キャッシュフロー計算書とは?見方を初心者にもわかりやすく解説

キャッシュフロー計算書とは、「企業の家計簿」といわれる財務諸表です。実際のお金の流れを、営業、投資、財務に分けて表します。優良な企業、不健全な企業を見分けることができます。あなたはキャッシュフロー計算書をご存知ですか?企業を見るうえでお金の流れというひとつの基準を与えてくれます。この記事ではキャッシュフロー計算書についてまとめました。

キャッシュフロー計算書とは?

キャッシュフロー計算書とは、「企業の家計簿」といわれる財務諸表です。

企業の業績を調べるうえで重要な、貸借対照表損益計算書とならぶ財務三表のひとつといわれています。

 

キャッシュフロー計算書の必要性

キャッシュフローとは「お金の流れ」という意味です。

貸借対照表や損益計算書は、実際のお金の流れではなく、以下のようにあくまで収支の結果を表しています。

商品を作るために仕入れた材料が10万円分だった場合

  • 実際に使った材料(6万円分)←原価費用として記入
  • 余った材料(4万円分)←記入しなくていい

実際のお金の流れとの違いが生まれてきて、余分なお金が見えなくなってしまうのです。

そのために実際に「入ってきたお金」と「出ていったお金」を表すキャッシュフロー計算書が必要なのです。

 

キャッシュフロー計算書の区分

キャッシュフロー計算書は3つの区分に分けて計算されます。

  • 営業キャッシュフロー
  • 投資キャッシュフロー
  • 財務キャッシュフロー

後の章で詳しく説明しますが、キャシュフロー計算書は区分ごとに計算され区分ごとに見ていくことで理解できます。

 

キャッシュフロー計算書の見方は?

キャッシュフロー計算書では3つ区分に分けて計算することで、会社のお金の流れをよりわかりやすくしています。

 

営業キャッシュフロー

本業で実際にどれだけのお金が入って、出ていったか(プラス / マイナス)ということを表します。

一般的に営業キャッシュフローはプラスであればあるほどいいと考えられています。

プラス要因

  • 商品の代金
  • 売掛金の回収タイミングの短期化
  • 買掛金の支払いタームの長期化

マイナス要因

  • 商品の原価の支払い
  • スタッフの給与の支払い
  • オフィスや店舗の費用(賃料、光熱費関係など)の支払い
  • 売掛金の回収タイミングの長期化
  • 買掛金の支払いタームの短期化

 

投資キャッシュフロー

将来のためにどれだけお金を使っているかを表します。

工場を建てるための土地(固定資産)を購入したり、株式を購入するするといった投資のためのお金の出入りです。

一般的に投資キャッシュフローはマイナスの方がいいとされています。

 

土地を売ったり、建物を売ることで投資キャッシュフローではプラスになりますが、通常あまりポジティブにはとらえられません。

なぜならば、次の収益を産む資産がなくなってしまいかねないからです。

 

財務キャッシュフロー

会社がお金をどれだけ借り、返したかを表します。

 

借りれば、お金が入ってきますのでプラスになります。

返せば、お金が出ていきますのでマイナスになります。

 

通常はマイナスが健全な財務キャッシュフローとされています。

 

しかし、会社の規模を拡大してくのかどうかなどの経営戦略によっては積極的に借入を作り、投資に回すこともあります。

その場合はプラスになります。

 

また、株式の増資をした場合も、財務キャッシュフローでプラスの認識になります。

 

実際にトヨタ自動車を例にとって見てみると?

