貸借対照表(BS)とは?トヨタ自動車を例にBSを読み解く!

貸借対照表は、資産、負債、資本の状態を表す会社の経営診断書です。左側に資産、右側に総資本という形で表されます。事業資金をどのように集め、どのような形で保有しているかが書かれています。就職や転職をするときに、会社の案内に書かれている耳障りのいい言葉だけで判断していませんか。実は企業には貸借対照表という企業の経営状態を表す書類があります。これを見れば、数字でその会社がどのような会社であるかということがわかり、判断基準が1つ増やせることになります。この記事では貸借対照表について、見方などをまとめました。

貸借対照表とは?損益計算書とどう違う?

%e8%b2%b8%e5%80%9f%e5%af%be%e7%85%a7%e8%a1%a81

貸借対照表とは企業における財務諸表のひとつです。

バランスシート(BS)とも呼ばれています。

 

企業のある一定時点の資産、負債、資本の状態を表すために、損益計算書と同時に作られ、その企業の株主や債権者、その他利害関係者に経営状態などの情報を開示します。

 

賃貸対照表をみることで

  • 「会社の事業資金をどのように調達したのかやどのような形で資金を運用しているのか」

が分かります。

 

大まかな会社の経営状況を判断することができることから、「会社の経営診断書」とも呼ばれます。

 

貸借対照表は右側(借方)と左側(貸方)に分かれて記載されています。

  • 右(借方):総資本=事業資金を集める方法
  • 左(貸方):資産=保有する形

 

損益計算書との違いは?

貸借対照表と同時に出される損益計算書とは、企業の一定期間の収益と費用の状態を表したものです。

貸借対照表が1企業全体の資産などの経営状況を表すものであるならば、損益計算書は企業のある期間の利益や損失を表す経営成績を表すものです。

 

損益計算書はあくまで営業成績です。

資産の保有の仕方を記してある貸借対照表では、短期的な数値を示す損益計算書では見えない、長期的な経営の意図を読み取ることができます。

 

貸借対照表①左側(借方):資産の部の見方

shutterstock_339364181

まずは左側(借方)の資産の部の見方から見ていきましょう。

資産とは

  • その会社が集めたお金をどのような状態で持っているか

を表します。

 

資産は流動資産と固定資産の2つに分けることができます。

2つの資産

  1. 流動資産
  2. 固定資産

 

1.流動資産

流動資産とは1年以内に現金化できる流動性のある資産のことです。

  • 株券
  • 債券などの有価証券
  • 代金回収前の売掛金
  • 預金、現金

 

2.固定資産

固定資産とは長期にわたり保有する資産のことです。

  • 持分法投資
  • 建物
  • 機械
  • 土地

など設備投資などを積極的にすると増えてくる資産を指します。

物体であることが多く、長期間保有する過程で劣化し、追加費用などが発生する可能性が高いという性質があります。

 

貸借対照表②右側(貸方):総資本(負債の部の見方)

shutterstock_432826024

それでは表の右側(借方)の、「会社がどのように事業資金を集めたか」を表す総資本の部分を見ていきましょう。

総資本とは、負債と資本を合わせたものです。

 

まずは負債の部です。

負債は流動負債と固定負債の2つに分けられます。

2つの負債

  1. 流動負債
  2. 固定負債

 

1.流動負債

流動負債とは、1年以内に支払わなければいけない借金です。

  • 代金払い込み前の買掛金
  • 短期に返済する借金

 

2.固定負債

固定負債とは、支払期限が1年以後の借金です。

  • 資金調達のために発行した社債
  • 長期にわたる借金

 

貸借対照表③右側(貸方):総資本(資本の部の見方)

shutterstock_384226600

次に総資本の資本の部です。

 

資本とは

  • 投資家から集めたお金とこれまでの会社の利益の総計

のことです。

 

資本は負債とは違って返さなくてもいいお金です。

  • 資本金
  • 利益準備金
  • 利益余剰金

などを指します。

 

以上のように、負債と資本を合わせて会社に必要なお金をまかなう総資本になります。

 

つまり、総資本の中の返さなくていいお金(=資本)の割合が高い方が会社の健康状態がいいと言えます。

これを自己資本比率(資本÷総資本)と言います。

 

実際にトヨタ自動車を例にとってみると?

トヨタの2017年3月末現在の状況としては、世界でEV(電気自動車)などの新技術が台頭する中で次の一手を模索している状態といえます。

トヨタ自体「意志ある踊り場」という言葉で表現しています。

 

トヨタは、現在もプリウスなどのハイブリッド技術で世界を牽引しています。

しかし、次世代の技術として世界中で期待されているのはテスラモーターズに代表されるEV技術です。

実際にトヨタ自動車もテスラモーターズと資本提携をしていました。

 

しかし、トヨタは2016年末でテスラモーターズとの提携関係を解消しました。

トヨタ自動車がテスラモーターズなどの新技術に対抗していくという意思表示とも取れる動きです。

 

そんなトヨタの状態も貸借対照表から見てとることができます。

 

では、実際に2017年3月期のトヨタ自動車の決算を例に貸借対照表を見ていきましょう。

資産の部

科目 2016年3月期 2017年3月期
資産の部
 流動資産
  現金及び現金同等物 2兆9394億円 2兆9950億円
  定期預金 1兆320億円 1兆826億円
  有価証券  1兆5113億円 1兆8215億円
  受取手形及び売掛金

 

