伝いながら大学に通いました。卒業した後は就職し、牧場主への通信教育の販売をはじめ、会社を変えてベーコンや石鹸の販売など販売分野で一定の成功します。

その後、会社を辞め講演会の講師になるという夢を叶えます。

このように『人を動かす』の著者であるデール・カーネギーはたたき上げで人を動かす方法を習得して行ったのです。デール・カーネギーの言葉に重みがあるのはこのような経緯が関係しているのかもしれません。

 

人を動かす3原則とは?

人を動かす3原則

  1. 批判も非難もしない。苦情も言わない。
  2. 率直で、誠実な評価を与える。
  3. 強い欲求を起こさせる。

人は、自分のことに1番の関心があります。人からこうしろといわれたとしても、自分の方が正しいと思うのが人間なのです。

つまり、相手を尊重し、相手の立場に立ってものをいうことが重要です。それを踏まえて三原則を見ていきましょう。

1.批判も非難もしない。苦情も言わない。

およそ人を扱う場合には、相手を論理の動物だと思ってはならない。相手は感情の動物であり、しかも偏見に満ち、自尊心と虚栄心によって行動するということを良く心得ておかねばならない

カーネギーの言葉です。

人を動かすためには、相手をまず立てることが重要です。人は誰でも自尊心があるので、批判されてしまうと逆に自分を正当化しようとして、要求とは逆効果になってしまうのです。

相手を批判して要求をのんでもらうことは簡単な方法に見えて逆に難しいことなのです。

2.率直で、誠実な評価を与える

失敗した時に非難してすることは簡単ですが、成功した時に褒めることは意外と見過ごされています。

成功した時に、素直に相手に感謝の気持ちを伝えることで、人はこの人となら一緒に仕事をしたいと思えるようになるのです。

3.強い欲求を起こさせる

最終的に人を動かす方法は「自分からこうしたいと強い欲求を起こさせること」だけです。人から言われたことでも、納得ができなければ人は動きません。

  • 自分は重要な人物なんだ
  • 自分がやることに意味があるんだ

と自分から思うようにすることが重要なのです。

 

その他の原則は?

その他にも『人を動かす』には原則が紹介されています。

人に好かれる6原則

  1. 誠実な関心を寄せる
  2. 笑顔で接する
  3. 名前は、当人にとって、最も快い、最も大切な響きを持つ言葉であることを忘れない
  4. 聞き手にまわる
  5. 相手の関心を見抜いて話題にする
  6. 重要感を与える – 誠意を込めて

人を説得する12原則

  1. 議論に勝つ唯一の方法として議論を避ける
  2. 相手の意見に敬意を払い、誤りを指摘しない
  3. 自分の誤りをただちにこころよく認める
  4. おだやかに話す
  5. 相手が即座に’イエス’と答える問題を選ぶ
  6. 相手にしゃべらせる
  7. 相手に思いつかせる
  8. 人の身になる
  9. 相手の考えや希望に対して同情を持つ
  10. 人の美しい心情に呼びかける
  11. 演出を考える
  12. 対抗意識を刺激する

人を変える9原則

  1. まずほめる
  2. 遠まわしに注意を与える
  3. まず自分の誤りを話した後、相手に注意を与える
  4. 命令をせず、意見を求める
  5. 顔を立てる
  6. わずかなことでも、すべて、惜しみなく、心からほめる
  7. 期待をかける
  8. 激励して、能力に自信を持たせる
  9. 喜んで協力させる

 

人を尊重する

人を動かすには力が必要だと考える人も多いかと思います。自分に力がないから人が話を聞いてくれないのだと思う方は、まず人を尊重することから始めてみてはいかがでしょうか。

力がなくても、相手を尊重し、相手の中に入っていくことで意外と自分の話を聞いてくれるかもしれません。

カーネギー自身、貧乏な家からスタートしたたたき上げの人物です。力がなくとも人を動かすカーネギーの方法を『人を動かす』から学んでみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい

カテゴリー