女性の転職は30歳が限界?転職のタイミングとオススメの方法は?

男性よりもライフイベントの影響を受けやすい女性は、転職をするタイミングも気になります。個人差はありますが、今後のキャリアを考えてアクションを起こしたくなる時期も、結婚や出産の時期も、だいたい20代後半から30代前半に集中する場合が多いです。転職のタイミングは大きく4つあります。2つの転職方法を活用するのがオススメです。女性の転職の場合、30歳が限界だと言われることがあります。この記事では「女性30歳転職限界説」について、転職と年齢の関係や転職のタイミング、おすすめの転職方法についてまとめました。

女性の転職と年齢の関係

転職と年齢の関係は、男女問わず話題になりやすいものです。

28歳、32歳、35歳がターニングポイントだ、という話を耳にしたことがある人も多いかもしれません。

 

キャリアの考え方として、各年代は以下のように言えます。

  • 20代:可能性を探る時期
  • 30代:専門性を確立する時期
  • 40代:専門性を自分らしく生かす時期

 

つまり、自分の方向性がだいたい決まり、アクセルをぐっと踏み込む時期と、結婚・出産のタイミングが被りやすいのです。

 

「中途入社者は即戦力で活躍してほしいのに、ライフイベントが重なっては成長スピードが鈍る」などと敬遠する会社があるのも事実です。

 

女性の転職は30歳が限界?

女性の転職は30歳が限界という考え方があります。

なぜ女性だけが30歳までに人生決めなければならないのでしょうか。

 

もちろん世の中には

  • 「若い方がいい」
  • 「ワーキングマザーは扱いづらい」

と考えている会社がまだまだあります。

 

ただ女性の皆さんはそんな会社で働きたいでしょうか。

入社して活躍するイメージがつくでしょうか。

 

ライフイベントも含めて、キャリアを一緒に創ってくれる会社を選ぶことをオススメします

誠意を持って仕事をし、周りの人に応援される人になると、ライフイベントもキャリアに含めることができます。

 

女性の転職のタイミングは4つ

とはいえ、転職に適したタイミングはそんなに多くありません。大きく分けて転職のタイミングは以下の4つです。

女性の転職の4つのタイミング

  1. 結婚前
  2. 妊娠前
  3. 育児休業復帰前
  4. 末子小学校入学後

1.結婚前

結婚前が適しているのは、自分の意志だけですべてを決定できるからです。夫婦はいわば経済共同体ですから、自分の収入が家計に影響するようになると、配偶者の意思を無視できません。

結婚すると、配偶者の転勤というライフイベントが発生する場合もあり、それに伴う退職者は多いのが現状です。

 

2.妊娠前

今後子どもを持つ予定があり、会社を変えたいと思っているならば、妊娠前がチャンスです。

妊娠・出産は予期せぬことの連続です。

突発的に、長期で会社を休まざるを得ないケースもあります。

 

そんな時は、慣れ親しんだ環境でよく知った上司や同僚と仕事をしていた方が、余計な気を使わなくて済む分自分が楽ですよ。

 

3.育児休業復帰前

育児休業中に自身のキャリアを見直す女性はとても多いです。

やっぱり専業主婦になろうかな、と思う人もいれば、一刻も早く仕事復帰したい、という人もいます。

産んでみないと、自分がどう感じるかはわかりません。

 

ある女性は「自分は専業主婦願望が強くなるのでは」と予想していましたが、実際に子どもを産んでみると、早く仕事復帰したいと感じるようになりました。

もちろん子どもと過ごす時間がかえがえなく、最優先であることは変わりありません。

 

育児休業中は仕事から離れている分、冷静に自分のキャリアを見直しやすい時期でもあります。

幼い子どもを抱えて働くことの大変さも実感として伴う中、自分は何が得意で、何がやりたくて、どんな仕事ならば貢献できるのか考えることができます。

 

整理してみると、結論は転職かもしれませんし「今の仕事で引き続き頑張ろう」と覚悟を固めることかもしれませんよ。

 

4.末子小学校入学後

日本の平均出産年齢は約30.4歳ですので、例えば2歳差で2人産んだとして、38歳くらいのタイミングです。

 

専門性はきっちり確立され、マネジメントもある程度経験し、40代をどう過ごそうかと考える時期ですね。

管理職が性に合っている人もいれば、培った専門性を別のフィールドで生かすことを志す人もいるでしょう。

 

ある程度子どもも手が離れますので、今一度自分らしい働き方を模索し、活躍の場を外に求めるのも良いかもしれません。

40代に突入すると、転職というよりは即戦力の超プロフェッショナルをどこから引っ張ってくる、というヘッドハンティングに近くなります。

 

その直前段階での転職ですから、当然経験豊かなプロとして見なされます

職場環境や待遇に不満がある、という20代30代にありがちな動機では、次は決まりません。

そういう意味では、慎重を期するタイミングでもあります。

 

オススメの女性の転職方法1「転職エージェント」

  • キャリアアドバイザーの力を借りながら仕事探しができる

のが、転職エージェント最大の魅力です。

 

キャリアの棚卸をし、自身の強みをどう展開できるか、それに合う会社はどこなのか、一緒に考えてくれます。ローキャリアや初めての転職であれば、ノウハウも含めて指導してもらえますよ。

 

