用語解説

セルフ・ハンディキャッピングとは?|克服への対策を例をあげて解説

セルフハンディキャッピングとは、失敗して傷つくことの予防線を自分ではることです。誰でもしていることで、うまく付き合うことで成功に結びつくともいえます。テストの前に漫画をつい読んでしまうようなことを今もしていませんか。できることをどんどん自分で捨てている可能性があります。この記事ではセルフハンディキャッピングについてまとめました。

セルフハンディキャッピングとは?

shutterstock_367340915

テストの前につい漫画を読んでしまうという経験をしたことはありませんか。

 

実はこれは

  • 「つい」

ではなく、無意識にテストを失敗した時の言い訳を

  • 「わざと」

自分で作っているといわれているのです。

 

失敗して傷つくことへの予防線を自分ではることをセルフハンディキャッピングといいます。

 

簡単にいえば、自分自身にハンデキャップをつけることです。

特徴は

  • 失敗は「自分の外」に原因
  • 成功は「自分の内」に原因

と考えることです。

 

セルフハンディキャッピングにはメリットもデメリットもある

メリット:失敗した時に自分の心を守る

セルフハンディキャッピングは、失敗した時の自分を守るために準備しておくという性質があります。

 

心理学用語では自我防衛機制といいます。

セルフハンディキャッピングは自分の心を守るために自然にそなわっているものなのです。

 

デメリット:挑戦する心が薄れる

ただセルフハンディキャッピングが過剰になってしまうと、本当は簡単にできたことをできないと思い込んでしまうこともあるのです。

 

誰にでもそなわっているセルフハンディキャッピングとうまく付き合うために詳しくみていきましょう。

 

2つのセルフハンディキャッピングの傾向

セルフハンディキャッピングには

  • 「獲得的」
  • 「主張的」

の2つのパターンがあります。

あなたも2つの中に当てはまる場面があるかもしれません。

2つのセルフハンディキャッピング

  1. 獲得的セルフハンディキャッピング
  2. 主張的セルフハンディキャッピング

1.獲得的セルフハンディキャッピング

テストの前につい漫画を読んでしまうことは獲得的セルフハンディキャッピングといえます。

 

これはビジネスにおいても当てはまることがあります。

仕事では、自分の能力や時間に見合った仕事を引き受けることが好ましいものです。

 

ただ気付いたら自分のキャパを超えた仕事を引き受けていることはありませんか。

言い訳をあらかじめ自分で用意することが獲得的セルフハンディキャッピングです。

 

  • 「仕事が多いから、しょうがない」

とあらかじめ言い訳をつくるために、仕事を引き受けてしまっていることがあるかもしれません。

 

仮にに成功した場合でも、キャパを超えていたのにできたと自己評価を上げることができるのです。

 

2.主張的セルフハンディキャッピング

主張的セルフハンディキャッピングは、言葉を使います。

 

テスト前に

  • 「全然勉強していない」
  • 「体調悪い」
  • 「この教科苦手」

という発言はよく聞きます。

 

言い訳をあらかじめ自分で主張することが主張的セルフハンディキャッピングです。

 

主張をしておくことで、失敗した時の評価の低下に予防線を張れますし、成功した場合は逆に評価が上がるように無意識に工作をしているのです。
セルフハンディキャッピングは、自分や周囲に対して自分の評価を下げないために行われます。

簡単にできるセルフハンディキャッピングの診断

shutterstock_318060599

セルフハンディキャッピングを続けると失敗しても自己評価が下がらないので、向上心が下がる傾向があります。

現状の自分に向き合い受け入れるにはためには、言い訳を外さなくてはいけません。

 

セルフハンディキャッピングはwebで簡単に診断できます。

  • 失敗するとすぐに状況のせいにしたくなる
  • 人より体調がわるいことが多い
  • 本を読もうとする時、物事や空想で集中できなくなりやすい
  • 人に負けたりうまくいかなかったとしても、余り傷つかないですむように、人とは張り合わないことにしている

などの簡単な質問に答えることで点数がでます。

 

点数が高いほどセルフハンディキャッピングの傾向が強いということになります。

 

自分がセルフハンディキャッピングを行っていると感じたら、診断してみてください。

 

セルフハンディキャッピングを克服する4つの対策

shutterstock_328393736

評価を下げないために無意識でしているセルフハンディキャッピングは、決して不必要なものではありませんが、結果的に評価を下げることになりかねません。

 

ビジネスにおいては、セルフハンディキャッピングのコントロールは差をつける重要なポイントになります。

 

うまくセルフハンディキャッピングとつきあうために、セルフハンディキャッピングのコントロール方法を紹介します。

セルフハンディキャッピングをコントロールする4つの方法

  1. 「できる」と公言する
  2. 失敗は恥ずかしくない
  3. 失敗しても言い訳しないで次に進む
  4. 成功する理由を用意する

1.「できる」と公言する

セルフハンディキャッピングするの要因の1つは「できないかも」という不安の気持ちです。

 

できないかもと思うことでも、まずは

  • 「できる」

といってみましょう。

「できる」と思い続けることで本当にできる気がしてくるものです。

 

思い込むことからできることは始まります。

 

あなたが現在できていることを思い浮かべてみてください。

「できる」と思っていることができるようになっているのです。

 

2.失敗は恥ずかしくない

誰でも失敗するものです。

失敗を恥ずかしいと思っていませんか。

 

成功する人は間違いなく皆失敗しています。

失敗はあなたにとってチャンスになるのです。

 

失敗の向き合い方を考えてみてください。

 

3.失敗しても言い訳をしないで次に進む

あなたは失敗した時に言い訳をしている人を見てどう思いますか。

本人は失敗をカバーするために言っているのでしょうが、逆に評価の低下につながります

 

むしろ失敗したら

  • 「すいません、次はしっかりします」

と失敗を認めて前を向いている人の方が信頼されます。

 

4.成功する理由を用意する

何かをしようと思った時に、失敗をする理由はいくらでもあげられるけど、成功する理由についてはどうでしょうか。

 

具体的に

  • 「できる理由」

を考えることがコツです。

 

いきなり最終的な成功する理由を考えるのが難しければ、なるべく項目を小さく分けて「これは〜だからできる」を積み重ねると意外とできることが多いのです。

 

自分と向き合う

shutterstock_252063856

セルフハンディキャッピングを考えることは結果的に自分と向き合うことになります。

現在の自分は何ができて何ができないのか考えてみてください。

 

今はできなくてもいいのです。

 

できないことを受け入れていくことに価値があるのです。

 

できないことが受け入れられればもう半分以上成功していると言ってもいいでしょう。

かりに失敗したとしても、次につながる橋はもうかかっているのです。

 

セルフハンディキャッピングを通して自分と向き合ってみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい

カテゴリー