ICT教育とは?メリットやデメリット、問題点は?どんな事例がある?活用方法は?

ICT教育とは、情報通信技術(ICT)を教育で活用することです。技術が進歩し、今後は情報活用能力が重要になってきます。ICTを活用することで、効率的、創造的な教育が期待されています。あなたはICT教育というものをご存知でしょうか。これからの教育のメインストリームになっていくキーワードです。この記事ではICT教育についてまとめました。

ICT教育とは?

ICT教育とは、情報通信技術(ICT)を教育で活用することです。

 

IT(Information Technology:情報技術)という言葉を聞いたことがある方は多いと思います。

ICT(Information & Communication Technology:情報通信技術)はITとほぼ同じ意味と捉えても大きな問題はありません。

 

ICTは簡単に言えば

  • インターネット
  • タブレット
  • デジタルコンテンツ

などのデジタル技術のことです。

 

現在、インターネットが普及し、情報が簡単に手に入るようになりました。

今後技術が進歩してくことで、従来の教育で行っていたような知識を持つことよりも、情報をどう効率よく集められるかということが重要になってきます。

 

義務教育の早い段階からICTを取り入れることで、情報活用能力を育成することが望めます。

また教科の学習目標を達成することにも大きく貢献することが期待されています。

 

教師の素養が求められるICT教育の現状

現在、教育現場では電子黒板やタブレットのなどの導入が進められています。

しかし、まだまだICTが十分に活用されていないのが現状といえます。

 

生徒は生まれた時からスマホやタブレットなどがあり、十分に慣れ親しんでいる「デジタルネイティブ」世代であるのに対して、教師がついていけていないことが理由としてあげられます。

 

ICTが導入されていても、教育の内容自体は従来と変わらないという現実があるのです。

ICTを活用することで、情報活用能力を育て、効率的な学習を行うという新しい教育が望まれます。

 

では、現在の活用方法は具体的にどのようなものなのでしょうか。

 

すでに導入されているICTの活用方法は?

ICT教育とは

ICTは現在でも、様々な場所で導入され始めています。

ICT機器

  • 電子黒板
  • プロジェクター
  • 大型デジタルテレビ
  • デジタルカメラ
  • パソコン
  • タブレット
  • デジタル教材(タブレットで共有する教育用コンテンツなど)

主なものだけでも、多くの機器があることがわかると思います。

多くのICT機器を駆使することで、より深い学習に活用することができます。

 

ICT活用事例

現在のICTの活用例としては、タブレットの活用が普及し始めています。

 

学校でのタブレットの活用のために

  • 学校全体で無線LANを利用可能にする
  • 学校のメインコンピューターとタブレットを連動させる

といったことを行います。

 

コンピューターとタブレットをつなぐことで、情報の共有が効率的になります。

また、授業において生徒自身がタブレットを使って資料を作り、それを一瞬で別の教室の人と同時に共有し、何度も使えるといったことも可能になるのがICTなのです。

 

しかし、ICT教育の問題点も指摘されています。

まずはメリットから見ていきましょう。

 

ICT教育のメリットは?

ICT教育とは

ICTには様々なメリットがあります。

ICT教育の4つのメリット

  1. わかりやすい授業
  2. 効率化
  3. 楽しく学べる
  4. デジタル機器に慣れる

1.分かりやすい授業

ICTを使うことで、映像や音声を使うことができたり、自分の手元で複雑な図形を動かして立体的に見ることができるなど、五感にうったえる分かりやすい授業が行えます。

 

2.効率化

インターネットで調べることができるものは生徒自身で調べる、ということが簡単になります。

また黒板に板書するといった時間を短縮できます。

 

3.楽しく学べる

五感にうったえることで、学習の楽しさが増し、学習に対する意欲が上がることが期待されています。

 

4.デジタル機器に慣れる

現在、ビジネスにおいてもデジタル機器は必須のものとなっています。

早い段階で社会に出て必要なデジタル機器を使いこなすことができます。

 

ICT教育のデメリットは?

ICT教育とは

現在のところ、ICTのデメリットも指摘されています。

ICT教育の3つのデメリット

  1. 機器の不具合
  2. VDT症候群
  3. 地域格差

1.機器の不具合

例えば、授業でタブレットを使っていてフリーズするなどの不具合が出てきたときに、機器の不具合に対する対処に多くの時間が割かれてしまうことがあります。

30人クラスであれば30台タブレットを使うわけで、不具合が出る可能性も高まるのです。

 

2.VDT症候群

VDT症候群といって、長時間ディスプレイを見ることで起きる目や体、心の病気も問題になっています。

ドライアイや肩こり、倦怠感など様々な症例が報告されています。

 

3.地域格差

自治体によっては予算が出せずにICTの導入に格差が生まれることも指摘されています。

 

問題点もありますが、ICT教育が決定的に必要な理由があるのです。

 

なぜICT教育が必要なのか?

ICT教育とは

教育において、インターネットやタブレットなどのデジタル技術を活用することは年々注目を集めています。

 

それは、今後さらに技術が進み、AI(人工知能)やロボットに現在人間がしている労働の約半分が置き換わるだろうと予測されているからです。

高度に技術が進化した場合に、AIやロボットにできないことに価値が生まれてきます。

 

従来の教育では、現在ではインターネットを調べればわかることを教師に教わり覚えるということが中心に行われてきました。

しかしICTを使うことで、インターネットに聞けばわかることはインターネットに任せて、より効率的に情報を活用した創造的なスキルを養うことに焦点を当てることができるのです。

 

ICTを使いこなす人材

ICT教育とは

高度な情報化社会の中では情報を取捨選択することが必要になります。

情報や技術があふれる中で、逆に情報や技術に踊らされることはもったいないことです。

 

近い将来、ICT教育を通してICTを使いこなし、情報や技術を使いこなす人材が求められるようになります。

ICT教育に注目し、今後の求められる人材に目を向けてみてはいかがでしょうか。


カテゴリー