【転職回数】回数別転職ガイド「3回目以上編」|一貫したコアはあるか?

3回目以上の転職は、これまで以上に転職の理由が問われます。転職が難しくなる理由は3つです。転職に一貫性を持つことが大切になります。近年は20代や30代で複数回転職することも珍しくなくなりました。ただ3回以上転職する場合は、いくつか知っておくべきことがあります。この記事では、3回目の転職の考え方についてまとめました。

3回以上の転職は何が問われる?

転職回数が3回目以上になると、これまで以上に転職を繰り返した理由が問われます。

20代、30代で3回以上転職する人はそれほど多くないからです。

 

回数を重ねてもキャリアの一貫性、協調性、精神的な強さを感じることができれば企業側も問題なく採用するでしょう。

 

自分のコアはなんでしょうか。

 

特にキャリアの一貫性を伝えるためには、職務経歴のまとめ方に工夫が必要です。

採用者を説得できる伝え方を心得てください。

 

自分のコアをしっかりと伝えることができれば、転職活動も大きく前進するでしょう。

 

3回以上の転職は難しい?

転職サイトエンジャパンの調べによると、企業側から見て転職回数が多いと見られるのは20代で2回、30代で3回以上です。

 

また年齢別の転職回数と成功率を見ると、25歳から29歳までは3回目の転職成功率の落ち込み幅が大きくなっています。

30歳から39歳までも転職成功率は落ち込んでいるので、回数を重ねるごとに転職するのは難しくなるのがわかります。

 

回数が増えると転職が難しくなる理由は?

なぜ回数を重ねると転職するのが難しくなるのか。

それは転職とともに信用力が低下するからです。

 

ポイントは以下の3つです。

 

転職が難しくなる3つの理由

  1. 定着性
  2. 精神的なタフさ
  3. キャリアの一貫性

1.定着性

企業側は転職者の会社への定着性を疑います。

仕事や職場の人間関係で壁にぶつかると問題を改善しようとせず、すぐに転職することで問題解決しようとしているのではないかと考えます。

 

仕事は数年かかるプロジェクトもあります。

また社内の状況を考えながら採用計画を立ててもいます。

 

定着性がなければ大きな仕事を任せられず業務に支障をきたすのです。

 

2.精神的なタフさ

上司に怒鳴られる、また取引先とトラブルになるといったことは働いていればよくあることです。

 

転職回数が多いと、仕事上の問題に対して必要以上に落ち込み急激に仕事のやる気がなくなったり、出社拒否をするといった行動を起こすのではないかと疑われます。

ストレスへの対処ができないと考えられるのです。

 

3.キャリアの一貫性

さまざまな業界を転々としていると、この人は何をやりたいのかよくわかっていないのではないかと感じざるを得ません。

 

プロジェクトを任されて大きな成果を挙げた経験など、責任ある立場に立ったことがなく、まだ一人前ではないという印象を持たれてしまいます。

 

そのため会社にどのような成果をもたらしてくれるのか、ポテンシャル感じることができないのです。

 

キャリアの一貫性の伝えること

キャリアの一貫性はどのように伝えればいいのでしょうか。

 

関連記事にあるように、就活で自己分析し、自分という人間を一言で言い表したもの「コア」を考えることがオススメです。

 

志望する会社は自分のコアの延長線上にあります。つまり、何度転職してどんなに違う業界を渡り歩いていたとしても、自分としては同じ道を追求しているという確信があればいいのです。

 

例えば

  • 広告代理店
  • 飲料メーカー
  • 電機メーカー
  • ネットショップ

と転職してきた人がいます。

 

彼のコアは「ムーブ」、多くの人を巻き込むこと、動かすことです。

 

一見するとバラバラな業界です。

しかし彼はすべての会社で、マーケティングを使ってどうやって人を巻き込んで行くか、そしてどのようにムーブメントを作り出せるかを常に追求していました。

 

彼の中では業界が変わってもやっている仕事は同じなのです。

彼のやりたいことはマーケティングであり、業界はそのための手段であって重要な指標ではないのです。

 

就活や転職するにあたり、自分でやりたいことが明確にあって一貫して追求しているのであれば問題ないといえます。

 

職務履歴のまとめ方は?