実際にトヨタ自動車が公表している2017年3月期のキャッシュフロー計算書を例にとって見てみましょう。

科目 2016年3月期 2017年3月期
営業活動からのキャッシュ・フロー
 非支配持分控除前当期純利益

営業活動から得た現金<純額>への
非支配持分控除前当期純利益の調整

2兆4342億円 1兆9269億円
  減価償却費  1兆6258億円 1兆6109億円
  貸倒引当金及び金融損失引当金繰入額  1592億円 986億円
  退職・年金費用<支払額控除後>  88億円 232億円
  固定資産処分損  333億円 306億円
  売却可能有価証券の未実現評価損<純額>  92億円 70億円
  繰延税額  328億円 △532億円
  持分法投資損益  △3290億円 △3620億円
  資産及び負債の増減ほか  4863億円 1319億円
 営業活動から得た現金<純額>  4兆4608億円 3兆4142億円
投資活動からのキャッシュ・フロー
 金融債権  △4334億円 △7087億円
 有形固定資産  △2兆9053億円 △2兆2619億円
 有価証券及び投資有価証券  1兆2183億円 △6154億円
 関連会社への追加投資支払<当該関連会社保有現金控除後> 6億円 442億円
 投資及びその他の資産の増減ほか  △1兆627億円 5718億円
 投資活動に使用した現金<純額>  △3兆1825億円 △2兆9699億円
財務活動からのキャッシュ・フロー
 長期借入債務  6996億円 7578億円
 短期借入債務の増加・減少(△)  △109億円 2730億円
 種類株式の発行による収入 4749億円
 当社種類株主への配当金支払額  △12億円 △36億円
 当社普通株主への配当金支払額  △7047億円 △6344億円
 非支配持分への配当金支払額  △731億円 △639億円
 自己株式の取得(△)及び処分ほか  △7781億円 △7039億円
 財務活動に使用した現金<純額>  △4235億円 △3751億円
為替相場変動の現金及び現金同等物に対する影響額  △1998億円 △134億円
現金及び現金同等物純増加額  6548億円 556億円
現金及び現金同等物期首残高  2兆2845億円 2兆9394億円
現金及び現金同等物期末残高  2兆9394億円 2兆9950億円

(※1億円以下は端数として切り捨てています。)

 

優良メーカー企業の典型的なキャッシュフロー

トヨタ自動車のキャッシュフローは

  • 営業キャッシュフロー:プラス
  • 投資キャッシュフロー:マイナス
  • 財務キャッシュフロー:マイナス

です。

 

これは、多くの企業が当てはまりますが、ものを売る企業の典型的な優良キャッシュフローです。

つまり、

  • ものを売って得た利益(営業キャッシュフロー:プラス)で、
  • 投資をし、さらに基盤を広げ(投資キャッシュフロー:マイナス)、
  • 借入金などの債務も減らしていく(財務キャッシュフロー:マイナス)

という流れです。

 

生きたキャッシュフローを生むために

2017年3月期のトヨタの場合は最終的に、約556億円の現金が積み重なって、預金残高に反映されました。

 

貸借対照表の記事でも触れましたが、通常、企業経営ではお金のフローを生むために現金残高は必要な分だけを残してあとは投資などに回します。

 

トヨタの場合は現在、約3兆円の現金残高で、それを超える現金は投資や債務返済に回しています。

その行為がまさにCFO(Chief Financial Officer)の仕事です。

 

トヨタの場合は世界で戦うための、次の一手のためにどのように投資するのかというところに注目が集まっています。

 

様々なキャッシュフローがある

トヨタのようなキャッシュフローの形が一般的に優良なキャッシュフローと呼ばれています。

しかし、企業の業種や段階によっては投資がプラスになったり、財務がプラスになっても問題ないと判断できることもあります。

 

企業が何を意図したキャッシュフローなのか、それとも意図できないキャッシュフローだったのかという背景を考える癖をつけると良いでしょう。

 

企業の家計を読む

「企業の家計簿」と呼ばれるキャッシュフロー計算書を見てきました。

企業を判断するにはいろいろな材料があります。

キャッシュフロー計算書の見方を覚えることは、その中に企業の家計を読むという判断基準を加えることができるようになります。

どんなに自分と考えがあっていても、倒産をしてしまえば意味がありません。

キャッシュフロー計算書を理解して、企業を見てみてはいかがでしょうか。

 

あわせて読みたい

カテゴリー