銀行

三菱東京UFJ銀行の売上や利益は?採用実績や平均年収は?

三菱東京UFJ銀行は日本トップの都市銀行で、売上は3兆円に迫る勢いです。3種類の職種で新卒採用をしており、平均年収は約799万円です。三菱東京UFJ銀行は東洋経済オンラインの「学生が就職したい企業ランキング」で3年連続1位に選ばれています。この記事では、三菱東京UFJ銀行の主な事業内容や売上、利益、平均年収など、企業研究に役立つ情報をまとめました。

三菱東京UFJ銀行ってどんな会社?事業内容は?

三菱東京UFJ銀行

三菱東京UFJ銀行は三菱東京UFJフィナンシャル・グループの子会社であり、日本トップの都市銀行です。

2006年1月1日に東京三菱銀行(BTM)とUFJ銀行が合併して誕生しました。

2016年3月末現在の行員数は3万4865人です。

2015年9月時点の支店数は国内に759店舗、海外に111拠点あります。

銀行事業

主な事業内容は銀行業務で投資信託のサービスです。

「『Quality for You』 確かなクオリティを、明日へ、未来へ」というキャッチコピーを掲げ、中小・中堅企業の経営課題の解決のために資本戦略提案やビジネスマッチングなどを行っています。

イメージキャラクターにはドナルドダックやシンデレラ、ピノキオなどのディズニーキャラクターを採用していてます。

そのため三菱東京UFJ銀行の普通預金は「ディズニー預金」とも呼ばれています。

 

三菱東京UFJ銀行の売上と利益は?

三菱東京UFJ銀行

三菱東京UFJフィナンシャル・グループの有価証券報告書(2016年3月末時点)によると、2016年3月末時点のグループでの純利益は1兆5394億8600円でした。

前年度に比べ約1735億1500万円(約10.2%)減少しています。

銀行単体での経常利益は約8637億3600万円で、グループ連結の利益の約56%を占めています。

2014年には経常利益は1兆円を超えたものの、日銀の金融緩和策の影響により長期金利が低迷したことで2014年以降減少傾向にあります。

 

他行に比べた三菱東京UFJ銀行の強みは?

三菱東京UFJ銀行

東京三菱UFJ銀行の強みは「強固な顧客基盤と財務基盤を持つ」ことです。

顧客基盤

東京三菱UFJフィナンシャル・グループのホームページによると、国内の口座保有数は約4000万口座です。

日本国民の3人に1人が口座を保有している計算になります。

預金貸出残高も国内の邦銀でトップです。

財務基盤

圧倒的な顧客基盤の強さは財務基盤も強くします。

強固な財務基盤をもとに、積極的な戦略投資や海外へ目を向けた戦略を数多く実行しています。

2013年12月にはタイのアユタヤ銀行を約5600億円で買収したことが話題となりました。

 

顧客基盤と財務基盤という2つの強固な基盤により、他行ではできないような積極的大規模戦略をとれることが東京三菱UFJ銀行の大きな特徴です。

 

三菱東京UFJ銀行の採用実績は?採用フローは?

三菱東京UFJ銀行

三菱東京UFJ銀行の公式採用ホームページによると、「総合職」「総合職(特定)」「アソシエイト職」で新卒募集をしています。

  • 総合職と総合職(特定)
  • 総合職(特定)とアソシエイト職

上記した組み合わせでのみ、併願も可能です。

 

応募資格は4年制大学の他にも短大や専門大学卒の学生にもあり、幅広い層から募集をしています。15年卒の採用人数は1550名で、他のメガバンクと同程度です。

 

総合職の採用までのフローは以下の通りです。

  1. ES・WEB適性検査
  2. 個人面接
  3. 最終面接

面接回数は個人差があります。最低5回、多くて10回近く受ける人もいます。

17卒向け新卒採用でのエントリーシートの質問事項は以下の通りです。

  1. 学生生活の中で力を入れて取り組んだ内容を20字以内で記載してください。
  2. 上記の内容について行動事実を具体的に詳しく400字以内で記載してください。(あなたが、いつ、どこで、何を、どうしたのか。その結果、何が変わったのか等)
  3. 金融業界、なかでも銀行を志望した理由を200字以内で記載してください。

面接では、リーダーシップを取った経験や他銀行ではない理由、挫折した経験、小学校時代の様子などが多く質問されています。

また、選考が進むにつれて1度は圧迫面接を経験することになりますが、落ち着いて質問に答えるようにしてください。

 

三菱東京UFJ銀行の求める人物像は?