2兆1億円 2兆1159億円
  金融債権<純額> 5兆9126億円 6兆1966億円
  未収入金  4514億円 4368億円
  たな卸資産  2兆615億円 2兆3886億円
  繰延税金資産 9676億円
  前払費用及びその他 1兆3333億円 7962億円
  流動資産合計 18兆2095億円 17兆8336億円
 長期金融債権<純額> 8兆6429億円 9兆122億円
 投資及びその他の資産
  有価証券及びその他の 投資有価証券 7兆4397億円 7兆6799億円
  関連会社に対する投資 及びその他の資産 2兆6316億円 2兆8456億円
  従業員に対する 長期貸付金 329億円 251億円
  その他 7302億円 1兆1564億円
  投資及びその他の資産合計 10兆8346億円 11兆7071億円
 有形固定資産
  土地 1兆3529億円 1兆3799億円
  建物  4兆3118億円 4兆4709億円
  機械装置 10兆9452億円 11兆3573億円
  賃貸用車両及び器具 5兆6526億円 5兆9665億円
  建設仮勘定 5139億円 4741億円
  小計 22兆7766億円 23兆6490億円
  減価償却累計額<控除> △13兆362億円 △13兆4519億円
  有形固定資産合計 9兆7404億円 10兆1971億円
 資産合計  47兆4275億円 48兆7501億円

(※1億円以下は端数として切り捨てています。)

 

眠っているお金を作らない

まずは、

  • 現金及び現金同等物
  • 資産合計

の項目を見てみましょう。

 

注目したいのは、前期と比べて資産合計は1兆円以上増えているのに対して現金はほぼ横ばいということです。

 

会計の常識として、会社の保有している

  • 現金額を適正水準で維持する

という考えがあります。

必要な現金以外は、投資などの動く資産にしなければ眠ったお金になってしまうからです。

 

トヨタも現金はほぼ横ばいのままにしています。

つまり、現金ではない形で資産を増やしているのです。

 

では、どの資産を増しやしているのでしょうか。

実は、これを考えるのが企業のCFO(Chief Financial Officer)の仕事なのです。

 

お金をどこにまわすかでその企業の意図が分かる

2017年3月期を見るかぎり、

  • 有形固定資産の機械装置

への投資の増加が目立っています。

 

工場内の機械などを新たに整備したことが考えられます。

今後の一手を期待される中で、「意志ある踊り場」で足元を整えている印象です。

 

そんな中、2017年3月期の決算には反映されていませんが、2017年8月にトヨタとマツダとの技術提携の発表がありました。

こういった大きな動きも次期の決算に数字として現れてくるはずなので注目してみてください。

 

ROAを考える

ROA(Return On Asset)とは、総資産に対してどのくらいの利益があるかという指標です。

どれくらい効率よく利益を上げているのかというものです。

 

利益÷総資産[(前期総資産+当期総資産)÷2]=ROA

 

ちなみにトヨタの2017年3月期のROAは 3.8% です。

 

しかし、前期に投資した分がそのまま今期に数字として利益に現れるとは限りません。

10年前から投資してきたものが今季に結果を出している可能性もあります。

 

ROAは前期と当期の総資産から求めるので、過去の投資が反映されないということを考慮に入れつつ、企業の収益の効率性とその背景を知れば、

  • さらになぜその収益になっているのか
  • その企業の経営スタイル

が見えてきます。

 

また、同じように見ていくと自分自身で気になる数字が出てくると思います。

自分で気になる数字を読み解く力がつけば、より企業を深く知ることができます。

 

負債の部

科目 2016年3月期 2017年3月期
負債の部
 流動負債
  借入債務 8兆5210億円 9兆2441億円
  その他  7兆6033億円 8兆748億円
  流動負債合計 16兆1244億円 17兆3189億円
 固定負債
  長期借入債務 9兆7720億円 9兆9115億円
  その他 3兆4428億円 2兆8506億円
  固定負債合計  13兆2149億円 12兆7622億円
 負債合計 29兆3394億円 30兆812億円

(※1億円以下は端数として切り捨てています。)

 

純資産の部

科目 2016年3月期 2017年3月期
純資産の部
 資本
  株主資本
   資本金 8768億円 8829億円
   資本剰余金 5481億円 4840億円
   利益剰余金  16兆7942億円 17兆6010億円
   その他の包括利益・ 損失(△)累計額  6107億円 6409億円
   自己株式 △1兆6032億円 △1兆6082億円
   株主資本合計  16兆7469億円 17兆5148億円
  非支配持分  8614億円 6682億円
  資本合計  17兆6084億円 18兆1830億円
 純資産合計  18兆881億円 18兆6689億円
契約債務及び偶発債務
負債純資産合計  47兆4275億円 48兆7501億円

(※1億円以下は端数として切り捨てています。)

 

健全な会社経営のために

shutterstock_409749076

貸借対照表を見ることで、企業の経営状態が理解できることがわかったと思います。

 

資産の状態はどうか。

負債の状態はどうか。

自己資本比率はどうか。

 

貸借対照表をつぶさに見ることは、株主や債権者や利害関係者に限らず、これから会社がどの方向に向かうべきかを考える上でも大いに参考になる資料です。

 

また、これから就職や転職を考えている人は貸借対照表を確認することをオススメします。

上場企業であれば貸借対照表は公開されていますので、貸借対照表を自分で研究し、企業を自分の頭で理解する一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。

 


カテゴリー