30代の転職

【30代の転職】30代前半と後半で必要なスキルが違う|年代別転職ガイド

この記事は特集記事です。年代別の転職についてまとめています。30代の転職は前半と後半で必要とされるスキルが違います。前半は即戦力としてのスキルが求められますが、後半は将来の管理職としての能力が必要です。この記事では30代の転職についてまとめました。

30代前半と後半で違う転職に必要なスキル

30代での転職は20代とは違って即戦力として仕事の専門性が求められます。

また30代の前半と後半とで求められるスキルは異なります。

 

30代前半は即戦力、後半は管理能力

30代前半はこれまでの実績が大切で即戦力として活躍することを期待されています。

 

一方30代後半では管理能力が問われ、転職するにはかなりのアピールポイントがなければ不可能です。

 

家庭を持っている人も多いので、30代での転職は自分のキャリアを向上させるとともに年収も大事なポイントになります。

自分のライフプランとキャリアプランの兼ね合いを考えなければいけない年代です。

 

実績がものをいう

これまでと同じ職種であれば、20代よりニーズは少ないものの実績さえあれば転職できます。

キャリアプランを見直し、これまでと全く違う職種に飛び込むのであれば年収減額は否めず、余程の覚悟がなければいけません。

 

挑戦するかしないか、家族と話し合い慎重に決めることをオススメします。

 

30代での転職のメリットとデメリット

 

30代での転職は年齢が有利にも不利にも働く可能性があります。

 

メリット

企業側が求めているのは即戦力としてのスキルです。

 

大卒から8〜10年の実務経験があり、業界や商品知識といった専門性がアピールポイントになります。

管理職経験があればさらに強く、短期間で管理職になれる可能性もあります。

 

デメリット

逆に30代での転職のデメリットとして、20代と比べられた場合に年齢的に不利になってしまう点があげられます。

成長の伸び代がある20代の方が選ばれやすくなります。

 

年齢はもはや変えることができませんので、自分の

  • 実務経験
  • 管理職経験
  • 実績
  • 人脈
  • 専門知識
  • 技術

をアピールしていきましょう。

 

30代前半での転職

現場で使える専門知識やこれまでに実績、スキルといった即戦力性が最も求められる年代です。また徐々に管理能力も求められる年齢でもあるので、マネジメント経験があれば評価は高くなります。

これまで向上心を持ち、しっかりと実績を積み上げてきたならば転職するのはそれほど難しくありません。他業界でも同じ職種であれば年収アップも可能です。

未経験の職種に挑戦できる最後の年代ですが、20代とは違ってかなり厳しく、年収も大幅にダウンすることも覚悟しておいた方がいいでしょう。

 

30代後半での転職

30代後半はよりマネジメント経験が問われる年代です。

 

今の会社でラインに乗り昇格昇進している人は、他社でも十分に活躍できる可能性が高いです。

将来の

  • 幹部候補
  • リーダー候補

として活躍が期待されるからです。

 

一方ラインから外れてしまい転職する人は、余程の実績がなければかなり厳しい道のりになるでしょう。

しかし実力を備えたスペシャリストであれば問題ありません。

 

管理職経験がないのであれば実績を積み上げることに専念しましょう。

 

キャリアプランとライフプラン

30代での転職では、キャリアプランだけでなくライフプランとの兼ね合いも重要になります。

 

家族との兼ね合い

それは家族がいるからです。

特に子供がいる場合には生活費だけでなく教育費もかかるので、転職先で年収アップが見込めなければ、何かを削らなければ今の生活を維持できなくなります

 

キャリアを積み重ねていくことは大切ですが、それは家族があってできることです。

あまりにも自分勝手に転職を進めていくと、最悪離婚ということにもなりかねません。

 

転職するのは家族をさらに幸せにするためでもありますので、家族内でよく話し合うことをおすすめします。

 

30代は自分のやりたいことがわかってくる

また30代では、自分のキャリアプランの変更を余儀なくされることが多い年代です。

なぜならこれまでの実務経験で、自分の得意なことや不得意なことがわかり、またやりたいこととやりたくないことの趣向もはっきりしてくるからです。

 

これまで実績があり、自分の長所をさらに伸ばしていきたいのであれば問題はありませんが、営業から経理といったこれまでの実績をまったくゼロにする転職を考えることもあるかと思います。

 