三菱東京UFJ銀行

三菱東京UFJ銀行は日本トップのメガバンクでありながら、海外に対しての業務も幅広く行っています。

求める人物像は、

  • 「トップとしてのプライドを持ち、堅実に努力する人材」
  • 「リーダーシップを発揮し、今後の会社の発展に貢献する人材」

であるといえます。

 

三菱東京UFJ銀行は業績拡大のために従業員に厳しいノルマを課すことで有名です。

会社の発展のために堅実に働く社員を求めているといえます。

加えて海外への進出のための強いリーダーシップも求められます。

 

初任給や勤務時間は?時給に換算すると?

三菱東京UFJ銀行

リクナビ2017によると、2014年度4月の初任給は総合職の大卒で20万5000円、修士了で23万円です。

アソシエイト職の初任給はどちらも総合職よりも1万円低いです。賞与は年2回です。

 

休暇については「原則、週休2日制、祝日、年末年始等。有給休暇有」と記載されています。

実際は部署によって大きく異なり、残業が多い部署もあります。勤務時間は8:40〜17:10です。

 

週5回出勤とすると、新卒での時給は500~800円となります。メガバンクですが、初任給は高くはありません。

 

三菱東京UFJ銀行の福利厚生は?育休・産休制度が手厚い?

三菱東京UFJ銀行

三菱東京UFJ銀行の福利厚生は手厚く、財形預金、提携ローンに加えて、育休・産休制度を取得しやすい特徴があります。

2015年3月末時点での育休・産休取得者は1350人を超えました。

行員3万5214人のうち約45%が女性なので、およそ10人に1人が育休・産休を取得した計算になります。

 

三菱東京UFJ銀行の平均年収は?30代、40代では?

三菱東京UFJ銀行

東京商工が発表した2014年度の東京三菱UFJ銀行の平均年収は799万円でした。

国内銀行の平均年収が約609万7000円なので、銀行業界の中では高給といえます。

 

銀行は年功序列の給与体系なので、勤め続ければ基本的に給料は上がります。

総合職だと30代初めで年収800万円、40代で1000万円近くになります。

 

ただ行員は50代で関連会社への勤務となる可能性が高く、そこで年収が下がることもあります。

定年まで順調に年収が上がらないこともあるのです。

 

上記の年収はすべて残業代含めての数字です。残業は覚悟しておきましょう。

ただ出勤・退勤を厳しくチェックするので、法外な残業時間はほとんどありません。

 

入社後も勤勉に、堅実に務め上げる

三菱東京UFJ銀行

この記事を読んだ三菱東京UFJ銀行に入社したい方へのアクションアイテムは

「OBOG訪問で生の声を聞く」

「自らの成長のため、入社後の猛勉強を覚悟する」です。

三菱東京UFJ銀行は国際業務に力を入れています。これから拡大も見込まれるので、グローバルな仕事に特に魅力を感じる人には三菱東京UFJ銀行はオススメです。

 

銀行サービスは対人で行うので、会社ごとに独特の風土があります。

セミナーやOBOG訪問で行員の声を実際に聞いてみることをオススメします。

三菱東京UFJ銀行は他のメガバンクとともに日本の金融業界のシェアを独占していますが、低金利の日本では市場は大きくありません。

三菱東京UFJ銀行は海外に向けてビジネスを展開していますが、他のメガバンクも同様です。

さらなる人材のレベルアップが求められているので、銀行入社1年目は試験が多く、人事部から金融や資格試験の本がかなりの数届きます。

入社後はFPや証券外務員試験、行内のテスト、研修でのテストと、ほとんど休みがない場合もあります。

それでも三菱東京UFJ銀行に入りたいという、確固たる理由を是非見つけてくださいね。

あわせて読みたい

カテゴリー