ただし、相手任せにしないことです。

エージェントは、転職者を企業に紹介し、入社が決定した時点でその人の年収の何%かを報酬として企業から受け取る、という仕組みで成り立っています。

 

流されて後悔しない転職

決めてナンボの世界なので、1件でも多く成約したいのが本音です。

そのため、自分がやりたいことが明確になっていないと、積極募集中の会社や募集人数の多いところに流し込まれてしまう可能性があります。

 

敏腕キャリアアドバイザーの手にかかれば、若くて専門性が低い分、まだ可能性が広いローキャリアは、正直どこでも入れることができます。

それもまたご縁という考え方もありますので、悪いわけではありませんが、流されての転職は後悔が残りやすいものです。注意しましょう。

 

オススメの女性の転職方法2「求人サイト」

求人サイトは、大小様々あります。

それぞれ特徴がありますので、理解した上で使うと良いでしょう。

女性向けと明確にしているサイトや希望する職種や業界に特化したサイトなど、いくつか併用することをオススメします。

 

サイトの良し悪しは、情報量の多さを判断材料にするのがオススメです。

サイト内の掲載件数もそうですが、求人1件あたりの情報量に注目です。

 

仕事内容はもちろん、どういう人が活躍しているのか、どういう人を求めているのか、具体的な働き方はどうなのか。

できるだけ、実際に働いている姿が思い浮かべやすいものにしてください。

 

新卒の時のように会社説明会を開いてくれるところは少ないですから、事前の情報収集をしっかりした上で面接に臨むようにしましょう。

 

キャリアとライフイベントを考える

女性の転職の限界は30歳と言われることもありますが、そんなことはありません。

ただ女性の場合は、転職のタイミングとライフイベントのタイミングに注意が必要です。

 

転職に年齢制限はないものの、年齢が上がれば経験を積んだものと見なされて、求められるハードルは高くなります。

長い目でキャリアを見据え、ライフイベントも踏まえてどうしていきたいのか、振り返る時間を意識的に設けてください。そうすれば、転職のタイミングを逃すこともなくなりますよ。

 

 

あなたの適正年収はいくら?

もし今後年収をあげていきたいと感じているなら、まずはご自身が今どれくらいの市場価値があるのかを知る必要があります。

市場価値を知るには転職エージェントに登録するのが1番の手段です。転職エージェントは登録した人に適切と思われる案件を送ってくれるので、自分の市場価値を送られてくる案件から判断することが出来ます。

登録自体は無料です。

 

ただ、転職エージェントにも相性があります。転職エージェントの傾向や、担当者の力量によって転職が左右されるともいわれています。自分に合ったエージェントに出会うためにも、傾向をみながら複数の転職エージェントに登録するのがおすすめです。

 

各転職エージェントの特徴ごとにおすすめをご紹介します。

 

すべての人がまず登録すべき転職エージェント

すべての人がまず登録して間違いないのが「大手総合転職エージェント」です。求人の量・質ともに充実しているのが以下の大手転職エージェントです。

 

リクルートエージェント

非公開求人10万件以上、日本最大級の転職エージェントです。

 

doda

求人数10万件以上(日本最大級)です。doda限定の求人もあります。

 

マイナビエージェント

非公開求人10万件以上、日本最大級の転職エージェントです。

 

パソナキャリア

大手転職エージェントの一角で、丁寧なサポート体制です。

大手転職エージェントは求人の量・質が多い反面、登録している転職希望者が多いので競争が激しくなるという一面もあります。

最低でも3~4社登録しておくと安心です。

 

今までの職務経歴に自信のない方におすすめの転職エージェント

大手では扱っていない案件も多く扱っている転職エージェントをご紹介します。登録者数が大手よりも少ないので、穴場的な求人に出会えることもあります。また、内定・入社後にもアフターフォローがあるなどキャリアアドバイザーの対応もきめ細かいという特徴もあります。

大手と一緒に登録することで効果を発揮する転職エージェントです。

 

type転職エージェント

非公開案件約80%です。転職した人の約71%が年収アップに成功しているエージェントですが、首都圏在住の方限定です。

 

ワークポート

転職決定人数部門で4回連続1位を獲得したことがあり、IT系や未経験からのキャリアチェンジに強みがあります。

 

今までの職務経歴に自信がある人におすすめの転職エージェント

大手転職エージェントでも扱わないようなハイキャリア向けの案件を多く持った転職エージェントもあります。今後海外も視野に入れたキャリアアップを目指す方には積極的におすすめしたい転職エージェントです。

 

JACリクルートメント

業界3位。外資系企業や海外への転職に強く、アジア最大級のネットワークを持ちます。

 

BraveAnswer編集部では、キャリアに関するご相談を受け付けております。

  • 今後のキャリアが不安
  • 自分を変えたいが、何から始めたらいいかわからない

といった、具体的なアクションが明確でない人でも大歓迎です。

こちらより、お気軽にお問い合わせください。

 

BraveAnswer編集部が考える転職については「転職とは何か。」にまとめてあります。転職をする前に、そもそも転職とはなにか、考えてみてください。

 

BraveAnswerでは、皆様の転職エージェントの評価や感想を集めております。こちらのフォームに従って、感想を教えていただければ幸いです。ご協力のほど、よろしくお願い致します。

 

あわせて読みたい

カテゴリー