時間とお金の主導権を握る?元保険屋が見た40代起業家の人生

この記事は寄稿記事です。保険の営業職に努めていた経験を持つAさんが見た、40代で企業家の人生を紹介します。起業家たちは失敗や辛い経験もしています。起業家は時間やお金の主導権を握り、自由を謳歌しています。起業家になり自由を獲得するには何が大切なのでしょうか。

これまでにない価値を提供する起業家たち

shutterstock_420835576

40代の起業家といえば有名なのはホリエモンこと堀江貴文さんやサイバーエージェントの藤田晋さんです。これまでにない価値を世の中に提供しようと起業した、この世代の趣向を体現する象徴的な人たちです。

この世代は狭間な世代です。例えば学生時代に「部活で水を飲んではいけない」「先輩の言うことは絶対」と言われてきました。会社でも「上司より先に帰ってはいけない」「お茶は新人が入れなければいけない」となぜそうするのか理由がないことを教えられます。

こうした普通に考えると非常識で前近代的な教えに一定の理解を示しています。一方で「そんな常識おかしいよね」「変えた方がいいよね」と物事の本質を考え、昔のやり方を変えようとする柔軟性も持ち合わせた世代です。

 

起業家は失敗も経験する

shutterstock_168836219

40代で会社を経営している人、親の会社を継いだのではなく自分で起業した人は、そこに至るまでに何度か失敗しています

20代後半から30代前半で仲間と一緒に会社を立ち上げます。しかし多くの場合、仲のいい友人と会社を興すとその友人と経営方針の違いなどで揉めます。会社は存続するけれども、ずっと一緒に会社を切り盛りしてきた友人と離れてしまいます。最悪の場合は会社を一度廃業にしてしまいます。こうした辛い経験を経て今があります。

役員として知人の会社にジョインする場合も、根っからの経営者気質の持ち主なので経営方針でぶつかります。また論理的に正しくなければ従うということはありえません。

人に言われてやるより、自分で何でもやらないと気が済まないタイプの人が多いです。そうした体験が起業へと向かわせます。

 

自由を謳歌する起業家たち

shutterstock_265819358

これまである程度の経験を積み、会社を作り、存続してきているので、40代では会社の柱となる事業を中心に経営をしています。そのため社長の頭の中は「これからさらに業務を拡大して売上高を伸ばすには何をしようか」と、新規事業について考えを巡らせています。

人員を増やさずに今の売り上げを増やそうと思えば、事業内容そのものを変えなければいけません。また従業員を増やせばその分人件費も増えるため、それを補って余りある売り上げが見込めるかが問われます。

今の事業を継続するのもいいのかもしれませんが、時代の変化とともにそのニーズが無くなってしまうことも想定できます。次の一手を打ちたいところです。

ただ私生活では、サラリーマンにはないお金と時間の自由があります。もちろん事業がうまくいっていることが前提です。会社を経営していると、スケジュールを自由に決めることができます。特に1人で会社を興すと、誰に遠慮することなく1週間のうち仕事をする時間や休む時間を決められるのです。

休日は高いからと平日ゴルフに行くこともできます。また家族と旅行することを優先したければ半年前から飛行機と宿泊先の予約を入れてしまいます。その方が値段が安いからです。

確定申告をしているので、ある程度お金の融通もきかせることができます。私が見てきた中で1番自由を謳歌しているのが起業家の人たちだと思います。会社が回ってさえいれば何をやっても問題ないのです。

 

時間とお金の主導権を握る

shutterstock_413520919

ただ若い時期は自由を得るための修行期間だと思います。何もないところから事業を起こした人はいないわけで、これまでの経験、実績がもとになっています。

寝る間もないくらいがむしゃらに働きます。「もう限界だ」というところからもう1歩訪問し、もう1本電話をかけるといった自分の限界を伸ばす経験をしてきています。

自分の限界を伸ばす経験は、自分の将来像をしっかり描いていたからこそできるのです。そのために自分に必要なスキルは何か、足りないものは何かを考えます。

必要なスキルを習得する過程で「何が得意で何が不得意か」といった自分の特性も見極めてきています。そして自分の将来像や自分の特性をベースにして、自分のやりたい事業を考えてきています。

また自分の人生についても「何を1番重視するか」に明確に答えを持っています。アルバイトであれサラリーマンであれ、雇われる側にいるということは時間を売っているようなものです。時間の主導権は雇う側にあるのです。雇われる人の中には長時間働いたり、健康診断すら受けられないぐらい忙しいという人もいます。

ただ時間の主導権を握っている起業家はそんなことはありません。人一倍健康に気を使い、積極的に体を動かしている人が多いです。なぜかというと経営者だからです。倒れてしまうと会社が存続できなくなるからです。時間とお金の主導権を握り人生を楽む。それが起業家の人生です。

 

人生を楽しむことが仕事にもプラス

shutterstock_345957581

40代の起業家たちは若いうちに失敗や辛い経験をしています。また自分の限界を伸ばすためにがむしゃらに働く時期もあります。

こうした苦しい経験を乗り越えて、起業家として自由を獲得しています。自分が1番重視するものを明確にしているので、苦しい時期も目標がブレることなく耐えることができます。

起業家は身体が資本なだけに、心身ともに健康でなければなりません。そのため家族と過ごす時間や趣味に費やす時間、健康的な生活などを確保しています。

人生を楽しむことが仕事にもプラスになっているといえます。企業し事業がうまくいくと、お金以上のものが手に入るのです。

あわせて読みたい

カテゴリー