フラット35とは|金利、民間ローンとの比較、メリット・デメリットまとめ

フラット35とは、長期固定金利の住宅ローン商品の名称です。公庫融資にかわる公的ローンのことを指します。低所得者でも住宅ローンが組める仕組みです。金利によっては民間住宅ローンがお得になります。住宅ローンには大きく分けてフラット35と民間住宅ローンの2つの選択肢があります。あなたはフラット35についてどれくらいご存知でしょうか。この記事ではフラット35についてまとめました。

フラット35とは?

フラット35とは、長期固定金利の住宅ローン商品の名称です。

35年間ずっと同じ金利で借りることができるローンです。

 

フラット35は2003年に住宅金融支援機構と民間金融機関が提携して提供する新しい住宅ローンとして登場し注目を集めました。

 

フラット35はどこで申し込める?

申し込みはメガバンクやネット銀行など、ほとんどの金融機関ですることができます。

フラット35は同じ商品ですので、申し込み場所が違っても同じ金利の同じローンになります。

 

ただ手数料は金融機関によって違うので注意が必要です。

 

フラット35は公的ローン?

もともとは住宅金融公庫が提供する、いわゆる公庫融資という国が運営している政策金融機関からの融資で住宅ローンを組むことが一般的でした。

 

しかし、住宅金融公庫が独立行政法人化するために公庫融資は姿を消しました。

 

そこで、公庫融資のかわりに生まれたのがフラット35です。

公庫融資とは違って民間金融機関との連携ですので正確には民間ローンですが、民間住宅ローンとくらべると多くの人に利用しやすい公的ローンの意味合いが強いものになっています。

 

民間住宅ローンとフラット35

現在、家を買うために住宅ローンを組む場合、大きく分けて

  • 民間住宅ローン
  • フラット35

の2つの選択肢があります。

 

民間住宅ローンとは、銀行や信用金庫、農協などが取り扱うローンです。

民間住宅ローンにも金融機関ごとに様々な商品がありますが、民間住宅ローンの主力は変動金利型や短期の固定期間選択型のローンです。

 

つまり、住宅ローンを組む場合

  • 長期固定金利(フラット35)
  • 変動金利(民間住宅ローン)
  • 短期固定金利(民間住宅ローン)

の3つの選択になります。

 

フラット35のメリットは?

フラット35は、最長35年の全期間固定金利型のローンです。

 

フラット35のメリットは借りやすさです。

借り入れ条件などが明示されていることに加えて、保証人が不要など民間ローンと比べて審査も緩やかです。

 

独立行政法人をはさむことで、民間金融機関では貸し倒れリスクが大きくて提供しにくい最長35年の全期間固定金利型のローンを可能にしています。

 

つまり、低所得者でも住宅ローンを組めるというメリットがあるのです。

 

現在の所得から年収アップを目指す方にも優しいローンともいえます。

 

 

フラット35のデメリットは?

フラット35では団体信用生命保険の加入が任意で有料です。

 

団体信用生命保険とは、もし世帯主が事故や病気で亡くなってしまった時に適用される保険のことです。

長期ローンということで、家族などのこと考慮すると入らざるえないものです。

 

フラット35での団体信用生命保険の加入料は一括ではありませんが完済までに約180万円ほどかかるといわれています。

 

民間住宅ローンの場合、団体信用生命保険は無料です。

 

フラット35の金利の推移は?

フラット35は固定金利ですが、その金利は借りるときに決まります。

フラット35の金利も毎月変動しています。

固定金利で借りるのであればできるだけ低金利のときに借りたいものです。

 

2016年12月現在の金利は以下のとおりです。

借入期間 融資率 フラット35最低金利
(11月実績)
フラット35最低金利
(12月実績)
21年以上 9割以下 1.03% 1.10%
9割超 1.47% 1.54%
20年以下 9割以下 0.93% 1.03%
9割超 1.37% 1.47%

金融機関によっては金利の予測値を出しているところもあるので注目してみてください。

 

フラット35と民間ローンと比較!どっちがお得?

フラット35と民間住宅ローンの選択で迷っている方は金利を見て計算してみることをオススメします。

おおまかに10年単位、20年単位で考えてみましょう。

 

金利自体は日々変わっていますが、1%単位での大きな変化は普通はありません。

現在の金利で考えると、10年で2%以上金利が上がった場合、フラット35と民間ローンが同じ水準になるといえます。

 

現在は超低金利時代です。

現在の超低金利が続くのであれば民間ローンの方がお得ということになります。

 

しかし、金利は政策で一気に変わる可能性があります。

リスクを避けたいのであればフラット35は安心して組めるものです。

 

低所得者でも組める住宅ローン

総合的に見て、フラット35の意義は低所得者でも組めるローンであるということです。

住宅を持つという大きな行為を多くの人に提供できる仕組みがあるということは重要です。

 

ただ金利や諸費用のことを考えると、現在のところ民間住宅ローンの方が優位であることもポイントです。

選択肢があるのであれば、金利、諸費用、自分の目的、納得感を考慮して住宅ローンを選んでみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい

カテゴリー