用語解説

機会損失とは?意味や使い方は?問題点や予防・対処法は?機会費用との違いは?

機会損失とは、売る側の事情で取引が成立せずに売り上げが減少することです。機会費用とは、最善の方法をとらなかったことで、失われた利益のことです。機会損失による損害賠償の請求は難しいです。徹底した在庫管理など未然に対策を打つことが重要です。売れるはずなのに、自己事情で利益を得られないことはもったいないことです。この記事では、機会損失や機会費用について、問題点や予防法についてまとめました。

機会損失とは?

機会損失とは

いつもご覧いただきましてありがとうございます。BraveAnswer編集部です。

 

機会損失とは、

ある意思決定をしないことで利益を得る機会を失い、それにより生じた損失

のことをいいます。

 

例えば、在庫切れで商品の販売ができない場合、商品を販売しなかったことによって利益を得る機会がなくなります。

本来売れたはずのものを売ることができなくなったために生じたこの損失を機会損失といいます。

 

機会損失とはどういう状態?

機会損失はチャンスロスとも呼ばれ、売る側の事情で取引が成立せずに売り上げが減少することになります。

 

先ほどの例なら、在庫切れというのは売る側の事情です。

この在庫切れによって販売が成立せず、結果として売り上げが下がることになります。

 

もともと売る側に売る意思があり、買い手にも買う意思があれば、需要と供給の関係が成立します。

ここで売る側の在庫切れという事情が原因で売るという意思決定ができなくなると、結果として損失を招くことになります。

 

本来儲けるはずのところを儲け損なったという状態になるのです。

稼ぎ損ない(かせぎぞこない)、儲け損ない(もうけぞこない)とも言われます。

 

機会損失は実際の売買や取引によって生じた損失とは違いますが、利益を得られたはずの機会を失ったことによって、損失が発生します。

 

結果として損失につながることになるため、企業の財務管理としては損失となります。

実際の取引による損失か、機会損失によるものかを分析することで、総合的な損失を把握することができます。

 

機会費用との違いは?

機会損失とは

機会損失と似た概念に、

「機会費用」

というものがあります。

 

機会費用とは、ある行動を選択したことが原因で、他の選択肢を選んでいたら得られたはずの利益のことを指します。

最善の行動をせずに他の行動をしたことによって、失われる利益のことを示しています。

 

機会損失との違いは?

機会損失がある決定をしなかったことによって発生する損失を示すのに対し、機会費用はある決定をしないで他の決定をしたことによって失われた利益のことを示します。

 

「損失」か「失われた利益」かの違いがあります。

 

簡単にいえば、機会損失はあくまで損失になるのでマイナスを示します。

機会費用は利益としてプラスになっていますが、最善の方法を選択した場合よりは利益が減ったことを示します。

 

機会損失は最善の決定をしなかったことによって発生する損失で、機会費用は最善の行動をせずに他の行動をしたことによって、失われる利益のことです。

 

機会損失の問題点とは?

機会損失とは

機会損失は損失として捉えられ、いくつか問題点があります。

 

機会損失の原因は?

機会損失の原因としては

  • 在庫切れ
  • 仕入れ不足
  • 原材料不足による生産中止
  • 自動販売機の故障

などが挙げられます。

いずれも本来売れるはずの機会を損なう原因となりえるもので、結果として損失を招きます。

 

野外コンサートの雨天中止などは機会損失ではありません。気候の問題によって売る機会が失われたことは、売る側の事情ではないため、機会損失には該当しません。

 

機会損失の問題

機会損失が引き起こす問題は損害賠償などの訴訟問題となる可能性もあります。

 

例えば、A社が商品の生産を依頼したにもかかわらず、その商品が納期までに生産されなかったとします。

これが原因でA社で本来行うはずだった取引が行われなくなり、損失が発生すると、機会損失となります。

 

生産されなかったということは生産元の問題ですが、仕入れができなかったことはA社の事情となり、A社の機会損失といえます。

この場合の機会損失は、商品の生産が遅れたためにA社に発生した損失となり、A社が生産元に対して機会損失分の損害賠償ができるかという問題が発生します。

 

一般的にこのような場合での損害賠償の請求は厳しいとされています。

 

機会損失をもとに損害賠償請求をすることは、本来得られたはずの利益を賠償することになります。

この利益の立証をすることは困難となり、主張しても認められない可能性が高いといえます。

 

機会損失を防ぐためには?

機会損失とは

機会損失は売る側の事情が問題となり引き起こされるもので、売る側の事情をいかに改善するかということが重要です。

 

在庫管理部門の場合

在庫切れなどの原因は、在庫管理の徹底によって未然に防ぐことが望ましくなります。

特に機会損失の防止に努めることが重要といえます。

 

生産部門の場合

仕入れ不足や原材料不足による生産の中止も機会損失の原因として挙げられますが、生産が中止となると生産計画や製品計画を見直さなければならなくなります。

  • 無理のない生産計画か
  • 原材料がどのようなものか
  • 入手困難な原材料ではないか
  • 注文ミスがないか

などを検討する必要があります。

 

未然に生産計画を見直すことで機会損失を防ぎ、機会損失が発生した場合は生産計画を全般的に見直すことで対処することになります。

原材料をもとに生産計画について考慮し、機会損失の予防や対処に努めることが目標といえます。

 

機会損失にはいくつか原因があり、それぞれに予防や対処法を検討する必要が生じます。

実質的な損失とは概念が違うとはいえ、企業は機会損失を損失として計上します。

 

機会損失を減らすことを考慮して事業を進めることが重要となります。

 

損して得をとるための機会損失

機会損失とは

機会損失というのは直接的に目に見えて分からない場合が多いです。機会損失を知らなければ、目の前の小さなことにこだわって、大きなチャンスを逃すことがあります

 

例えば、会社の営業として、外回りを終えて電車で帰着すると1000円で2時間かかるとします。

一方で、タクシーを使えば1万円かかるものの1時間で帰着できます。

 

目に見える費用では、1000円で電車に乗るのが安上がりでお得のように感じます。

 

ただ早めに帰着した分、見積もりを作って5000万円の契約が取れた方がいいですよね。

9000円を浮かすために5000万円の契約を棒に振るのは賢明な選択とは言えません。

 

機会損失ということを知らなければ損したことも気づかない場合があります。

機会損失という考え方を知ることで、物事を考える視点を増やすことができます。

是非ものにしてください。

 

「学び」を広げる

ちょっとしたことでも、経験したり、知識を得ることで「学び」を広げることはより人生を自由にしてくれます。

もちろん「学び」を広げることに早い遅いもありません。

何かを経験して興味を持ったこと。壁にぶつかって必要だとわかったこと。そう感じた時点で「学び」はスタートしています。

 

インターネットの普及により「学び」をサポートしてくれる環境は整ってきています。BraveAnswer編集部が調査しただけでも、これだけの学びをサポートしてくれるサービスが存在します。

Udemy 世界最大級のオンライン学習サイト
フォーサイト 本物の教育は、一流の講師から
ゼミネット インターネットによるブロードバンド講義配信
AVIVA パソコン・ITの資格とスキルに強い
たのまな ビジネスから趣味まで楽しく学ぶをコンセプトに

もちろん、「学び」広げ方は資格や教室に通うだけではありません。

自分の人生がより豊かになるために今自分に対して何ができるか。広い意味で自分に投資してみてはいかがでしょうか。

 


カテゴリー