この場合年収が大幅に下がることは覚悟しなければいけません。

ですからそれでも本当にやりたいことなのかをじっくり考えなければいけません。

 

もう1度自分のキャリアプランをしっかりと練り直すタイミングでもあります。

また家族の同意も必要になるでしょう。ですから職種を変える場合は慎重に考えましょう。

 

ライフプランとキャリアプランの兼ね合い

30代の転職は20代と比べてハードルが高いです。即戦力としての実力が求められ、年齢によっては管理能力も求められます。

 

ただこれまでしっかりとキャリアを積んでいれば、年収アップを目指した転職も不可能ではありません。

 

一方で30代は家族がいる人も多くなる年代です。自分1人で決められた20代とは異なり、ライフプランも考えなければなりません。家族のことを考えると、リスクの高い転職は避けたくなります。

 

ただ多くの場合、未経験の職種に挑戦できる最後の年代でもあります。

キャリアプランとライフプランを考えて、最善の選択をしてくださいね。

 

納得のいく転職をするために

30代の転職となるとライフデザインやキャリアデザインをもとにより納得感のある転職活動が必要になってきます。転職サイトで自分で探すのもよいですが、転職エージェントを利用することもオススメです。

しっかりとグランドデザインを描いて、エージェントに伝えることができれば、転職サイトでは得られない情報を得られる可能性があるからです。

ただ、転職エージェントにも相性があります。転職エージェントの傾向や、担当者の力量によって転職が左右されるともいわれています。自分に合ったエージェントに出会うためにも、傾向をみながら複数の転職エージェントに登録するのがおすすめです。

各転職エージェントの特徴ごとにおすすめをご紹介します。

 

すべての人がまず登録すべき転職エージェント

すべての人がまず登録して間違いないのが「大手総合転職エージェント」です。求人の量・質ともに充実しているのが以下の大手転職エージェントです。

リクルートエージェント

非公開求人10万件以上、日本最大級の転職エージェントです。

 

DODA

求人数10万件以上(日本最大級)です。DODA限定の求人もあります。

 

マイナビエージェント

非公開求人10万件以上、日本最大級の転職エージェントです。

 

パソナキャリア

大手転職エージェントの一角で、丁寧なサポート体制です。

大手転職エージェントは求人の量・質が多い反面、登録している転職希望者が多いので競争が激しくなるという一面もあります。

最低でも3~4社登録しておくと安心です。

 

今までの職務経歴に自信のない方におすすめの転職エージェント

大手では扱っていない案件も多く扱っている転職エージェントをご紹介します。登録者数が大手よりも少ないので、穴場的な求人に出会えることもあります。また、内定・入社後にもアフターフォローがあるなどキャリアアドバイザーの対応もきめ細かいという特徴もあります。

大手と一緒に登録することで効果を発揮する転職エージェントです。

type転職エージェント

非公開案件約80%です。転職した人の約71%が年収アップに成功しているエージェントですが、首都圏在住の方限定です。

 

ワークポート

転職決定人数部門で4回連続1位を獲得したことがあり、IT系や未経験からのキャリアチェンジに強みがあります。

 

今までの職務経歴に自信がある人におすすめの転職エージェント

大手転職エージェントでも扱わないようなハイキャリア向けの案件を多く持った転職エージェントもあります。今後海外も視野に入れたキャリアアップを目指す方には積極的におすすめしたい転職エージェントです。

 

JACリクルートメント

業界3位。外資系企業や海外への転職に強く、アジア最大級のネットワークを持ちます。


 

もう少し詳細に転職エージェントを知りたい方は、転職エージェント総まとめ記事をご覧ください。各エージェント毎の特色がまとめて理解できます。

 

またBraveAnswer編集部が考える転職については「転職とは何か。」にまとめてあります。転職をする前に、そもそも転職とはなにか、考えてみるとより豊かなキャリアを築けるのではないでしょうか。

 

BraveAnswer編集部では、キャリアに関するご相談を受け付けております。

  • 今後のキャリアが不安
  • 自分を変えたいが、何から始めたらいいかわからない

といった、具体的なアクションが明確でない人でも大歓迎です。

こちらより、お気軽にお問い合わせください。

 

BraveAnswerでは、皆様の転職エージェントの評価や感想を集めております。こちらのフォームに従って、感想を教えていただければ幸いです。ご協力のほど、よろしくお願い致します。

 

あわせて読みたい

カテゴリー