政治・経済

フィンテックとは?注目のベンチャーは?ビジネスの幅も拡がる?

フィンテックとは、ファイナンスとテクノロジーを合わせた造語です。金融機関でしか行えなかった業務をITなどのテクノロジーを使って行います。金融機関が独占していた業務をベンチャーなど他のテクノロジーを持った企業が行えるようになりました。これから新しい事業を立ち上げようとしている人は、フィンテックを知ることでその事業に役立つかもしれません。この記事では、フィンテックや注目のベンチャー企業、ビジネスとの関係についてまとめました。

フィンテックとは?

shutterstock_379950592

最近ニュースで「フィンテック」という言葉をよく耳にするようになりました。聞いたことはあるけど、意味はよくわからないという人も多いのではないでしょうか。

フィンテック(Fintech)とは、金融を意味する「ファイナンス(Finance)」と、技術を意味する「テクノロジー(Technology)」を合わせた造語です。

これまで金融機関でしか行えなかった業務をITなどのテクノロジーを使って行うことで、ベンチャー企業などが金融業務に参入できるようになりました。

日本では、金融ITや金融テクノロジーと訳されることもあります。フィンテックという言葉自体はテクノロジーそのものだったり、その分野の企業を指す場合があります。

フィンテックの歴史自体は浅いです。アメリカにおいて、2008年のリーマンショック以降、金融機関への不信から投資家などがITベンチャーへの投資を積極的に行い、広がったと言われています。

フィンテックの事例

スマートフォンでのカード決済

従来は大きな機械を導入しなければできなかったカード決済を、スマートフォンに小さなカード読み取り機器を取り付け、携帯の通信で決済できるようになりました。

自動で作れる家計簿

手書きで家計簿をつけなくても、サイトに登録するだけでひとまとめに自動的に家計簿をつけてくれるサービスです。会社の経費管理も可能です。

資産運用

従来は証券会社や金融機関が銘柄の動向をチェックし、取引をしていました。人工知能に値動きのチェックをしてもらうことで管理できる銘柄が増え、その中から顧客のニーズに応えて投資するサービスです。

あらゆる分野にフィンテックは広がっています。現在アメリカにおいては、すでに金融業務の大半をフィンテックが行えるようになっています。

フィンテックの波は日本にも押し寄せています。

 

日本にも広がるフィンテック

shutterstock_336584363

2014年に日経新聞で初めてフィンテックという言葉が使われてから、日本においても急速にフィンテックは広がっています。

例えば、携帯電話でコンビニなどで決済できるおサイフケータイや、銀行の振り込みなどをネットでできるネットバンキングを利用したことがある方も多いと思いますが、これらもフィンテックの走りといえます。

日本においても、すでにフィンテックのサービスは一般化しており、今後さらに広がるとみられています。

 

注目のフィンテックベンチャーは?

shutterstock_360522164

フィンテックベンチャーには様々な分野があります。それぞれに特徴があるので4つに分けてご紹介します。

フィンテックベンチャーの4つの特徴

  1. 中小企業向け支援サービス関連
  2. セキュリティ関連
  3. クリプトカレンシー関連
  4. 投資ツール関連

1.中小企業向け支援サービス関連

中小企業では、経理業務にフィンテックを使うことに注目が集まっています。クラウド家計簿は、銀行、クレジットカード、電子マネー、ポイントなどを登録することで、一元管理できるシステムです。

クラウド家計簿を取り入れることで、小さな会社であれば経理を雇わずに、月に数時間で全てのお金の出入りを管理できるようになります。

代表的なベンチャー:

  • マネーツリー株式会社
  • 株式会社BearTail
  • freee株式会社
  • メリービズ株式会社

2.セキュリティー関連

生体認証や、スーパー乱数表など、テクノロジーはセキュリティー関連も強化してくれます。

代表的なベンチャー:

  • 株式会社Liquid
  • バンクガード株式会社

3.クリプトカレンシー関連

クリプトカレンシーは仮想または暗号通貨と呼ばれることもあります。Bitcoinなどの仮想通貨を扱うベンチャーも出てきています。

代表的なベンチャー:

  • レジュプレス株式会社

4.投資ツール関連

人工知能を使って投資をサポートするサービスを行います。

代表的なベンチャー:

  • Finatext Ltd.
  • 株式会社デザインルール
  • 株式会社お金のデザイン
  • 株式会社ZUU

 

フィンテックでビジネスの幅が広がる

shutterstock_157773920

フィンテックは、投資対象になりにくかった分野にも、お金が回るチャンスを増やしています。

融資希望者と投資家をマッチングすることも、IT技術を使えば容易にできるようになります。また、ネットで資金を募るクラウドファンディングなどもフィンテックの代表と言えるでしょう。

これまで、1つの銀行の1つ支店の価値観の中では見つけられなかった分野に可能性を見出す投資家(クラウドファンディングであれば個人も)とフィンテックを使うことで出会える可能性が広がるのです。

 

可能性を広げる

shutterstock_481976119

大きな金融機関が担ってきた金融システムが、中小企業や、ベンチャーにも解放される時代が到来しています。また、ベンチャーに限らず大手企業もフィンテックに参入しはじめています。

フィンテックは、これから事業を始めたいと考えている人に大きな力となるといえます。既存のビジネスの再編の意味合いもある分野ですので、まだまだビジネスチャンスがあるともいえます。

一方で、第3者に情報を預けるということでもありますので、強固なセキュリティー対策が求められるという課題もある分野です。

いずれにしても、フィンテックは既存の枠組みを壊し、金融のハードルを下げてくれる画期的な動きです。フィンテックの動向に注目です。

あわせて読みたい