心理操作術

印象管理とは?意味は?ビジネスに使える?活用する著名人は?

印象管理とは、相手に好意的な印象を持ってもらうために行われる意識的・無意識的行動のことです。印象管理で自分の能力を最大限に発揮する環境を作ることができます。印象がよければうまくいったかもしれない、という経験をしたことはないでしょうか。印象管理をすれば優位に物事を進められるかもしれません。この記事では印象管理についてまとめました。

印象管理とは?

印象管理とは、対人場面において相手に好意的な印象を持ってもらうために行われる意識的・無意識的行動のことです。

街で好みの異性とすれ違った時に少し顔を作ってみたり、髪の毛を直してみたりする行為に心当たりはありませんか。これが印象管理です。

印象というものは人づきあいに大きく影響を与える要素のひとつです。

印象が悪い店の商品は買いたくありませんし、印象の悪い人の言うことは信用できないと思う傾向にあります。印象を管理することができれば、自分にとって望ましい環境を作ることができます。

 

印象管理の効果は?

印象管理の考え方としては、まずは知ることが重要です。

  • 自分が現在どのように周囲に映っているか客観的に知る
  • 客観視の結果、どのように振る舞えばよいか知る

印象管理の最大の目的は、今の自分を相手にプラスに印象づけることです。現在の自分がプラスに思えなくても、それをプラスにすることができるのです。

  • コワモテに見えたけど、優しい人
  • 優柔不断そうに見えて、意思がはっきりしてる

など、印象は変えることができるのです。逆に良い印象から悪い印象という変化もあるので注意が必要です。

印象でのギャップを上手に使えば相手の興味を強くひくことができます

印象管理は環境に依存する?

プレジデントオンラインの印象管理の記事によれば、印象管理の概念は米国の社会学者・ゴフマンが1950年代に提唱した「人の行動は時間・場所およびオーディエンスに依存する」という考え方に基づいているいわれています。

環境に入った時点でその人の役割が決まっているという考え方で、自分がプラスに望まれるような環境作りこそが印象管理ということです。

環境を作ってしまえばあとは役割を演じるだけという考え方なのです。

 

印象管理はビジネスにも使える?

印象管理はビジネスでも重要な要素です。

実績などの能力が重要視される今後のビジネスの流れにおいて、印象管理を行い、自分の能力を最大限に使える環境を自分で作ることが必要です。

ビジネスにおける印象効果の3つの使い方

  1. 第一印象を上げる
  2. 信頼感を与える
  3. 記憶に残す

1.第一印象を上げる

人の印象は第一印象に大きく左右されます。

最初に対面した時になるべく良い印象を与えるためにできることは外見です。自分の伝えたい印象は外見から考えてみましょう。

外見での印象管理をすることで、自分のビジネスの意図も伝えられるのです。

2.信頼感を与える

第一印象の次に信頼感も印象管理で与えることができます。

ちょっとした仕草や雰囲気は人の感覚に強く残ります。品格のある仕草を心がければ安心感を与えられますし、ベンチャーなどの新しいことをする人であれば、若々しい仕草をすることで新しいものが生まれる予感も伝えられます。

ちょっとした仕草がビジネスに生きるのです。

3.記憶に残す

存在感を示したり、いいたいことを印章づけるということもできます。

もっともいいたいことに大きなジェスチャーを加えたり、去り際に印象的な行動をとることで存在感を示すことができます。存在感を示すことは優位にビジネスを進めていくうえで欠かせない要素です。

今後ビジネスでは、印象を良くすることで自分に優位な環境を作って自分の能力を最大限に発揮することが求められます。

 

印象管理を実践する著名人は?

印象管理は政治の世界では昔から使われてきています。

アメリカ大統領選では、潔白で意思のあるイメージを出すためにスーツに赤いネクタイをつけるということは有名な話ですが、これは典型的な印象管理です。

日本においては小泉純一郎氏や小池百合子氏が有名です。

小泉純一郎氏の場合

小泉元首相は「小泉劇場」といわれ高い支持率を保って政権運営をしました。

小泉氏は自分が望まれる環境を積極的に作ることで印象管理をしました。「小泉劇場」は劇場のように焦点をしぼり、敵を作り、敵を倒す小泉氏という環境を自分で作りました。

まさに小泉氏の印象を高めるための舞台を自分で作ったのです。

また、人気歌手のファンであるというような親近感を持たせるパフォーマンスも印象管理です。小泉劇場の印象管理で得た高支持率をもとに様々な政権運営を優位に進めていきました

印象管理が勝利した事例といえます。

小池百合子氏の場合

都知事になった小池氏も積極的に印象管理をしているように思われます。

小池氏も小泉氏と同様焦点をしぼり、劇場型の手腕を発揮しているのにくわえ、服装が印象的です。表に出る場面で印象的な服装をすることで、政治的行動以外の部分の印象を高めることに成功しています。

政治的に何をするかではなく、パーソナルなセンスの部分の印象を高めることで注目を集め、親近感を持たせ政治を進めやすくしています。

 

見くびることができない印象管理

印象管理といえば、ビジネスや政治の本質とズレているではないかという意見も聞こえてきそうですが、見くびることができないのが印象管理です。

多くの場面で人は無意識に意思決定の判断基準に印象をくわえています。

政治の世界はどうでしょう。選挙において、多くの人に実際に目に触れるのは政策ではなく印象なのではないでしょうか。

ビジネスの世界でも同じことがいえます。本質をつかむことも大事ですが、印象管理も人の心理に大きく影響を与えるという意味では本質です。

ビジネスの世界においては、例えばネクタイの色やハイヒールの高さで印象を変えることができます。まずは目につくところから、印象を変えてみてください。

あわせて読みたい

カテゴリー