置かれた状況にもよりますが、注意しなければいけない点があります。

 

それは自分の職務経歴のまとめ方です。

 

仮にマーケティングをやりたいと転職して採用されたにも関わらず、営業に回されたとします。

このことに納得がいかず転職を考え始めたと伝えてしまうのはNGです。

 

会社には急に欠員が出たり、経営上強化しなければいけない部署があったりと、状況が刻々と変化します。

人員の配置も経営状況に合わせて変えていかなければならず、話が違うことは理不尽かもしれませんがよくあるのです。

 

ですから人事上の不満が転職の本心だったとしても、会社の事情というものを理解しています、ということをさりげなく触れていなければいけません。

 

 

例えば

営業に配属された場合は

「顧客が何を求めているのか直接会話することで、営業という立場からマーケティングを学んできました」

とするのがベターです。

 

あなたがどれだけ転職してきても、どんな部署を経験していても、同じキャリアを追求してきたことを説得力を持って伝えることができればいいのです。

 

転職に一貫性を持つ

転職ごとに自分のなかにこれといった一貫するものがない場合、さらに転職を重ねることはかなり難しくなります。

むしろ自分が充実できる、夢中になれるものがないということの表れです。

 

この機会もう一度自分見つめ直し、キャリアについて考えてみることをオススメします。

いまある業界にとられず、自分の本音に忠実でいることが大切です。

 

あなたのグランドデザインは?

キャリアアップをしながら、年収を上げていきたいと考えているのであれば、自身のグランドデザインをしっかりと持つことが必要になります。

グランドデザインとは「自分がどうなりたいのか」というビジョンのことです。

AIはゲルニカを描けるのか?」で詳しく書かれています。

納得のいく転職の流れとしては、

  • 人生のグランドデザインを描く
  • そのために必要なことを知る
  • 必要な要素を持った仕事を探す

というものです。

グランドデザインさえ描くことができれば、転職エージェントを利用することをオススメします。なぜならば、こちらの要望をはっきり伝えることで、より自分にフィットした多くの提案をしてもらえるからです。

 

ただ、転職エージェントにも相性があります。転職エージェントの傾向や、担当者の力量によって転職が左右されるともいわれています。自分に合ったエージェントに出会うためにも、傾向をみながら複数の転職エージェントに登録するのがおすすめです。

各転職エージェントの特徴ごとにおすすめをご紹介します。

 

すべての人がまず登録すべき転職エージェント

すべての人がまず登録して間違いないのが「大手総合転職エージェント」です。求人の量・質ともに充実しているのが以下の大手転職エージェントです。

 

リクルートエージェント

非公開求人10万件以上、日本最大級の転職エージェントです。

 

doda

求人数10万件以上(日本最大級)です。doda限定の求人もあります。

 

マイナビエージェント

非公開求人10万件以上、日本最大級の転職エージェントです。

 

パソナキャリア

大手転職エージェントの一角で、丁寧なサポート体制です。

大手転職エージェントは求人の量・質が多い反面、登録している転職希望者が多いので競争が激しくなるという一面もあります。

最低でも3~4社登録しておくと安心です。

 

今までの職務経歴に自信のない方におすすめの転職エージェント

大手では扱っていない案件も多く扱っている転職エージェントをご紹介します。登録者数が大手よりも少ないので、穴場的な求人に出会えることもあります。また、内定・入社後にもアフターフォローがあるなどキャリアアドバイザーの対応もきめ細かいという特徴もあります。

大手と一緒に登録することで効果を発揮する転職エージェントです。

 

type転職エージェント

非公開案件約80%です。転職した人の約71%が年収アップに成功しているエージェントですが、首都圏在住の方限定です。

 

ワークポート

転職決定人数部門で4回連続1位を獲得したことがあり、IT系や未経験からのキャリアチェンジに強みがあります。

 

今までの職務経歴に自信がある人におすすめの転職エージェント

大手転職エージェントでも扱わないようなハイキャリア向けの案件を多く持った転職エージェントもあります。今後海外も視野に入れたキャリアアップを目指す方には積極的におすすめしたい転職エージェントです。

 

JACリクルートメント

業界3位。外資系企業や海外への転職に強く、アジア最大級のネットワークを持ちます。

BraveAnswer編集部では、キャリアに関するご相談を受け付けております。

  • 今後のキャリアが不安
  • 自分を変えたいが、何から始めたらいいかわからない

といった、具体的なアクションが明確でない人でも大歓迎です。

こちらより、お気軽にお問い合わせください。

 

BraveAnswer編集部が考える転職については「転職とは何か。」にまとめてあります。転職をする前に、そもそも転職とはなにか、考えてみてください。

 

BraveAnswerでは、皆様の転職エージェントの評価や感想を集めております。こちらのフォームに従って、感想を教えていただければ幸いです。ご協力のほど、よろしくお願い致します。

 

あわせて読みたい

カテゴリー