ビジネス

ハウスマネー効果とは?お金が貯まらない理由は?

この記事の結論は「ハウスマネー効果とは、幸運で得たお金は努力で得たお金よりも価値を低く捉える心理効果のこと。ハウスマネー効果は家計にも影響する」です。しっかりと働いているのになかなか貯金が貯まらない人も多いと思います。もしかしたらハウスマネー効果で本来貯蓄にまわせるはずのお金を失っているかもしれません。この記事では、ハウスマネー効果とは何かについてまとめました。

ハウスマネー効果とは?

shutterstock_124036873

ハウスマネー効果とは、幸運によって得たお金は努力して得たお金よりも荒っぽい使い方をするという効果です。

よく挙げられる例として、カジノなどのギャンブルで設けた資金を再びギャンブルに使ってしまうケースがあります。ハイリスクの賭けを繰り返し結局はゼロになってしまうことも少なくありません。

「ハウス」はカジノの意味です。カジノの言葉に 「playing with the house’s money.」 があります。カジノのお金で気楽に遊ぼうという意味です。ハウス・マネー効果の名前はこの言葉に由来しています。

カジノは日本にはありませんが、宝くじが当たったり、忘れていたへそくりが出て来たりしたときに、財布のひもを緩めすぎた経験はありませんか。ハウスマネー効果を理解しておくことで、せっかく手に入れた資金を失わなくて済みます。

企業が思いがけず成功した事業の資金をさらにハイリスクな事業に投資してしまう場合も、ハウスマネー効果と言えます。資産運用をしている人は、予想外の値動きで得た利益をさらに大きく投資してしまう場合にハウスマネー効果が働いています。

 

ハウスマネー効果の問題点は?

shutterstock_209123032

お金をすべて同じものと認識しきれていない点が問題です。お金は、苦労して稼いだ100万円も、たまたま宝くじに当たった100万円も、全く同じ100万円です。ただ私たちの心理として、宝くじに当たった100万円は、それほど価値が高い(≒無駄遣いしたくない)と感じないのではないでしょうか。

お金を心理的に区別してしまうと、せっかく当たった100万円を軽く扱ってしまいます。冷静な判断力を失い、得られた資金をすべて有効に使えず、場合によってはすべて無駄にしてしまうこともあります。

より広い視点で見ると、ハウスマネー効果はバブルを助長した、との指摘もあります。バブル期には投資によって多額の利益を上げる投資家が多くいました。投資の腕がそれほどでもない投資家にも、大きな利益がもたらされたのです。

突然の利益に大喜びした投資家の中には、幸運を才能と勘違いしてさらにハイリスクな投資をした人がいたと考えられます。再投資資金が積み重なれば、資産額はさらに上がりバブルが続きます。バブル状態に気づいた冷静な投資家が売り圧力を強めたところで、一気にバブルは崩壊しました。バブル崩壊によって、幸運で手に入れた利益を失うどころか元本までも減らしてしまった投資家が多数生まれたのです。

 

ハウスマネー効果は家計にも影響する?

shutterstock_357891440

ここまでハウスマネー効果の説明や影響を読み、「私は投資もギャンブルもしないから大丈夫」と思っている人はいませんか。家計にもハウスマネー効果が働く可能性があるので注意してください。

ハウスマネー効果にとらわれていると、適切な貯蓄ができない恐れがあります。

ハウスマネー効果を単純化すると「予期せぬ追加収入を無駄遣いしてしまう」ということです。家計においてこの「予期せぬ追加収入」に近い存在が、ボーナスです。仕事にもよりますが、ボーナスの額は業績によって大きく異なります。ボーナス支給時期にも毎月の給与は支払われているため、ボーナスは追加収入と考える人が多いです。

ハウスマネー効果にとらわれる人は、ボーナスで豪勢な旅行をしたり、高価な家電製品を買ったりしてしまいます。仕事の対価としてもらえるボーナスですから、思い切って活用することは悪いことではありません。ただボーナス払いがあるのにボーナスの全額を旅行に使うなどの場合は、貯金を取り崩していることになります。ボーナスの使い道には注意してください。

 

ハウスマネー効果の逃れ方は?

shutterstock_405738934

高額のお金を手にした場合は、まず銀行口座に入れてください。その場ですぐに使うのではなく、一呼吸置くことが大切です。宝くじで高額当選した場合など、他人に言いづらい場合もあります。自分で使い道をじっくり考える時間を確保するのがオススメです。

家計をハウスマネー効果で台無しにしている自覚のある人は、ボーナス前に定期預金を増やしておくことをオススメします。ボーナスが入金されて残高が増えると、ついつい財布のひもを緩めたくなります。残高が増える前にボーナスの一部を定期預金に回しておけば、気持ちが大きくなるリスクを下げることができます。

 

ハウスマネー効果と上手につきあう

shutterstock_2915263

ハウスマネー効果はもともと投資やギャンブルの世界で考えられていた効果です。ただ少し見方を変えると、家計にも当てはまります。あなた自身、あるいは身の回りで、一定以上の収入はあるのに貯金ができていない人はいませんか。もしかするとハウスマネー効果によって臨時収入を無駄遣いしてしまっているかもしれません。

「予期せぬ追加収入」が入った場合は、一呼吸置き、ボーナスなら先に定期預金しておいてください。うまく活用すれば、自己投資や資産運用など、有効に使うことができます。家系に与える影響も抑えることができますよ。

あわせて読みたい