【書評】ジェームズ・アレン「原因と結果の法則」から学ぶ人生の変え方

「結果には原因がある」「原因を考える」など「結果」と「原因」という言葉はセットでよく耳にすると思います。どのような原因から結果が導かれたのかを考えることがあると思いますが、実はその考え方自体が間違っているかもしれません。考え方次第では全く無意味なこともあります。それでは時間のムダですよね。この記事では原因と結果の法則の概要、原因の求め方、原因と結果の法則のビジネスへの活用についてまとめました。

原因と結果の法則とは?

「原因」と「結果」という言葉は日頃からよく耳にする言葉だと思います。

起こった結果に対して原因は何かと考えることは、私たちにとってごくあたり前の行動になっています。

 

ジェームズ・アレン著『原因と結果の法則』

「原因」と「結果」を法則としてまとめて著したのが、19世紀のイギリスの作家であるジェームズ・アレンです。

彼は作家となる前は大企業の秘書として働いていましたが、レフ・トルストイの書物に啓発され著作に専念し、「原因と結果の法則」を出版しました。

 

「原因と結果の法則」は自己啓発書の原点と言っても過言でなく、

  • デール・カーネギー
  • アール・ナイチンゲール
    など

多くの偉人にも大きく影響を与えました。

 

結果には必ず原因がある

「結果は原因によって生まれるものである」は原因と結果の法則で大前提になります。

 

ジェームズ・アレンは私たちの人生はある法則に従って創られていて、私たちがどんな策略を用いようとその法則を変えることはできないとしました。

 

つまり、結果には必ず原因があることはたとえ天変地異が起きたとしても事実としては変えることができないということです。

 

思考1つで人生が変わる?幸せになるポイントは?

原因と結果には法則があり、それは何が起ころうとも変わらないのです。

 

私たちは小さい頃から学校や家庭で「原因と結果」について考えさせられる機会を多く与えられてきました。

だからこそ、当たり前のように結果があれば、原因を考えるという思考回路ができているのです。

 

ジェームズ・アレンの考える原因

しかし、ジェームズ・アレンの原因の考え方と私たち自身の考える原因は少し違います

 

私たちは結果に対して上手くいかなかったことを他の誰かのせいにしたり、自分の失敗を運がなかったと片付けてしまったり、逆に成功した人を運が良かったからだなどとすることもしばしばあります。

 

たとえ百歩譲ったとして、原因は自分にあると頭ではわかっていても自分の行った原因について深く考える人はなかなかいないのではないでしょうか。

 

あるいは自分の周りの環境のせいにすることもあります。

もしかすると環境のせいにして原因を深く考えないことが多いかもしれません。

 

自分に起こることの原因はすべて自分にある

ジェームズ・アレンは自分に起こることの全ての原因は自分にあるとしました。

これは言い換えると、全ての原因は内にあるということです。

 

ジェームズ・アレンは次のように書いています。

 

自分の現在の環境は自分の過去の行動の積み重ねの結果として生まれています。

行動は思考から生まれるのです。

 

つまり「過去の自分の考え」という原因が「今の環境」という結果を生み出しているのです。

 

上手くいかないことや不幸を環境のせいや運などの変えようのない原因だと考えると全く解決しませんし、また同じようなことが起こってしまいます。

 

これでは成長しません。

同じ失敗を起こし、また同様に悩むのが目にみえてしまいます。

 

幸せになるポイントは原因を自分の考えに求める

幸せになるポイントは、原因は自分の考え方にあると思うことです。

 

自分の考え方に原因があると考えれば、考え方を変えるだけで良いのです。

正しい考え方が正しい結果を導いてくれます。

 

成功や幸せを生むのは自分の考え方にあるのです。

考え方1つを変えるだけで、自分の人生を少しづつ変えることができるかもしれません。

 

ビジネスで役に立つ?

原因と結果の法則はビジネスにおいて欠かせない考え方です。

もちろんここでは、ジェームズ・アレンが指摘している原因をうちに求め、自分の考え方を変えるという意味で欠かせないのです。

 

ビジネスで思い通りに行かないことはしばしばあります。

むしろ思い通りに行くことのほうが少ないのが現実です。

 

ビジネスで成功する人とそうでない人の違いとは何でしょうか。

 

違いの1つに考え方が少なからずあると思います。

ビジネスでなかなか成功しない人は考え方が消極的な場合が多いです。

リスクがあり、努力しても成功しないのではないかと考えます。

 

成功する意図は考え方が積極的

もちろんこれは誰にでもある心理的思考であり、リスクマネジメントとも捉えられますが、成功しない人の習性として思考がここの段階で止まり、次のアクションを起こそうとしません。

あらゆる予想の結果から、面倒であるため行動を起こさないのです。

 

この一連の思考や行動に気づかずに、ビジネスで成功しない人は、環境のせいなど原因を外に求めがちです。

 

一方ビジネスで成功する人は、リスクはあるが実際に努力し行動してみないと結果はわからないと考えます。

さらには、上手くいけばきっと成功するに違いないと考えます。

 

つまり、考え方が積極的なのです。

 

ビジネスで成功するために、自分の考え方を変え積極的に行動するだけで、もしかしたら自分のアイデアでイノベーションを起こせるかもしれません。

 

思考で人は変わる

原因と結果の法則では結果は自分の中にあり、原因を内に求め、思考や行動を変えていくことで結果が変わるとしました。

 

ジェームズ・アレンの言葉に以下のようなものがあります。

あなたは自分の考え方一つで、自分の人生を破壊することも、素晴らしいものに作り替えることも出来るのです。出典:原因と結果の法則

 

自分の考え方1つで人生を変えることは出来るのです。

まずは、ジェームズ・アレンの言うとおり、結果に対して自分の周りを取り巻くものに目を向けるのではなく、原因を自分の内に求め、向き合うことから始めてみませんか。

 


カテゴリー