20代の転職

【20代の転職ガイド】年齢によってニーズが変わる?年代別転職ガイド

この記事は特集記事です。年代別の転職についてまとめています。20代の転職は大きく3年目までとそれ以降にわけられます。3年目までは一般的に第二新卒と呼ばれ、即戦力としては期待されていません。ただそれ以降は実力次第です。この記事では20代の転職についてまとめました。

年齢によってニーズが変わる

20代の転職は、

  • 第二新卒など入社3年目ぐらいまで
  • それ以降

では企業側が求める人材像が異なります。

前者は新卒とほぼ変わらず、企業側も即戦力というよりは

  • 取りこぼしたいい人材を確保しておきたい

という目的があります。

後者は即戦力として期待していて、

  • 実績とスキルを身につけているか

が問われています。

 

両者に共通して問われているのは、コミュニケーション力や学ぶ姿勢などスキルとは別のやる気や人間性です。

 

第二新卒、入社3年目までの転職

社会人経験がまだ浅いので企業側も即戦力としてみていません

 

今後成長していくだろう原石を探す意味合いで、新卒採用で取りこぼしたいい人材を確保するという企業側の目的があります。

 

職務経験が短期間ではありますが、

  • 何を学んだのか
  • 今後どう活かしていきたいか

は伝えなければいけません。

 

転職する理由も大切

また短期間で転職する理由も大切です。

 

嫌なことがあったから辞めますというのでは、せっかく採用したにも関わらずまた嫌になったから辞めてしまうのでは?と思われるのが当然です。

 

ですから自分でどのようなキャリアプランを立てているのかが重要です。

 

自分が描くキャリア計画を伝え、そのためにどんなスキルを身に付けなければいけないか。

そのスキルを学ぶには御社でこのような仕事をすることが近道と考えました、という論理的な志望理由が求められます。

 

入社4年目から20代後半までの転職

企業側は即戦力として期待している世代です。

 

今後会社の中核になる人が求められています。

 

これまで

  • どのような経験を積んだか
  • 実績や成果をあげてきたのか

アピールする必要があります。

 

また管理職ではありませんが新人教育を任されたりなど、部署をまとめた経験があれば評価は高くなります。

専門性が高い業務経験を積んできたのであれば、そのスキルをさらに活かしてもらいたいと考えています。

 

未経験に転職するギリギリのライン

一方で全く畑違いの業界に転職する場合、転職するタイミングは20代後半までがギリギリのラインです。

 

例えば

  • 商社で非鉄金属の営業→広告代理店の営業
  • 保険会社の人事→自動車製造メーカーの人事

といった、職種は同じだけど業界が違うというケースです。

 

この世代までは単に実績があればいいだけですが、30代に入ると管理職経験や受賞歴、また大型案件の新規受注といったよほどのアピールポイントやウリがなければ異業種への転職は難しいです。

 

20代の転職の共通項

このように同じ20代でも企業側が転職者に求めているものは異なります。

ただ仕事を進めていく上で最低限必要な資質はどちらの世代でも問われます。

 

それは

  • 社内でのコミュケーション能力
  • 仕事への向上心

です。

 

特に第二新卒世代は仕事を短期間で転職しようと考えいるので、社内の同僚や上司とコミュニケーションを取れない人なのではないかと始めから疑心暗鬼で見られています。

 

仕事を進めていく上で自分の意見を言うことは大切です。

 

ただ1度相手が話すことを認めてから自分の意見を言ったり、言い訳をしないといった会話のキャッチボール、お互い気持ちよく仕事を進めるやりとりがどの仕事においても求められます。

 

コミュニケーション能力とは相手の気持ちを考えることです。

相手が何を求めているか表情をよく見て相手がいま何を感じているかを想像しながら人の話を聞きましょう。

 

キャリアプランに基づいた転職

自分のキャリアプランからではなく、嫌だから転職したいというその場しのぎの理由で辞めてくるのでは、企業としても同じことをまた繰り返されるのではないかと疑わざるを得ません。

 

自分のキャリア計画を立て、そのプランに沿って必要なスキルを身につけるための転職だという必然性が求められます。

 

【転職理由の例】

将来人材分野で起業すること考えていてそのために営業力を身に付けたいと考えていましたが、配属先が人事で労務管理をしていました。

もちろん人事部も企業のコントロールタワーとして重要な部署であることは認識しています。

ただ私のキャリア計画から考えると営業スキルを身につけることが第一優先であり、人事部に少なくとも3年はいる可能性があったので、早い方がいいと考え転職することを決意しました。

 

このように自分のキャリア計画から転職する理由を明確にしなければいけません

向上心に期待しているのです。

正々堂々と自分のキャリア計画を伝えましょう。

 

本当に転職は必要?

