【忙しいあなたに】断捨離とは?断捨離の効果は?人間関係や仕事にも活かせる?

断捨離とは、不要なものを自分から切り離していくことを指します。断捨離によってさまざまな効果が期待できます。断捨離は人間関係や仕事においても有効です。断捨離は勇気をもって取り組む必要があります。多忙を極める人や仕事とプライベートを両立させたい人にオススメの記事です。

断捨離とは?

shutterstock_425396251

断捨離(だんしゃり)とは、必要ないモノを自分から切り離していくことを指します。断捨離という言葉を提唱したのは「やましたひでこ氏」です。

断捨離をそれぞれの漢字の意味から理解しましょう。

  • 断:必要ないモノを買わない(断つ)
  • 捨:必要ないモノを捨てる
  • 離:モノに執着しない(離れる)

つまり不要なモノは捨ててしまい、本当に必要なものだけのシンプルな生活をしようという意味です。

断捨離は単なる片付け術ではなく、考え方としては「モノへの執着を捨てること」を第一にしています

「モノへの執着を捨てる」ためには、「必要ないものを買わない」「必要ないモノを捨てる」の2つを実践する必要があります。この2つを実践していると、モノへの執着はなくなっていきます。

断捨離によって身も心も軽くなります。モノへの執着をなくすことで、自分自身で作ってしまった重荷や負担から開放されることになります。

 

断捨離で期待される効果は?

shutterstock_415406845

断捨離を実践することによりさまざまな効果が期待されます。期待される主な効果は以下の5つです。

期待される効果

  1. 人間関係が整理される
  2. 健康になる
  3. 仕事の能率が上がる
  4. ポジティブになる
  5. 貯金できる

1.人間関係が整理される

断捨離によって身の回りだけでなく、人間関係も整理することができます。自分にとって大切かどうかで判断し、より良い人間関係を築いていきます。

ただ単なる損得勘定で判断してはいけません。その人は「自分を成長させてくれる」など、自分なりのしっかりとした判断基準を持つ必要があります。

2.仕事の能率が上がる

断捨離で捨てられるようになる不要なモノには、考え方や固定観念も含まれます。不要な考え方や固定観念を捨て、新しい考えや情報だけを取り入れていきます。そうすることで仕事の能率も上がります。

3.ポジティブになる

断捨離ではネガティブな考えも捨てられるようになります。嫌なことは捨ててしまい、好きなものだけを残していきます。性格は自然とポジティブになるでしょう。

ただし嫌なモノ・苦手なモノのなかにも必要なモノはあります。自分にとってネガティブなモノをすべて避けているのは良いことではありません。

4.貯金できる

不要なモノを買わなくなることでお金の消費が減ります。他にも不要な水道代、不要な電気代など無駄を省くことで節約にもなります。

5.健康になる

断捨離によって部屋が片付けられることで、身の回りの環境が清潔になります。健康には身の回りの清潔さは不可欠です。

また断捨離により生まれた余裕やお金を、健康のために使うことができます。健康的な食生活、健康的な睡眠が可能になります。

 

断捨離で人間関係を整理?

shutterstock_329701265

夫婦や恋人が別れるように、友人とも別れた方がいいタイミングがあるといいます。

子供の頃は家族や友人といった人間関係のなかで生きていました。しかし大人になるに連れて家庭や会社、恋人など所属するコミュニティが増加し、人間関係も複雑になってきます。

また大人になると人間関係に費やせる時間も減ってきます。仕事や家族と過ごす時間が増えていくと、友人との時間は限られてきます。

そんな時昔の友人だけにこだわっていると、大事なものを失ってしまうこともあります。目の前の人間関係を大切にし、時間を使う方が自分のためになるといいます。

「友人と仲良くしたい」と考えるのは自然なことです。

しかし「友人と仲良くしなければならない」という考えは、自分を苦しめることになります。人として成長するためには、友人と別れる決断も必要になります。

そうすることで心に余裕を持ち、目の前の大事なモノがさらに特別なモノになるでしょう。刺激的な新しい何かに出会うこともあるかもしれません。

 

断捨離は仕事でも活かせる?

shutterstock_370320299

断捨離により仕事の能率を上げることが期待されます。断捨離では「必要ないモノを断つ」ことが大切です。仕事で考えると、必要のない仕事はやらないということになります。

「そもそも必要のない仕事はやっていない」という人がほとんどだと思います。まずは自分の仕事中の作業を1つ1つ確認していきましょう。その仕事や作業は「何のためにやっているのか」という目的をはっきりさせる必要があります。

「何のためにやっているのか」という理由がはっきりすると、その仕事や作業が必要ない理由が見つかることがあります。実は「もっと簡単な方法がある」と気づくこともあります。

状況が変わった場合や新しい仕事を頼まれた場合にも、同じように断捨離します。こうして無駄な仕事や作業に時間を使わずに済むようになります。

 

断捨離は勇気をもって取り組む

shutterstock_129115220

断捨離とは、必要ないモノを自分から切り離していくことを指します。そのプロセスは、「必要ないモノを買わない」「必要ないモノを捨てる」ことで、「モノに執着しない」ようになるというものです。

断捨離を身につけることは簡単なようで難しいです。人は保有効果という心理的作用により、自分の所持しているモノに高い価値を感じます。捨てるのはもったいないと考えてしまうのです。

断捨離は勇気をもって取り組む必要があります。実際はモノを捨ててみて後悔することは少ないようです。慣れてしまえばモノに執着しない考えを身につけることができます。

あわせて読みたい

カテゴリー