現職が嫌だから転職するというのでは、転職してもまた嫌なことがあれば転職してしまうのではないかと企業が考えるのは当然のことです。

 

自分がなぜ転職しようとしているのか、転職活動を始める前にもう1度考えてみてください。

 

入社3年目までに転職する人の数はおよそ3人に1人と言われています。

それだけ第二新卒市場が活発ともいえますが、納得の就職活動ができなかった人がそれだけいるという見方もできます。

 

もちろんそれがキャリアプランに基づいた転職であれば問題はありません。

転職をする際は、それが本当に自分にとって必要なこのなのか考えてみてください。

 

あなたの適正年収はいくら?

もし今後年収をあげていきたいと感じているなら、まずはご自身が今どれくらいの市場価値があるのかを知る必要があります。

市場価値を知るには転職エージェントに登録するのが1番の手段です。転職エージェントは登録した人に適切と思われる案件を送ってくれるので、自分の市場価値を送られてくる案件から判断することが出来ます。

登録自体は無料です。

ただ、転職エージェントにも相性があります。転職エージェントの傾向や、担当者の力量によって転職が左右されるともいわれています。自分に合ったエージェントに出会うためにも、傾向をみながら複数の転職エージェントに登録するのがおすすめです。

 

各転職エージェントの特徴ごとにおすすめをご紹介します。

 

すべての人がまず登録すべき転職エージェント

すべての人がまず登録して間違いないのが「大手総合転職エージェント」です。求人の量・質ともに充実しているのが以下の大手転職エージェントです。

リクルートエージェント

非公開求人10万件以上、日本最大級の転職エージェントです。

 

doda

求人数10万件以上(日本最大級)です。doda限定の求人もあります。

 

マイナビエージェント

非公開求人10万件以上、日本最大級の転職エージェントです。

 

パソナキャリア

大手転職エージェントの一角で、丁寧なサポート体制です。

大手転職エージェントは求人の量・質が多い反面、登録している転職希望者が多いので競争が激しくなるという一面もあります。

最低でも3~4社登録しておくと安心です。

 

今までの職務経歴に自信のない方におすすめの転職エージェント

大手では扱っていない案件も多く扱っている転職エージェントをご紹介します。登録者数が大手よりも少ないので、穴場的な求人に出会えることもあります。また、内定・入社後にもアフターフォローがあるなどキャリアアドバイザーの対応もきめ細かいという特徴もあります。

大手と一緒に登録することで効果を発揮する転職エージェントです。

 

type転職エージェント

非公開案件約80%です。転職した人の約71%が年収アップに成功しているエージェントですが、首都圏在住の方限定です。

 

ワークポート

転職決定人数部門で4回連続1位を獲得したことがあり、IT系や未経験からのキャリアチェンジに強みがあります。

 

今までの職務経歴に自信がある人におすすめの転職エージェント

大手転職エージェントでも扱わないようなハイキャリア向けの案件を多く持った転職エージェントもあります。今後海外も視野に入れたキャリアアップを目指す方には積極的におすすめしたい転職エージェントです。

 

JACリクルートメント

業界3位。外資系企業や海外への転職に強く、アジア最大級のネットワークを持ちます。

 

BraveAnswer編集部では、キャリアに関するご相談を受け付けております。

  • 今後のキャリアが不安
  • 自分を変えたいが、何から始めたらいいかわからない

といった、具体的なアクションが明確でない人でも大歓迎です。

こちらより、お気軽にお問い合わせください。

 

BraveAnswer編集部が考える転職については「転職とは何か。」にまとめてあります。転職をする前に、そもそも転職とはなにか、考えてみてください。

 

BraveAnswerでは、皆様の転職エージェントの評価や感想を集めております。こちらのフォームに従って、感想を教えていただければ幸いです。ご協力のほど、よろしくお願い致します。

 

あわせて読みたい

カテゴリー